PR

「買う」と「飼う」の違いについてのわかりやすい解説

生活

この記事では「買う」と「飼う」の用語の違いをわかりやすくご説明します。

「買う」の意味とは何か

「買う」とは、さまざまな文脈で使用される動詞です。

主には、金銭を支払って何かを自分のものにする行為を指します。

たとえば「アイスを買う」とか「ずっと欲しいと思っていたものを買う」などが一般的な使い方です。

加えて、「買う」は、自分の行動が思わぬ状況を生じさせた際にも使用されます。

例えば「反感を買う」という言い方で、誤解による反感や不満を示します。

また「努力を買う」のように、努力や価値を評価する際にも使われます。

さらに「売られた喧嘩を買う」という表現のように、挑戦や難題を受け止める際にも用いられます。

「飼う」の意味とは

「買う」とは異なり、「飼う」という言葉は、同じ「かう」という発音ですが、動物の世話をして育てることを意味します。

犬を飼う、猫を飼う、など。

一般的な使用例としては「我が家で犬をペットとして飼うことにしました」といった使い方があります。

「買う」と「飼う」の用語の違いに関する解説

「買う」と「飼う」は、意味合いとしてはまったく異なりますが、ひらがなで表記するとどちらも「かう」となります。

日本語における典型的な同音異義語の一つです。

文章で漢字を使えば、その違いははっきりしますが、口頭での会話では混乱しやすい点があります。

たとえば「ペットとして猫をかう」という場合、それが「買う」のか「飼う」のかは、文脈によって判断する必要があります。

発音上の差異に着目すると、「買う」はアクセントが後ろにあるのに対し、「飼う」はアクセントが前にあり、語尾が下がります。

歴史的背景を見ると、「買う」と「飼う」は同じ起源を持つとされています。

「かふ」という古語は、もともと物の交換を指す言葉として使われていました。

例えば、お米をお金と交換する「かう」。

鷹を「かう」ことは、狩りをして獲得した獲物との交換とみなされていました。

しかし、動物を「飼う」という行為が、必ずしも対価交換を伴わなくなるにつれ、それぞれの言葉に適した漢字が使われるように変化していったと考えられています。

まとめ

「買う」とは、商品やサービスに対して支払いを行い、それを自分のものにする行為を指す言葉です。

また、自分の行動が不利益な状況を招くこと、あるいは他人の努力や価値を評価する際にも使用される動詞です。

対照的に「飼う」は動物に餌を与え、育てることを表します。

これらの単語は、元は同じ語源から派生したとされていますが、現在では意味が異なる同音異義語として使われています。

書き言葉では漢字によって意味の違いが明確になりますが、話し言葉では、文脈や発音のアクセントによって意味を区別する必要があります。