PR

「なりうる」という言葉の意味と使い方について

はてな 生活

この記事では、「なりうる」という言葉が持つ意味についてわかりやすく説明します。

「なりうる」とは?その意味

「なりうる」という言葉は、同じ意味の別表現である「なり得る」としても知られています。

この言葉は「なる可能性がある」「なることができる」という意味で使われることが多いです。

この表現は、将来的な可能性や潜在能力を示唆する際によく使用されます。

「なり得る」と書くと、「なりえる」とも読むことができ、「なりうる」とも読まれることがあります。

どちらの読み方も同じ意味を持っています。

「える」という表現は現代的な使い方で、「うる」というのはもっと古風な響きがあります。

歴史的に見ると、「うる」はもともと文語で用いられた下二段動詞「う」でしたが、現代では下一段動詞「得る」に変わっています。

「なりうる」の使用例

例として、非常に商才に長けた友人がいるとしましょう。

その友人は、一般的なレベルをはるかに上回る商才を持っていると考えられます。

このような状況で「彼は大富豪にもなりうる才能を持っている」と表現すると適切です。

このように表現することで、潜在的な可能性を巧みに伝えることができます。

「なりうる」を使った例文

以下は、「なりうる」を使った具体的な例文です。

「彼には有名人になりうる才能があると思います」

「彼女はサッカー日本代表になりうる技術を持っています」

「彼女の研究は、未来の医学における重要な発見となりうる」

「彼は、新しいプロジェクトのリーダーになりうる」

「今回の危機は、私たちが団結するきっかけとなりうる」

「その古い建物は、修復することによって観光名所となりうる」

まとめ

「なりうる」という言葉は「なる可能性がある」や「なることができる」といった意味をもっています。

様々な場面で活用できるフレーズです。

適切に使うことで、コミュニケーションがより円滑になることでしょう。