PR

春菊の代わりに使える!手軽で美味しいすき焼き用の代替野菜選び

すき焼き

すき焼きは、日本で古くから愛されている料理です。

主要な材料にはお肉、焼き豆腐、白滝、そして春菊があります。

春菊は冬に特に人気ですが、その特徴的な風味は好みが分かれることがあり、中でも子供たちには食べづらいと感じることがあります。

そんな時、春菊の代わりとして使える野菜には「小松菜」「豆苗」「ほうれん草」がおすすめです。

これらの野菜は手に入りやすく、価格も手頃ですし、すき焼きにもぴったり合います。

ほうれん草を使う場合は、調理前に軽く茹でましょう。

春菊の代わりに最適!小松菜と豆苗の魅力

緑の野菜をたっぷり使ったのに、煮込んだら色が褪せてしまった…。こんな経験、ありませんか?

料理の彩りを長持ちさせたいときには、色が変わりにくい野菜を選ぶことが大切です。

特に、小松菜と豆苗は、すき焼きや煮物などで彩りを保ちやすい野菜としてお勧めです。

豆苗はお手頃価格で手に入り、栄養面でも春菊に引けを取りません。

ビタミン各種、葉酸、不溶性食物繊維が豊富に含まれており、春菊の代わりに栄養価の高い野菜を使いたいという際にもぴったりです。

すき焼きでのほうれん草の活用:下茹でがポイント

すき焼きに春菊の代わりにほうれん草を使用する際、注意すべき点はほうれん草の下茹でです。

この下茹では、ほうれん草に含まれるシュウ酸による苦みを防ぐために欠かせません。

ほうれん草をそのまま生で食べると、えぐみや歯のキシキシ感を感じることがありますが、これはシュウ酸によるものです。

このシュウ酸は水溶性なので、下茹でして水にさらすことで除去できます。

生のほうれん草をそのまますき焼きに加えると、その苦みが料理全体に広がってしまい、他の具材にも影響を及ぼす可能性があります。

そのため、ほうれん草を使う際には必ず下茹ですることが重要です。

下茹での手間を避けたい場合は、ほうれん草の代わりに小松菜を春菊の代替として使うのも良い方法です。

春菊の種類と特徴:サラダ春菊なら食べやすい

春菊は、すき焼きなどの日本料理に不可欠な食材で、その種類は多岐にわたります。

これらの異なる種類は、春菊特有の味や香りに影響を与えています。

春菊は、一般的には「大葉種」「中葉種」「小葉種」という3つのグループに分けられます。

さらに、生で楽しめる「サラダ春菊」もあり、これはより穏やかな味わいが特徴です。

市場で一般的に見られる「中葉種」は、春菊の中でも香りが特に強いタイプです。

このため、香りが強い野菜が苦手な方や子供たちには不向きな場合があります。

子供たちが春菊にチャレンジする際には、よりマイルドな「サラダ春菊」をお勧めします。

生食に適しており、サラダにすると美味しくいただけます。

また、このタイプは「中葉種」に比べてスーパーで見つけやすいことも魅力です。

九州地方でよく栽培される「大葉種」は、「中葉種」よりも食べやすく、クセが少ないとされています。

すき焼きのような濃い味の料理には香り豊かな「中葉種」が適していますが、春菊が苦手な方や初めての方には、「サラダ春菊」や「大葉種」を試してみることを推奨します。

まとめ

すき焼きで春菊の代わりに使える野菜について、いくつかのおすすめを紹介しました。

春菊独特の風味が苦手な方や、お子様には「サラダ春菊」が適しています。

通常の「中葉種」の春菊と比べて、香りや味が穏やかです。

サラダ春菊は、スーパーで見つけることができますが、市場にはあまり出回っていません。

春菊の代替としては、小松菜、豆苗がお勧めです。

これらの野菜は煮込んでも色が変わりにくく、すき焼きに最適です。

ほうれん草も、春菊の代用に使えますが、下茹でをすることが大切です。

これは、ほうれん草に含まれる水溶性の苦味成分「シュウ酸」を除去するためです。

生のほうれん草をそのまますき焼きに加えると、苦味が広がり全体の味が損なわれる可能性があるので注意が必要です。