PR

祝儀袋に記載する金額の漢字表記:1万円から100万円までの便利な一覧

ご祝儀袋と筆ペン 生活

お祝いの際に使う祝儀袋には、金額をどのように漢字で表記するかが重要です。

これは、多くの人が迷うポイントの一つです。

祝儀袋は、贈る相手だけでなく、その家族や親族にも見られる可能性があります。

だからこそ、適切な漢字や表記方法を知っておくことが大切です。

通常あまり使われない漢字、たとえば「壱(いち)」や「弐(に)」を祝儀袋に使用しますが、これらの正しい書き方を知らない人も多いです。

X(旧Twitter)でも、このような問題についての投稿を見かけることがあります。

祝儀袋は日常的には使われないため、冠婚葬祭の際のマナーは多くの人にとって共通の疑問です。

そこで、正しい漢字の表記方法と一覧表を提供し、さらに「也」を付けるべき金額や一般的な祝儀の相場とマナーについてもまとめました。

ぜひ参考にしてください。

祝儀袋に書く金額の漢字表記の仕方

祝儀袋に金額を書く際には、一般的に漢数字の旧字体を使用することが一般的です。

以下は、現代の算用数字とそれに対応する漢数字(現在のものと旧字体)の一覧です。

  • 算用数字「1」は、現在の漢数字では「一」、旧字体では「壱」となります
  • 同様に「2」は、漢数字で「二」、旧字体では「弐」です
  • 「3」は、漢数字で「三」、旧字体では「参」
  • 「4」は、漢数字で「四」、旧字体では「肆」
  • 「5」は、漢数字で「五」、旧字体では「伍」
  • 「6」は、漢数字で「六」、旧字体では「陸」
  • 「7」は、漢数字で「七」、旧字体では「漆」
  • 「8」は、漢数字で「八」、旧字体では「捌」
  • 「9」は、漢数字で「九」、旧字体では「玖」
  • 「10」は、漢数字で「十」、旧字体では「拾」

ただし、4万円、6万円、9万円という金額は、通常祝儀としては選ばれません。

また、5万円、7万円、8万円の祝儀を準備する際には、旧字体の「伍」「漆」「捌」を使用せず、通常の漢字を使うことが一般的です。

(この選択には特別な理由がありますが、それについては後ほど説明します)

