PR

パソコンとスマートフォンでの「二乗」記号の表示方法

数字、記号 生活

計算式を入力する際、×、÷、%などの普通の記号は簡単に打てますが、「二乗」のような特殊な記号を表示するのは少々手間がかかります。

たとえば、「3の二乗」のように右上に小さな「2」を置きたい場合、これを正しく表示するのは困難です。

さらに、二乗は「キャレット」や「ハット」と呼ばれる記号「^」を使ってを示す方法もあるようですが、この記号の出し方がわかりません。

この記事では、パソコンやスマートフォンで「二乗」記号を表示する方法について、わかりやすく解説します。

このテーマについて詳しく掘り下げ、使い方をご紹介します。

パソコンでの「二乗」記号の表示方法

まず、パソコンで「キャレット」記号を使わずに「二乗」を表示する方法について説明します。

実は、パソコンでは数字だけで「二乗」を表すことができます。

この方法には、いくつかの異なる手順があります。

これから、それぞれの手順を具体的に説明していきます。

パソコンで簡単に「二乗」記号を作成する方法

「二乗」記号の作成で最も簡便な方法は、テキストの「変換」機能を使用することです。

例えば「二乗」が必要な場合、ワードなどのテキストエディタで「2」と入力後、「変換」キーを押します。

これにより、さまざまな文字の候補が表示されます。「2、②、Ⅱ、二・・・」といった選択肢の中から、変換キーを繰り返し押すことで、小さく上付きの「2」が現れます。

この上付きの「2」を選んでください。

たとえば、「3の二乗」を表現する場合は、通常の「3」とこの上付きの「2」を組み合わせるだけです。

エクセルでも同様の操作が可能ですが、ここでは「数値」モードではなく「日本語入力」モードを使用してください。

「二乗」記号は「数値」ではなく「文字列」として扱われるため、エクセルの計算機能は適用されません。

パソコンで「二乗」記号のフォントを書式変更する方法

「変換」機能の他に、「書式変更」を使って「二乗」記号を作る方法もあります。

具体的には、「2」という数字のフォントスタイルを変更することで、「二乗」を表現します。

例として、「3の二乗」を作りたい場合、ワードで「32」と打ち込んだ後に、「2」を選択し、フォントの書式設定ダイアログボックスを開きます。

このダイアログボックス内で、「文字飾り」のオプションの中から「上付き」を選び、「OK」をクリックします。

これにより、「2」が小さく上付きの形になります。

エクセルでも同じような操作で書式変更が可能ですが、エクセルでは初めに表示形式を「標準」や「数値」から「文字列」に変更する必要があります。

変更後、「文字飾り」の「上付き」オプションを選択することで完了します。

パソコンにおける「二乗」記号の文字コードを使用した表示方法

もうひとつの選択肢は、パソコンの「文字コード」を活用する方法です。

パソコンでは、すべての文字や記号にそれぞれ固有の「文字コード」が割り当てられています。

特に、上付きの小さな数字を示す「二乗」記号などの文字コードは以下の通りです。

  • 一乗:00B9
  • 二乗:00B2
  • 三乗:00B3
  • 四乗:2074
  • 五乗:2075
  • 六乗:2076
  • 七乗:2077
  • 八乗:2078
  • 九乗:2079
  • 0乗:2070
  • n乗:207F

これらの文字コードを使用するには、例えば「二乗」を表示させたい場合、ワードやエクセルで「00B2」と入力し、その状態でキーボードの「F5」キーを押します。

そうすると、小さな上付きの「2」が画面上に現れます。

なお、「B」は大文字であっても小文字の「b」で入力しても構いません。

ただし、重要な点として、「00B2」と入力した後には「エンター」キーを押さずに、その状態のまま「F5」キーを押すことが必要です。

このため、入力モードを「直接入力」ではなく、「全角英数」モードで行うことが望ましいです。

ローマ字入力設定のパソコンであれば、「全角ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」といった日本語入力モードでもこの操作は可能です。

スマートフォンとパソコンで使える二乗記号「キャレット」の入力方法

「二乗」記号のキャレット「^」を、パソコンとスマートフォンで入力する手順についてご紹介します。

パソコンでキャレットを入力する方法

パソコンでキャレットを入力する際は、キーボードを使用します。

具体的には、ひらがな「ヘ」のキーを使います。

この操作を行う前に、入力設定を「半角」に切り替えてください。

その後、「ヘ」のキーを押すとキャレット「^」が表示されます。

万が一「全角」モードで入力してしまった場合、変換を行うか、「F10」キーを押して「半角」モードに切り替えてください。

また、「きごう」と入力して変換する方法もありますが、候補として表示される記号が多いため、キャレットを探すのが少し大変かもしれません。

スマートフォンでキャレットを入力する方法

スマートフォンで「二乗」記号を表現するには、キャレットを使う必要があります。

キャレットを入力する際は、「きごう」と入力して変換する方法が便利です。

表示される多数の記号の中からキャレットを選ぶ必要がありますが、スマートフォンでは「全角」と「半角」の両方でキャレットが表示されます。

半角の方を選択しましょう。

まとめ

パソコンやスマートフォンで「二乗」記号を表示する方法に関して解説しました。

数字のみを使って「二乗」記号を表すには、いくつかの方法があります。

これには数字の「変換」「書式変更」または「文字コード」の利用が含まれます。

これらの方法はワードやエクセルで共通していますが、エクセルでは表示形式を「文字列」として設定することが必要です。

また、パソコンで「二乗」記号のキャレットを表示するには、まず半角モードに切り替えてから「へ」というキーを押すか、「きごう」と入力して変換する方法があります。

スマートフォンでは「二乗」記号を表現するためにキャレットの使用が欠かせません。

スマートフォンでの表示は「きごう」と入力して変換し、出てきたキャレットを選択することで可能になります。