PR

西日本におけるSuicaカードの取得方法と使用可能エリア

交通系ICカード 生活

この記事では、これら公共交通をより便利に使うためのICカード、Suicaについてご紹介します。

Suicaカードは多様な販売方法があり、電子マネーとしても使用できます。

この便利なSuicaカードですが、どのような場所で購入できるのか、また日本全国で使えるのかという疑問について、こちらで詳しくご説明いたします。

※半導体の不足により、2023/6/8から無記名式のカードの販売を中止しています(青森県・岩手県・秋田県では買えるようです)。2024年春ごろの販売再開を目指しているようです。定期券、障害者用カード、小児用カードは継続して販売しています。

西日本でSuicaカードを手に入れる方法

Suicaカードは、主にJR東日本が管理しており、JR東日本の駅に設置された多機能券売機やみどりの窓口、そしてJR東日本の新幹線が停車する駅のみどりの窓口で販売されています。

ただし、これにより西日本では直接的にSuicaカードを購入することはできない状況です。

それでも、インターネットを活用することで、オンラインのマーケットプレイスやオークションサイトを通じてSuicaカードを入手することができます。

また、JR東日本エリアに住んでいる友人や知人に購入を依頼する方法、あるいは出張や旅行でSuicaカードの販売エリアを訪れた際に直接購入するという手段もあります。

つまり、Suicaカードを手に入れる方法としては、以下の3つの選択肢があります。

  • オンラインの個人間取引サイトを利用して購入する
  • JR東日本エリアに住む知人に購入を依頼する
  • Suicaカードの販売エリアを訪れて直接購入する

Suicaカードは全国で互換性があるため、JR東日本エリアで購入したカードも西日本で使用可能です。

Suicaカードが必要な方は、上記の方法での購入がおすすめです。

さらに、Suicaカードを持っていない方でも、Suicaアプリをダウンロードしてチャージすることで、電子決済として利用することができます。

Suica機能付きクレジットカードを選択するのも良い方法です。

Suicaカードが利用できる地域と購入先について

Suicaカードの利用範囲はどのようなエリアに及ぶのでしょうか?

このカードは、首都圏を中心に、東北地方や南の沖縄まで広範囲で使用されています。

具体的には以下のエリアでSuicaが利用可能です。

・首都圏エリア
・仙台エリア
・青森エリア
・秋田エリア
・盛岡エリア
・新潟エリア
・沖縄エリア

これらのエリア内のJR東日本の駅では、Suicaカードを購入することができます。

しかし、北海道、東海、西日本、九州などSuicaの主なエリア外では、Suicaカードを直接購入することはできません。

ただし、これらの地域にもSuicaと互換性のある地域固有の交通系ICカードが存在するため、実際の利用には問題ありません。

西日本でSuicaカードを手に入れる方法

西日本に住んでいてSuicaカードを入手したい場合、以下の3つの方法が考えられます。

  • メルカリやヤフーオークションなどのオンライン個人売買サイトを利用する
  • Suicaの販売エリアに住む知人に依頼して購入する
  • 直接Suicaの販売エリアを訪れて現地で購入する

Suicaカードにこだわりがない場合は、他の購入オプションも考慮することができます。

モバイルSuicaをスマートフォンで設定する

現代に適したSuicaの取得方法として、スマートフォンでの「モバイルSuica」の設定があります。

スマートフォンを持っていれば、専用アプリを通してモバイルSuicaを登録し購入することが可能ですが、いくつか注意が必要です。

  • スマートフォンでの決済機能の設定が必要です
  • Android OS 6.0未満を搭載している一部のAndroid端末は対応していません

電子決済を日頃から利用している方や、新しい機種を使用している方は問題なく使えるでしょう。

現在のAndroid OSの最新バージョンは13.0であり、定期的なアップデートをしているユーザーの多くが対応バージョンを使用しています。

また、現在は多くのスマートフォンに決済機能が搭載されているため、設定を行えばスムーズに利用できます。

Suica機能付きのクレジットカードの申し込み方法

Suica機能を持つクレジットカードは、インターネットから簡単に申し込むことができます。

これらのカードは特に便利で、以下のようなものがあります。

  • イオンSuicaカード
  • ビックカメラSuicaカード

これらは日常の買い物や店舗での利用においても有利です。

また、出張や旅行が多い方には、航空会社や鉄道会社が発行する以下のカードがお勧めです。

  • JALカードSuica
  • ビュー・Suicaカード

これらのカードはSuicaと連携する特殊なタイプのクレジットカードです。

一般的なクレジットカードにはSuica機能がないことに注意してください。

また、Suicaエリア内であれば、交通系ICカード機能を持つクレジットカードをSuica同様に利用することができます。

モバイルSuicaをスマートフォンで新規登録する手順

スマートフォンでモバイルSuicaを利用するためには、専用アプリをダウンロードする必要があります。

以下に、ダウンロードから登録までの流れを説明します。

iPhoneの場合
「AppStore」を開き、「Suica」(「すいか」「スイカ」でも検索可)と入力して検索。

Androidの場合
「Playストア」を開き、「Suica」(「すいか」「スイカ」でも検索可)と入力して検索。

(※Android利用者は、事前に端末がSuicaに対応しているか確認する必要があります。)

