PR

ドミノピザの生地の種類とおすすめを紹介!人気のピザ生地や特徴の違い

宅配ピザ

ドミノピザは、多様な生地を取り揃える大手ピザチェーンの一つです。

このチェーンでは、合計6種類のピザ生地を提供しており、どれも個性的な味わいが楽しめます。

国内外の店舗には「ピザマイスター」と称されるピザ作りの専門家が在籍しており、店舗によっては生地を手作りするなど、その品質には特にこだわっています。

ドミノピザの生地の種類は多く、そのそれぞれに独特の魅力があります。

全種類を試してみたいと思う方も多いでしょうが、すべてを試すのはなかなか大変です。

そこで、この記事ではドミノピザの生地の種類や特徴、推薦するピザ生地、人気のあるピザ生地について紹介します。

ぜひ、あなたにとってのお気に入りのピザ生地を見つけてみてください。

ドミノピザの生地の種類:全6種類を紹介

ドミノピザの生地のラインナップは、大手ピザチェーンの中でも際立って多い6種類です。

選ぶ生地によって、ピザの味わいやボリュームが異なります。

  • ハンドトス
  • パンピザ
  • ウルトラクリスピークラスト
  • チーズンロール
  • ミルフィーユ
  • セサミガーリッククラスト

中でもセサミガーリックは、2022年8月に新たに加わった生地です。

ドミノピザは生地のラインナップを常に更新しており、新しい種類が時折加わることもあります。

過去には「チーズバースト」や「トリプルミルフィーユ」のような生地もありましたが、現在は販売が終了しています。

次に、これらの生地のそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ハンドトス(旧名:レギュラークラスト)生地

ハンドトスという名のピザ生地は、その一般的な人気からピザの定番とされています。

元々「レギュラークラスト」と呼ばれていたこの生地は、日本の消費者の好みに合わせ、ふんわりとしたもっちりとした食感に改善され、「ハンドトス」と改名されました。

この生地は、外側の端(ミミ)までしっかりと焼かれており、端の部分は少々硬めなのが特徴です。

典型的なピザの生地を思い浮かべると、このハンドトスが思い浮かぶでしょう。

小麦の味わいが際立っており、非常に美味しいですが、端を残してしまう方もいます。

ピザの端が苦手な方は、他の生地を選ばれることをお勧めします。

パンピザ生地

パンピザは、ハンドトスに比べて全体的に厚みがあり、よりふわふわでもっちりした食感が楽しめます。

この生地は、パン屋さんの柔らかなパンを思わせるような感触で、端までふんわりとしています。外側はサクッとしており、その食感のコントラストが魅力的です。

さらに、端にはチーズがトッピングされているので、最後の一口まで美味しく楽しめます。

ドミノピザでは、ほとんどの店舗で生地を手作りし、12時間以上かけて丁寧に発酵させることにこだわっています。

パンのような食感のピザがお好きな方には、ドミノピザの「パンピザ」を一度お試しいただくことをお勧めします。

パン好きの方には特に合うでしょう。

ウルトラクリスピー生地

ウルトラクリスピー生地は、パイの生地のように薄く伸ばされ、軽くてサクサクした食感が楽しめる薄型のピザ生地です。

もちもちした生地とは一線を画し、軽快な食感が特徴で、軽食やスナックにぴったりです。

また、パーティーシーンなどでのお手軽な食べ物としてもおすすめです。

以前は四角く切り分けられる「スクエアカット」で提供されていましたが、現在は円形の「ラウンドカット」での提供に変更されています。

他のピザ生地も同様に「ラウンドカット」でカットされます。

ピザのカット枚数に関する特別なリクエストがあれば、お店に伝えると対応してくれます。

チーズロールクラストについて

チーズロールクラストは、端の部分にモッツァレラチーズを巻き込んだ生地で、上にはパルメザンミックスチーズを振りかけて焼かれています。

外側は香ばしくカリカリ、内側はクリーミーでとろける食感が魅力です。

ドミノピザの中でも特に人気があり、多くのリピーターに支持されています。

豊富なバリエーションの中から、新しい味わいを求める方には、チーズロールクラストの試食をおすすめします。

ミルフィーユスタイルのクラスト

ミルフィーユスタイルのクラストは、2層の軽いウルトラクリスピー生地の間にカマンベールミックスチーズが挟み込まれた、豊かな味わいの生地です。

カリカリとした薄生地とカマンベールチーズの濃厚な組み合わせが、絶妙な美味しさを生み出しています。

ボリューム感も満点で、特別な日のお祝いや、自分へのご褒美に最適な、贅沢な味わいが楽しめます。

セサミガーリック風味のクラスト

2022年8月に新登場したセサミガーリック風味のクラストは、ハンドトス生地がベースとなっています。

この生地の特徴は、端(ミミ)にドミノピザ独自のセサミガーリックオイルを使用していることです。

金ゴマ、白ゴマ、そしてガーリックが絶妙に調和していて、豊かな風味が楽しめます。

実は、この生地はドミノピザのファンのリクエストに応えて開発されたものです。

ガーリックが好きな方や、ピザをお酒のお供にしたい方に特におすすめです。

ドミノピザの特別な生地にかかる追加料金

ドミノピザでは、7種類の生地の中でも特にチーズを使用する生地には追加料金が設定されています。

  • チーズンロールには、Mサイズで270円、Rサイズで360円、Lサイズで430円の追加料金がかかります
  • ミルフィーユには、Mサイズで320円、Rサイズで430円、Lサイズで540円の追加料金が必要です
  • セサミガーリッククラストは、MサイズからLサイズまで一律99円の追加料金がかかります

価格は税込です。

一方で、ハンドトス、パンピザ、ウルトラクリスピーなどは追加料金なしで提供されています。

デリバリーピザの価格が比較的高いことを考慮すると、追加料金の有無は重要な選択基準となります。

たとえば、700円の追加料金があれば「骨付きフラドチキンLサイズ(9本)」を購入することも可能です。

しかし、生地の種類を変えることで得られる異なる味わいや食感を楽しむのも魅力の一つです。

予算や気分に応じて、さまざまなオプションを検討してみてください。

ドミノピザ推薦の生地「ミルフィーユ」

追加料金の心配がない場合、ドミノピザでは「ミルフィーユ」の生地が特におすすめです。

食べ応えがあり、豪華な満足感を得られるこの生地は、チーズとピザを愛する人にとっては必試の選択です。

ドミノピザの人気生地「ハンドトス」

ドミノピザで最も人気のある生地は、「ハンドトス(レギュラークラスト)」です。

デリバリーピザが高価であることを踏まえると、追加料金が発生しないハンドトスは多くのお客様に愛されています。

ふんわりとした食感が特徴のハンドトスですが、ピザの端、つまりミミが苦手な方には、「パンピザ」という追加料金なしの別の選択肢もおすすめします。

まとめ

ドミノピザでは、6種類の多様なピザ生地が用意されており、それぞれが異なる特徴を持っています。

これらの生地は、ふんわりとした軽さからサクサクの食感、そして濃厚で満足感のあるものまで様々です。

ピザを楽しむ際、トッピングだけでなく生地自体も重要な要素です。

多彩な生地を試し、自分だけのお気に入りを見つけるのは、ドミノピザの特別な楽しみ方の一つです。

ぜひ、さまざまな生地を試してみて、あなたにとっての一番を見つけてください。