PR

オートミール30gを手軽に計る方法!大さじや計量カップでの量り方

オートミールをキッチンスケールで量る

オートミールを使ったレシピで頻繁に目にする「30グラム」。

計りを毎回出すのは少し手間ですよね。

そんな時は大さじや計量カップで簡単に量る方法がおすすめです。

これを覚えておけば、オートミールを使った料理がぐっと楽になりますよ。

さらに、オートミールを米として使う場合に適切な水の量についてもご説明します。

この記事では、実際に測定した結果と、オートミールをご飯のように調理する際に必要な水の量についても解説します。

この記事を読むことで、オートミールの準備が計量器具を使わずに、計量スプーンや計量カップで手軽にできるようになります。

大さじを使ってオートミール30gを計る

まず、オートミール30グラムを大さじで計る方法を見ていきましょう。

実際に計ってみたところ、オートミール30グラムは大さじ5杯でした。

つまり、オートミール大さじ1杯は約6グラムです。

実は、オートミールのパッケージにもこの情報が書かれていることがよくあります。

続いて、200ccの計量カップを使った30グラムのオートミールの測り方についてもご説明します。

計量カップでオートミール30gを計る

次に、200ccの計量カップを使ったオートミール30グラムの計測方法です。

オートミール30グラムは計量カップで半分より少し下の量です。

実際、計量カップにオートミール30グラムを入れて量ると、50ccから100ccの間くらいの量になりました。

大さじで量った時は大さじ5だったので(大さじ5=75cc)、当然と言えば当然ですね。

計慮カップの形状は、下に行くほど細くなっているので、50ccと100ccの真ん中ではなく、真ん中より少し上です。

つまり、カップの半分よりちょっと少なめです。

実際に試してみると、計量カップで正確な目盛りまで測るのは難しいものの、日常の料理で大体の量を知るのには十分です。

この簡単な測り方は、普段からオートミールをよく使う方にとって、非常に便利な目安になります。

オートミール30グラムをご飯のように炊くための水の分量

オートミールをご飯風に変える簡単な方法をご紹介します。

ここでは特に、30グラムのオートミールをご飯のようにする際の水の量に焦点を当てます。

この量のオートミールをご飯のように仕上げるには、50mlの水が適量です。

乾燥したオートミールに水を加えると、ご飯のような食感になります。

これを「米化」や「ご飯化」と呼びます。

ご飯化する基本的な方法は、オートミールに50mlの水を加え、500~600Wのレンジで約1分間加熱することです。

ただし、好みに応じて水の量を調整しても良いです。

お粥のように食べる場合の水の量

もっと満足感を得たい場合は、水の量を増やすのがおすすめです。

例えば、オートミールの粥や雑炊風にするなら、30グラムのオートミールに対して180mlの水を使います。

この場合、水の量が多いので、加熱時間を長めに設定しましょう。

オートミールの粥を作る場合(水180ml使用)は、500~600Wのレンジで約1分50秒加熱します。

30グラムのオートミールだけでは足りないと感じる場合は、この粥スタイルが満足感を高めてくれます。ぜひお試しください。

まとめ

オートミール30グラムを量るときの便利な目安を紹介しました。

30グラムのオートミールを量ると、大体大さじ5杯分になります。

もし計量カップを使う場合は、大さじ5=75ccなので、50ccと100ccの間の量が30グラムに相当します。

この量のオートミールをご飯のようにする場合、水は約50ミリリットルが適切です。

おかゆ風にするなら、水はおよそ180ミリリットルが目安になります。

オートミール30グラムと聞いてもピンとこないことが多いですが、大さじや計量カップを使えば、簡単に量ることができます。

さらに、オートミールはグルテンを含まないため、グルテンフリー食品を求める方に適しています。

ただ、製造工程で微量の小麦が混入する可能性があるため、グルテンに敏感な方は注意が必要です。

オートミールは糖質が低く、満腹感も得やすいので、ダイエットにも役立つ食材です。