PR

タコ糸の代用アイテム!チャーシューやローストビーフ作りに最適な選択肢

チャーシューを作る準備・タコ糸縛り

チャーシューやローストビーフの調理に欠かせないのが「たこ糸」です。

これは、数多くの料理本で推奨されるアイテムです。

しかし、普段はあまり使わないため、必要な時に手元にないということがよくあります。

たこ糸が手元にない時に、わざわざ購入しに行くのは面倒ですよね。

今回は、そんな時に役立つたこ糸の代替品を紹介します。

困った時には、この情報を参考にしてみてください。

チャーシューやローストビーフでたこ糸はどんな役割を果たすの?

たこ糸の主な使命は、肉の形を整えることにあります。

例えばチャーシューは、その円形が特徴的。

中国起源のこの料理は、豚肉を直火で焼いたもので、日本では焼豚として親しまれています。

また、日本では煮込んで作るスタイルも人気で「煮豚」とも呼ばれます。

多くの料理本では、焼豚や煮豚を作る際にたこ糸を使用し、肉を形良く縛ってから調理する方法が紹介されています。

肉を焼く際、特に大きな塊を調理する時には、形を整えておくと熱が均等に行き渡り、美味しい仕上がりになります。

また、肉を返す際にも、整った形の方が作業がしやすいのです。

煮豚を作る時にも、たこ糸で縛ることで、豚バラ肉の脂身が崩れるのを防げます。

家庭でのチャーシュー作りに!爪楊枝を利用した形成方法

自宅でチャーシューを煮込む際、肉の形を保つのに便利なのが爪楊枝です。

手軽に使えて非常に効果的です。

作業に必要なものは、ただ1つ、爪楊枝です。

使用した爪楊枝の数を忘れずに覚えておいて、全て取り除くようにしてくださいね。

作業手順は以下の通りです。

  1. まず、肉を巻きながら爪楊枝で形を整えていきます。煮込む前のこの工程が非常に重要です
  2. 次に、爪楊枝を刺した状態で肉を鍋に入れ、煮込みます
  3. 最後に、煮込みが終わったら爪楊枝を取り外します

これらの手順を踏めば、家庭でもプロ並みのチャーシューが完成します!

料理における手芸用糸の使用は避けましょう

料理用のタコ糸の代わりに、手芸用の糸を使うことを考えるかもしれませんが、これはお勧めできません。

木綿や麻のような太めの糸は料理に適しているように見えますが、手芸用糸は多くの場合ロウ加工されており、これが料理には不向きなのです。

また、たとえ白い糸であっても染色されていたり、漂白剤を使っている可能性があります。

これらの成分が調理中に肉や煮汁に溶け出す恐れがあるため、避けた方が無難です。

さらに、手芸用の糸を使用すると、煮込み中に糸がほどけて肉に付着することがあります。

これにより食感が損なわれたり、食べにくくなることも考えられます。

以上の理由から、料理には専用のタコ糸、またはそれに代わる安全な材料の使用を推奨します。

タコ糸なしでもできる!便利な料理テクニック

タコ糸を使用せずに料理をするための、いくつかの方法をご紹介します。

市販の加工済み肉を上手に使う

すでに形が整えられた市販の肉塊を活用することで、料理がぐっと楽になります。

例えば、ローストビーフ用に加工された肉なら、そのまま調理に使えて、タコ糸の必要もありません。

また、豚肩ロース肉を使えば、豚バラ肉のように煮崩れる心配も少なく、タコ糸を使わずに済むでしょう。

インターネット上のレシピサイトには、タコ糸を使わない手軽なレシピが多くありますので、ぜひチェックしてみてください。

タコ糸不要で作るチャーシュー

爪楊枝を使う方法以外で、タコ糸不要で作るチャーシューについて、いくつかご紹介します。

焼き目をつけてから煮込む

煮込む前に、フライパンで肉の周囲にしっかりと焼き目をつけると、肉と脂身が離れにくくなります。

焼き目をつけることがポイントです。

アルミホイルを使った成形方法

アルミホイルを使って肉を包み、そのまま加熱する方法は、肉をきれいな形に保つのに効果的です。

必要なもの:アルミホイル

手順

  1. 下味をつけた肉をアルミホイルで包んで形を整えます
  2. フライパンやグリルで肉に火を通します
  3. 焼豚の場合はそのまま十分に加熱し、煮豚の場合は一定の加熱後にアルミホイルを外して煮込みます。

ラップと電子レンジの活用法

ラップを使って肉を包み、電子レンジで加熱する方法もあります。

これにより、肉の形状を維持することができます。

必要なもの:ラップ

手順

  1. 下味をつけた肉をラップで包んで形を整えます
  2. 肉の大きさに応じて電子レンジで加熱します
  3. 煮豚の場合は適度に加熱後したらラップを外し、煮込みます。

電子レンジとクッキングシートを使った調理法

ラップと同様に、クッキングシートを使って肉を包んで調理することも可能です。

必要なもの:クッキングシート

手順

  1. 下味をつけた肉をクッキングシートで包み、端をねじって形を整えます
  2. あとは、先ほどのラップの行程2、3と同様です

タコ糸不要で作るローストビーフの方法

続いて、タコ糸を使わずにローストビーフを作る方法です。

湯煎を利用する

まずは肉に焼き目をつけ、その後ラップで包んで湯煎する方法です。

必要なもの:ポリ袋、ラップ

湯煎するので、ポリ袋、ラップは、耐熱温度を確認してくださいね。

手順

  1. 肉に下味をつけます
  2. フライパンで肉にしっかりと焼き目を付けた後、ラップで包み、ポリ袋に入れます
  3. 沸騰したお湯で3~5分ほど肉を湯煎します
  4. 湯煎後は火を止め、10~15分放置します

湯煎の時間は肉の大きさに合わせて調整し、肉の中心温度を温度計で確認しながら進めてください(50℃~60℃が目安)。

アルミホイルとオーブンを使う

焼き目をつけた肉をアルミホイルで包んで、オーブンでじっくりと加熱する方法です。

必要なもの:アルミホイル

手順

  1. 肉に下味をつけます
  2. オーブンを120℃に予熱します
  3. フライパンで肉に焼き目を付けた後、アルミホイルで包み、予熱済みのオーブンに入れます
  4. 400gの肉なら120℃で30分、600gの肉なら40分が目安です
  5. 加熱後はオーブンのスイッチを切り、余熱で10~20分ほど温めるとローストビーフが完成します

まとめ

料理において、特に肉の形を整えたい時によくタコ糸が使われます。

チャーシューや煮豚などの料理では、肉をきちんと成形することで煮崩れを防ぐ効果があるためです。

ローストビーフや焼豚のように、成形することで肉が均等に熱され、より美味しく仕上がることもあります。

タコ糸がない時は、爪楊枝で代用するのも一つの方法です。

また、タコ糸を使用せずにチャーシューを作る方法も存在します。

これには、肉に焼き目をつける方法や、アルミホイルを利用する方法、ラップやクッキングシート+電子レンジを使う方法があります。

また、ローストビーフを作る際にも、タコ糸を使わない方法があります。

その一つがラップとポリ袋を使った湯煎法、もう一つがアルミホイルを使ってオーブンで加熱する方法です。

いくつか方法があるので、やりやすそうな方法を試してみてくださいね。