PR

「傘をさす」というフレーズの意味

傘をさして歩く女性 生活

雨が降るとよく耳にする「傘をさす」という言葉。

実際には傘を開くことを指していますが、この言葉にはどのような意味が込められているのでしょうか。

ここでその背後にある意味を探ってみましょう。

「傘をさす」とはどういう意味か

雨が降る際に傘を使用することを、「傘をさす」と表現します。

一方で、「傘を広げる」という言い方はあまり一般的ではありません。

動詞「さす」には、手を上にしたり前に伸ばしたりするというニュアンスがあります。

このため、傘を頭上に持ち、かざす行為を「傘をさす」と表現するわけです。

この言葉は「日傘をさす」「傘をさす」など様々な状況で使われます。

「傘を開ける」という言葉の意味

「傘を開ける」という言葉は、「傘を開ける」とは、実際に傘を広げることを意味します。

しかし、日本語の日常会話では、「傘をさす」というフレーズがよく使われるのが一般的です。

「開ける」という言葉には、前方に障害物がない、遠くまで見通せる、運が向いてくるなどの意味があります。

「傘を差し込む」とはどういう意味か

「差し込む」という言葉には、何かを他の物の中に入れる、光が入ってくる、強い痛みを感じるなどの意味があります。

「傘を差し込む」と言うときには、たぶん「傘立てに傘を置く」行為を指しているでしょう。

このように、「傘をさす」とは傘を使用することを指し、「傘を差し込む」とは傘をどこかに収納することを意味しています。

「傘をさす」に使われる「さす」の漢字とその用法

「傘をさす」という言葉の中の「さす」は、実際には漢字で「差す」と書きます。

この表現は「傘を差す」だけでなく、「刀を差す」や「影が差す」など、さまざまなシーンで使われる言葉です。

しかし、日常的な会話の中では、この「さす」をひらがなで表記することが多いです。

「傘をさす」と「傘を差し掛ける」の表現の違い

「傘をさす」と似た表現に「傘を差し掛ける」という言葉があります。

「差し掛ける」とは、何かを差し出して他のものを覆うようにすることを指します。

特に、雨から頭や身体を守るために、傘をかざすことがこれに当てはまります。

他人に傘をさす際にも「傘を差し掛ける」という表現を用います。

例えば、「彼が優しく傘を差し掛けてくれた」や「雨に濡れた子どもに傘を差し掛けてあげる」などという使い方をします。

まとめ

「傘をさす」というよく使われるフレーズには、よく考えると興味深い意味が隠されています。

普通は「傘を開く」と言いますが、「傘を開ける」という使い方はあまり見かけません。

また、誰かに傘を提供するときには、「傘を差し掛ける」という言い方をすることがあります。