PR

ウェイパーの代わりに使える5つの調味料

調味料

中華料理には欠かせないウェイパー(味覇)ですが、他の調味料で代用する方法もあります。

ウェイパーに代わる代表的な調味料には以下のようなものがあります。

・鶏がらスープの素
・コンソメ
・創味シャンタン
・中華あじ
・香味ペースト

これら5つの調味料は、多くの家庭で常備されているものです。

この記事では、ウェイパーの代わりにこれらの調味料を使う際の適切な使用量について詳しく解説します。

ウェイパーって何?

ウェイパーは、鶏骨と豚骨をベースに、野菜エキスやさまざまなスパイスを加えて作られる中華料理の万能調味料です。

炒飯、スープ、炒め物、唐揚げの下味としても使えるなど、さまざまな料理に活躍します。

たった小さじ1杯で、約200mlのスープが作れるほどです。

ウェイパーの代用法:鶏がらスープの量

鶏がらスープは、豚骨ベースではないものの、鶏がらの深いコクであっさりとした味わいを出します。

小さじ1弱(約2.5g)の鶏がらスープの素で、1人分のスープを作ることができ、これはウェイパーとほぼ同じ量です。

ここでは「味の素」の「丸鶏がらスープ」レギュラータイプを例にしていますが、減塩タイプや他メーカーの商品を使用する際は、量を確認することが大切です。

ウェイパーと同様、チャーハン、スープ、炒め物など、様々な料理に使える上、顆粒タイプは溶けやすくて使いやすいのが特長です。

ウェイパーの代替としてのコンソメ使用量の目安

洋風だしであるコンソメは、ウェイパーの代替としても有効です。

一般的に市販されているコンソメ(顆粒タイプ)を使う場合、小さじ2杯で約300mlのスープが作れるとされています。

これをウェイパーを使って作る200mlのスープに換算すると、コンソメは小さじ1杯弱でちょうど良い量になります。

ここでは「味の素」ブランドの『コンソメ(顆粒)』を例にしていますが、固形タイプや減塩タイプ、他のメーカー製品を使用する際は、それぞれの指示に従ってください。

コンソメ特有の洋風な風味を中華風にアレンジするためには、ごま油の使用などが効果的です。

ウェイパーの代わりに創味シャンタンを使う場合の分量

ペースト状の中華万能調味料、創味シャンタンもウェイパーの良い代替品です。

この調味料は清湯スープをベースにしており、繊細かつ高級感のある味わいを提供します。

創味シャンタンを使う際の目安量は、小さじ1杯で150mlのスープが作れるとされています。

ウェイパーで同じくらいの量の200mlスープを作る場合、創味シャンタンは小さじ1杯弱が適量です。

ウェイパー同様に、チャーハン、スープ、炒め物など様々な料理に使えますし、最近では使いやすい顆粒タイプも市販されています。

ウェイパーに代わる中華あじの適量

中華風の調味料「中華あじ」は、ウェイパーの代替品として利用できます。

豚肉エキスとオイスターソースをベースにした濃い味わいが特徴で、炒め物に最適です。

この調味料は小さじ1杯で200mlのスープを作ることができ、ウェイパーと同じ分量で使用することが可能です。

香味ペーストをウェイパーの代わりに使用する際の分量

香味ペーストもウェイパーの代用として効果的です。

鶏肉エキスとニンニクなどの香味野菜がブレンドされており、風味豊かな味わいが特徴です。

このペーストは、約12cm(8.5g)で300mlのスープが作れることが分かっています。

ウェイパーを使って200mlのスープを作る場合、香味ペーストは約6cm(小さじ2杯弱)が適量となります。

他の代替品と異なる分量なので、使用時には注意が必要です。

おすすめのウェイパー代替品は何か

ウェイパーの代替品として一番おすすめなのは「創味シャンタン」です。

原材料や形状、使い方などがウェイパーと似ているため、味も非常に近いと感じられます。

また、様々な料理に幅広く使える点も、この商品の大きな魅力です。

まとめ

ウェイパーの代用となる調味料の使い方と分量に関して説明しました。

肉や野菜の出汁とスパイスが見事に調和されたウェイパーは、料理の味を一手に引き受ける中華料理の必須調味料です。

この便利な調味料は、どの家庭にも一つは備えておくと良いでしょう。

もしウェイパーがなくなってしまっても心配はいりません。

家にある他の調味料で代替することができます。ただし、適切な量を守って使用することが大切です。