PR

メロンの漢字表記とその由来を探る

メロン

夏の象徴とも言える甘い果物、それが「メロン」ですね。

冷やして食べると、その美味しさに思わず手が伸びてしまうほど魅力的です。

普段はカタカナで見かける「メロン」ですが、実は漢字でも表せるんです。

さらに興味深いのは、漢字表記が一種類ではないということ。

この記事では、そんな「メロン」の漢字表記とその由来について詳しくご紹介します。

細かい部分まで掘り下げていくので、ぜひお楽しみに!

メロンの漢字表記は「甜瓜」「真桑瓜」

先述の通り、メロンを指す漢字は一つではありません。

具体的には次の2つがあります。

  • 甜瓜
  • 真桑瓜

これらが「メロン」を指す漢字です。

「甜瓜」は「てんか」と読み、「真桑瓜」は「まくわうり」とも呼ばれます。

たとえば、パソコンで「まくわうり」と入力して漢字に変換すると「甜瓜」が表示されますが、「甜瓜」を「まくわうり」と読むのは正しくありません。

また、似た漢字で「舐瓜」という表記もありますが、これは主要な辞書には掲載されていませんでした。

「舐瓜」がメロンの正しい漢字表記かは定かではありません。

「甜」は「甘い」を意味し、「舐」は「なめる」という行為を指すため、意味の面でも異なります。

辞書で見る「メロン」の定義

私が調べた辞書でのメロンの定義は以下の通りです。

漢字表記については書いてありませんでした。

メロン(英語名:melon)はウリ科の植物で、一年生のつる性植物として分類されています。

一般にはマスクメロンを指すことが多く、日本では主に温室で栽培されます。

特徴的なのはその球形の果実で、独特の網目模様があります。

これらの果実は甘く香り高いため、非常に美味しいとされています。

「まくわうり」とは?辞書による解説

同じく辞書で「まくわうり」(漢字では真桑瓜、甜瓜)について調べてみました。

「まくわうり」もウリ科に属する一年生のつる性植物で、手のひらに似た形の葉を持ちます。

夏には黄色の花が咲き、その後楕円形の実をつけ、これは食用として利用されます。

辞書で調べた結果では、メロンとは網目模様が特徴のマスクメロンを指すことが多く、「甜瓜」や「真桑瓜」は、厳密には別々のカテゴリーに分けられているようです。

次の項目で解説しますが、これは、メロンの歴史的背景によるものです。

原産地から拡がったメロンには、西洋へ広がった「西洋系」と東洋へ広がった「東洋系」があります。

このため、辞書ではこれらを別々のものとして扱っているようです。

しかし、一般的には網目の有無にかかわらず、これらを同じ「メロン」として見なすことが一般的です。

ちなみに、「てんか」という読み方については、私が見た辞書には掲載されていませんでした。

次のセクションでは、これらのメロンの起源についてさらに詳しく説明します。

メロンの漢字に込められた歴史と起源

これまでお伝えしたように、メロンには「甜瓜」と「真桑瓜」という二つの漢字表記が存在します。

それぞれの背景についてご紹介しましょう。

「甜瓜(てんか)」の歴史

「甜瓜」という文字は、中国におけるメロンの呼び名です。

メロンの原産地であるアフリカ、中近東、インドから東方に伝わった品種がこの名称で呼ばれるようになりました。

この東方へと広がったメロンは「瓜」というカテゴリーに属し、中国ではその甘さから「甜瓜」という名前がつけられました。

また、西方から中国に入った瓜は「西瓜」(スイカ)と呼ばれ、南方から来た瓜は「南瓜」(かぼちゃ)と名付けられました。

日本にメロンが伝わったのは、この「甜瓜」が最初でした。

日本にも東洋系のメロンが伝わり、長い間「甜瓜」として親しまれてきました。

西洋系のメロンが日本で栽培され始めたのは、それより後の明治時代からとなります。

「真桑瓜」の名称由来とその歴史的背景

「真桑瓜」の名前についての説明をします。

「まくわうり」と読まれるこの名前は、かつて岐阜県に存在した真桑村(現在は本巣市)がこの品種の主要な産地だったことに由来しています。

当初、真桑村では「甜瓜」という名称でメロンを栽培していました。

しかし大正時代の後半に入ると、マスクメロンなどの西洋系メロンが日本に広まり始め、これらも同じく「甜瓜」と呼ばれるようになりました。

このような状況から、西洋系と東洋系のメロンを明確に区分するため、西洋系メロンは「甜瓜」、従来から日本で栽培されていた東洋系メロンは「真桑瓜」と区別して呼ばれるようになりました。

このことから、「真桑瓜」という名称は比較的新しいものであることが分かります。

このようにして、メロンの西洋系と東洋系の歴史が別れたわけですが、「真桑瓜」は東洋系の分類に含まれます。

一方、「甜瓜」はもともと東洋系の名前でしたが、時間が経過するにつれて西洋系を指す名称へと変化していきました。

辞書にはこのような経緯は記載されていないので、判断が難しい部分がありますね。

また、西洋系と東洋系のメロンを交配させて生み出された品種が「プリンスメロン」として知られています。

まとめ

これまで述べた内容は、メロンに関連する漢字の表記とその由来についての情報です。これが皆さんの知識の一助となれば幸いです。

漢字で表すと、メロンは「甜瓜」と「真桑瓜」の二通りで書かれます。「甜瓜」は中国語が起源で、「真桑瓜」は岐阜県にあった真桑村が名前の由来です。

メロンはかつて西洋系と東洋系という区分がありましたが、どちらの呼称を用いても間違いではありません。