祝儀袋への金額記入の際の漢字選び

祝儀袋に金額を記入する際は、一般的に旧字体の漢数字を使用することが推奨されます。

例えば、以下のようになります。

  • 1万円の場合「金壱萬圓」、あるいは「金壱萬円」
  • 3万円の場合「金参萬圓」、あるいは「金参萬円」

このような旧漢字を使用する主要な理由は、金額の誤記入や改ざんを防止するためです。

一般的な漢字「一」や「二」を使うと、たとえば以下のように容易に改ざんすることが可能です。

  • 「一万円」を「三万円」「五万円」「十万円」に変更
  • 「二万円」を「三万円」「四万円」「五万円」に変更

しかし、「壱」「弐」「参」「拾」といった旧漢字は改ざんが困難であるため、これらの使用は単なる礼儀や伝統というよりも、金銭的なトラブルを防ぐ目的が強いです。

改ざんが難しい「五」「七」などは、わざわざ旧漢字を使う必要はありません。

「五」は普通の漢字で問題ありませんし、「七」は旧漢字だと判別が難しくなることがあるため、通常の「七」を使用するのが適切です。

さらに「万円」の表記に関しても、「萬圓」という旧字体を使用します。

これは通常の「万円」より画数が多く少し複雑ですが、現代では「圓」ではなく「円」と記載することが一般的になっていますので、「萬円」と表記しても問題はないでしょう。

ご祝儀相場について

ご祝儀の金額は、相手との関係性に応じて異なります。

例えば、結婚式の場合、一般的な相場は以下の通りです。

  • 結婚式に出席しない場合:1万円
  • 友人や職場の同僚の場合:3万円
  • 兄弟姉妹や親族の場合:5万円~10万円

祝儀を包む際には、一般的に奇数の金額を選ぶことがマナーです。

これは、偶数が分割可能であるため、永遠の絆を願って割り切れない数(奇数)を選ぶ習慣があるからです。

また、4(「死」を連想させる)や、9(「苦」を連想させる)の数字は縁起が悪いとされ、通常は避けられます。

ご祝儀はできれば新札の一万円札で包むことが好まれますが、必要に応じて千円札や五千円札を使用する場合でも、合計枚数が奇数になるように注意しましょう。

近年では、2万円(ペアを象徴する)や8万円(繁栄を意味する末広がりの「八」)などの偶数金額も好意的な意味を持つとされ、選ばれることがあります。

ただし、2万円は特に年配の方にはあまり受け入れられていないことが多いので、親しい友人への直接の贈り物以外では避けるのが無難です。

最後に、ご祝儀に使うお金は新札を選び、お札の向きを揃えて中袋に入れます。

中袋を開いた際に、お札の表面(人物の肖像画が描かれている面)が上になるように配置するのが一般的なマナーです。

祝儀袋用金額の早見表:1万円から100万円まで

以下は、祝儀袋に記入する1万円から100万円までの金額の便利な早見表です。

15万円や25万円など、さまざまな金額の書き方も含まれており、35万円や45万円などにも応用できます。

  • 1万円:金壱萬円
  • 2万円:金弐萬円
  • 3万円:金参萬円
  • 5万円:金五萬円
  • 10万円:金拾萬円也
  • 15万円:金拾五萬円也
  • 20万円:金弐拾萬円也
  • 25万円:金弐拾五萬円也
  • 30万円:金参拾萬円也
  • 40万円:金四拾萬円也
  • 50万円:金五拾萬円也
  • 60万円:金六拾萬円也
  • 70万円:金七拾萬円也
  • 80万円:金八拾萬円也
  • 90万円:金九拾萬円也
  • 100万円:金壱百萬円也

この早見表を活用して、祝儀袋に適した金額の漢字表記を簡単に確認できます。

十万円以上の祝儀袋用漢数字表記ガイド

十万円以上の金額を祝儀袋に記入する際の漢数字の表記方法について説明します。

  • 十は「拾」と書きます
  • 百はそのまま「百」で表記します
  • 千は「阡」を用います
  • 万は「萬」を使用します
  • 円には「圓」を使います

例えば、10万円以上の金額を漢字で表記する場合、以下のようになります。

  • 10万円:金 拾萬円
  • 15万円:金 拾五萬円
  • 21万円:金 弐拾壱萬円
  • 50万円:金 五拾萬円
  • 100万円:金 壱百萬円

十万円以上の祝儀袋に「也」を加える習慣について

高額な祝儀を包む際、金額の末尾に「也」を付けるのが一般的です。

特に十万円以上の金額においては「也」を使用します。

もし以前に1万円程度の金額で「也」を使っていた場合も、それがマナー違反というわけではありませんので安心してください。

「也」の使用は、かつて「銭」という単位が使われていた時代に、金額の後に追加記述がされないようにするための習慣から来ています。

伝統的なマナーでは「也」の使用が正式とされていますが、近年では「也」の省略が容認される傾向にあります。

それでも、十万円以上の祝儀袋に「也」を付けることは無難とされていますので、覚えておくと良いでしょう。

まとめ

祝儀袋に金額を記入する際には、通常、旧字体の漢数字が使用されます。

よく使われる金額の漢字表記を以下に示します。

  • 1万円は「金壱萬圓」と表記します
  • 3万円は「金参萬圓」
  • 5万円は「金五萬圓」
  • 7万円は「金七萬圓」
  • 8万円は「金八萬圓」
  • 10万円は「金拾萬圓也」となります

祝儀袋は贈られる本人だけでなく、その家族や親族が見ることもあります。

特に、上司や目上の人への贈り物の場合、間違った表記をすると失礼にあたる可能性があるので、適切な書き方を把握することが重要です。

祝儀はお祝いの気持ちを伝える大切なものですから、正しい金額の書き方を身につけ、心を込めてお祝いしましょう。