  1. 検索結果から「モバイルSuica」を選んでダウンロード
  2. ダウンロードが完了したら、アプリを開いて「新規会員登録」を行います
  3. 利用規約に同意した後、画面の指示に従って必要情報を入力します

登録の際にクレジットカードの情報を入力する必要がある場合もあるので、利用しているクレジットカードの情報を準備しておくと良いでしょう。

Suica機能を備えたクレジットカードの紹介

先ほどもお伝えしましたが、Suica付きのクレジットカードもあります。

ビュー・スイカカードの特徴

ビュー・スイカカードは、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードの4つの機能が一枚にまとまった便利なカードです。

Suicaの利用時やお買い物の際にもJRE POINTがたまるため、ポイントカードとしても利用価値があります。

JALカードSuicaのメリット

JALカードSuicaを使用すると、Suicaでの利用ごとにJRE POINTが加算されます。

JR東日本グループのオンラインショッピングサイト「JRE MALL」での買い物でもこれらのポイントが使え、積み上げることができます。

さらに、貯まったポイントはJALのマイルに変換したり、Suicaのチャージにも活用することが可能です。

イオンSuicaカードの特長

イオンSuicaカードを持つと、Suica利用時やJRE POINTが優遇される店舗でのお買い物でポイントが貯まります。

加えて、イオンカードの利用によって得られるWAON POINTも同時に蓄積されます。

イオングループの店舗では200円(税込)ごとに2ポイントが付与され、通常よりも多くのポイントを得ることができ、非常にお得なカードと言えます。

ビックカメラSuicaカードの利点

ビックカメラSuicaカードを使うと、ビックカメラでSuicaにクレジットチャージし利用した際、11.5%という高いポイント還元率の特典が得られます。

このポイント還元率は特定の条件下でのみ適用されるものの、非常にお得です。

また、このカードにはSuicaのオートチャージ機能が付いており、Suicaの残高が一定額以下になった際に、改札を通過するだけで自動的にチャージされるため、残高不足の心配を軽減できます。

西日本でのSuica利用について

Suicaは、関西地域を含む西日本でも利用できる交通系ICカードです。

Suicaの対応範囲は非常に広く、特に関西地域ではICOCAやPiTaPaが使用可能な鉄道やバスでは、ほとんどの場合Suicaも利用できます。

ただし、ICカードの使用ができない一部の路線や施設もありますので、利用前に確認が必要です。

Suicaについてのよくある質問と答え

質問: SuicaとICOCAの違いは何ですか?
答え: SuicaはJR東日本が発行し、ICOCAはJR西日本が発行する交通系ICカードです。これらのカードは全国で互換性があり、西日本でSuica、東日本でICOCAの使用が可能です。

質問: Suicaはどこで当日購入できますか?
答え: Suicaは、JR東日本の駅にある多機能券売機やみどりの窓口、JR東日本の新幹線が停車する駅のみどりの窓口で購入できますが、一部販売していない駅もあります。

質問: Suicaの発行時間はどのくらいかかりますか?
答え: Suicaの発行は約3~4分で完了します。予備カードとしての購入を考えている場合は、無記名式Suicaが便利です。

質問: Suicaの発行費用はいくらですか?
答え: Suicaの発行には500円の預かり金が必要です。これはカード返納時に返金されます。購入時には、1,000円から10,000円までの金額をチャージする必要があります。

まとめ

私達の生活では、特に都市部において電車やバス、モノレールなどの公共交通が日常的に利用されています。

普段は自動車を使っている方も、たまには電車でリラックスした時間を過ごすこともあるでしょう。

Suicaカードは、日本全国の交通機関で使用可能な便利なICカードです。

Suicaカードの販売エリア以外では、購入が難しいです。

他の交通系ICカードとも互換性があるため、Suica利用圏内では他のICカードも使用できます。

そのため、必ずしもSuicaに限定する必要はありません。

それでもSuicaがよいという場合は、モバイルSuicaへの登録が簡単かつ便利な選択肢となります。

電子マネーを普段使わない方でも、この機会にモバイルSuicaの登録を試してみるのは良いでしょう。

※半導体の不足により、2023/6/8から無記名式のカードの販売を中止しています(青森県・岩手県・秋田県では買えるようです)。2024年春ごろの販売再開を目指しているようです。定期券、障害者用カード、小児用カードは継続して販売しています。