PR

おっしゃっていただく、という表現は正しいの?二重敬語に該当する?

お辞儀、敬意 生活

日本語の敬語は複雑で、多くのルールがあります。

中でもよく間違えられがちなのが、元々敬語である単語にさらに敬語形を加えてしまう「二重敬語」です。

「仰っていただく」という言い回しも、二重敬語に該当するのか悩んでしまう表現です。

では、この表現は正しい使い方なのでしょうか。

仰っていただく、という敬語は正しい

「おっしゃっていただく」という言い方は、一見すると二重敬語のように思えますが、実は正しい使い方です。

この表現には「おっしゃる」(尊敬語)と「いただく」(謙譲語)という2つの異なる種類の敬語が含まれています。

そのため、二重敬語には該当しません。

「仰っていただく」は、自分が相手から何か言ってもらうことを謙虚に表現する時に使います。

ちなみに、相手に敬意を表す場合は「仰っていただく」ではなく「仰っていらっしゃる」という表現が適しています。

こちらも「仰る」と「いらっしゃる」の2つの尊敬語を使用していますが、これらは異なる言葉であり、二重敬語にはならないため、正しい敬語の使い方とされています。

敬語の誤用:二重敬語の問題

目上の人との会話で過剰に敬意を示そうとすると、間違った敬語の形、つまり二重敬語を使ってしまうことがよくあります。

二重敬語は、元々敬語である単語に、さらに敬語形を加えてしまうことによって生じます。

たとえば、「おっしゃられる」や「お越しになられる」は、それぞれ、敬語の「おっしゃる」「お越しになる」という表現に、不必要な「れる」を足してしまっている例です。

これらのような二重敬語は、気づかないうちに使ってしまうことがしばしばあります。

実践を通じて敬語を身につける方法

敬語の正しい使用に自信がなく、目上の人と話す際に緊張する人は多いです。

しかし、敬語を正しく使うためには、積極的に会話することが不可欠です。

言葉遣いが上手な人との対話や、周りの会話に注意を払うことで、敬語の使い方を学ぶ良い機会になります。

ちょっと疑問に思った言葉は調べるようにするとよいでしょう。

「仰っていただく」のような適切な敬語を使うことで、相手への敬意を表現できます。

敬語は難しい表現が多いものの、実際に使い、他人の話し方から学ぶことで、自然と正しい使い方が身につくようになります。

会話をしながら、周りの人々の言葉遣いに耳を傾けることも学びの一環となりますので、ぜひ実践してみてくださいね。