PR

「度々ご連絡してすみません」の正しい使い方とメールでの敬語使用

パソコン操作している女性 生活

上司や先輩に何度も連絡を取る必要が出てくることは珍しくありません。

特に、最初のの連絡後にミスや情報不足に気付いた際、どうやって再度連絡すべきか、そして「度々ご連絡してすみません」という表現が適切かどうか悩むこともあるでしょう。

また、敬語の使い方に不安を感じることもあるかもしれません。

特にメールでのコミュニケーションでは、どのように敬語を使うべきかが問題になることがあります。

この記事では、何度も連絡してすみませんという気持ちをどのように伝えるべきか、また敬語の適切な使い方について、よくある疑問に答えていきます。

「度々ご連絡してすみません」というフレーズの妥当性

何度も連絡してすみません、という意味の「度々ご連絡してすみません」という表現は、一般的に適切ですが、さらに礼儀正しい言い方を心掛けるなら、以下のような言葉遣いがよいでしょう。

  • 度々のご連絡、申し訳ございません
  • ご多忙中のところ度々申し訳ございません
  • お忙しいところ度々申し訳ございません
  • 度々のご連絡失礼いたします
  • 重ねてのご連絡失礼いたします

敬語を使う際は、相手の立場や状況に気を配った言葉選びが大切です。

「すみません」より「申し訳ございません」の方がより丁寧な表現とされており、特にビジネス文書では「申し訳ございません」の使用が推奨されます。

また「ご多忙のところ」「お忙しい中」といった表現を用いることで、相手への敬意を示すことができます。

「度々のご連絡失礼いたします」「重ねてのご連絡失礼いたします」も、短時間のうちに何度も連絡してすみません、という意味なので同じように使えます。

(「失礼いたします」よりも「申し訳ございません」の方が、謝罪の程度が深い表現となります)

「度々のご連絡申し訳ございません」の適切な使用について

何度も連絡を取る際の謝罪は、速やかに、かつ最初に伝えるのが望ましいです。

特に、上司や目上の方への繰り返しの連絡においては、この点を特に意識することが重要です。

一回の連絡で完結しなかったことに問題があるかもしれませんが、大切な情報を的確に伝えるためには、素早い対応が求められます。

従って、繰り返し連絡すること自体に不安を感じる必要はありません。

また、謝罪する際の文章の長さにも気を配る必要があります。

長過ぎる謝罪文は相手に迷惑をかけることもありますので、簡潔に一文で謝罪し、すぐに本題に入ることが効果的です。

例文

度々のご連絡、誠に申し訳ございません。
先のメッセージで不足していた部分を補足させていただきます。
(・・・伝えるべき内容・・・)

「ご連絡」など自分の行動に「ご」を付ける敬語は適切か

敬語を使用する際に「ご連絡」といった表現で「ご」という接頭語を使うことに迷いが生じる人は少なくありません。

これは、自ら行う「連絡」という行動に「ご」という接頭語を付けることが妥当かどうかの疑問からきています。

実際には「ご連絡」という表現において「ご」を用いるのは適切な使い方です。

「ご連絡」は、使われる文脈により、尊敬語や謙譲語としての役割を果たします。

ここでの「ご」は、謙譲語の接頭語として機能します。

謙譲語は、自分自身や自分の行動を控えめに表現し、相手の地位を高めて敬意を示す言い方です。

そのため「ご連絡」は、自分の行動にではなく、相手を立てる意味合いで使われ、相手への敬意を示す表現となるのです。

メールにおける「何度もすみません」と表現する敬語の選び方

何度も連絡してすみませんと伝えたい場合、ビジネスのやり取りにおいて頻繁に使われるメールでも、敬語の使い方が大切です。

メールというメディアの性質を考慮すると「度々メールして申し訳ありません(すみません)」「メールを何度もお送りして申し訳ございません(すみません)」のような書き方もありますが、失礼にならないように気を付けましょう。

最初にお伝えしたような「度々のご連絡申し訳ございません」「度々のご連絡失礼いたします」という言い回しは、メールでも適切です。

  • 度々のご連絡、申し訳ございません
  • ご多忙中のところ度々申し訳ございません
  • お忙しいところ度々申し訳ございません
  • 度々のご連絡失礼いたします
  • 重ねてのご連絡失礼いたします

メールは手紙などの従来の通信手段とは異なり、形式がやや略式になることが多いため、相手との関係に応じて敬語の強さを調整することが可能です。

また、「五月雨式」という言葉を用いた表現もあります。

この「五月雨式(さみだれしき)」とは、断続的に何度も行うことを意味し、途切れ途切れに降る雨を指す旧暦5月(現在の6月頃)の天候から来ています。

したがって「五月雨式に申し訳ございません」といった表現も考慮に入れられます。

「何度もすみません」のメールでのタイミング

メールでのやりとりにおいても、電話や直接の対話と同じく、必要な情報は迅速に相手に伝えるべきです。

何度もメールを送る必要が生じた場合、そのお詫びはメールの冒頭で行うのが適切です。

繰り返しメールを送ることへのお詫びを先に伝え、その理由を簡潔に説明した上で、本題の内容に移るのが一般的な流れです。

まとめ

目上の方へ何度も連絡することに対して不安を感じることもあるでしょう。

しかし、連絡自体が失礼というわけではなく、問題は重要な情報が不足していたことにあります。

気付いた時には、必要な情報をできるだけ早く伝えることが重要です。

繰り返しの連絡をする際には、その度に謝罪をすることが必要ですが、より大切なのはその後の本題の内容です。

謝罪に囚われすぎず、何が欠けていたのか、どんな情報を伝えたいのかをはっきりと伝えることが肝心です。

お詫びの言葉はさまざまありますが、自分と相手に合ったものを選んで使うことをおすすめします。