PR

男女別のコートの重さの平均と、重さが肩こりに及ぼす影響についての考察

ダウンコート 生活

冬になると、コートは暖かさをもたらす反面、その重さが疲れの原因となることがあります。

冬は重ね着が必要な季節であり、その最上層に着るコートの重さはずっしりと感じられます。

「最近肩が凝るな」と思ったら、コートの重さが原因の一つかもしれません。

この記事では、一般的なコートの平均重量や、コートの重さが引き起こす肩こりの軽減方法を紹介します。

一般的なコートの平均重量はどの程度?さまざまな種類のコートの重量を比較

コートの種類や素材によって重量は大きく異なるため、全てのコートの平均重量を知ることはそこまで重要ではないかもしれません。

例えば、重たいウールのコートと軽いダウンコートでは、重さに大きな違いがあります。

そこで、この記事では異なる種類や素材のコートの平均重量を詳しく説明します。

※デザインや付属品、サイズなど、重量に影響を与える要因は多く、ここで紹介する数値は目安としてご覧ください。

トレンチコートの平均重量

薄手のトレンチコートの平均重量について見てみましょう。

男性用は約1100グラム。

女性用は約850グラム。

秋や春に人気のトレンチコートですが、男性用は意外と重く、1キロを超えることもあります。

この時期はまだ厚着をしていないので、重さが特に気になることは少ないかもしれません。

ウールコートの平均重量について

ウール素材を使用したコートの重さに注目してみましょう。

男性用の場合、平均重量は約1500グラム。

女性用では、約1300グラムが平均です。

これらの数値から、ウールコートは1キロを越える重さであることが明らかです。

特にウールのダッフルコートは、保温性が高い一方で、それに伴う重量も感じられます。

毛皮コートの重さの特徴

次に、毛皮のコートの重さを確認しましょう。

男性用は平均で4000グラム。

女性用は2000グラムが平均。

これはかなりの重さです。

毛皮のコートが重くなる原因としては、補強材の使用や皮の水分吸収性が関係しています。

実際に着用する機会は限られているかもしれませんが、その重さを考えると、選択に迷う素材と言えます。

ダウンコートの重量範囲

最後に、軽量性が魅力のダウンコートを見てみましょう。

ダウンコートの重量は商品によって異なり、以下の範囲に分布します。

男性用は280グラムから1000グラム。

女性用は271グラムから930グラム。

軽量なものはダウン特有の軽さを体現しています。

防寒性と軽さのバランスを取った製品が多く、それにより重さもさまざまです。

中間の重量帯(500グラムから700グラム程度)の商品も豊富にあり、好みに合わせて選ぶことができます。

冬場の肩こり、コートの重さが影響している可能性は?

冬が来ると、肩こりに悩まされる人が増えることはよくある現象です。

私も、冬に厚着をすること、…特に重いコートが肩こりの原因かなぁなんて思っていました。

もちろん、コートの重さも肩こりの原因になりますが、他の要因も考慮することが大切です。

冬の肩こりの原因となり得る要素を挙げますね。

冬の低温が引き起こす肩こり

肩こりの主な原因の一つとして、冬の低温が挙げられます。

寒さによって血流が悪化し、これが筋肉内の老廃物の蓄積を促し、肩こりの原因となるんだそうです。

また、寒さから体を守るために無意識に肩をこわばらせることも、肩への負担を増やします。

低温自体が肩こりの大きな原因なんですね。

運動不足が原因の肩こり

冬になると運動不足に陥りがちなのも、肩こりの一因です。

運動不足による筋力の衰えや血流の悪化は、肩こりの悪化を招きます。

さらに、運動不足で体重が増えると、体への負担が増えて肩こりが悪化することもあります。

厚着による肩こり

冬の肩こりのもう一つの原因は、厚着です。

ここで初めてコートの重さが肩こりと関連してきます。

しかし、厚着はコートだけでなく、着込んだインナーも肩こりの原因となります。

コートの重さによる負担だけでなく、窮屈なインナーや締め付けが血流を妨げることも、肩こりを引き起こす要因となり得るのです。

このように、コートの重さは冬に発生する肩こりの多くの要因の中の一つに過ぎないのです。

冬のコート選びで肩こりを避けるコツ

冬のコートの重さが肩こりを引き起こすことがあるので、肩こりを防ぐためのコート選びのポイントをご紹介します。

重さを感じるコートは選ばない

まず、自分が重いと感じるコートは選ばないようにしましょう。

感じ方には個人差があるので、もし現在のコートが快適ならそのままで問題ありません。

ただし、長く使っていると重さに慣れてしまうこともあるため、他のコートを試着して比較してみることをおすすめします。

もしより軽いコートを見つけたら、肩への負担を考慮して変更を検討しても良いでしょう。

自分に合ったサイズのコートを選ぶ

コートのサイズが自分の体に合っていない場合、肩こりの原因になります。

サイズが小さすぎると体を締め付け、血流を悪化させる可能性がありますし、大きすぎると不必要な生地が筋肉に負担をかけることがあります。

違和感がある場合は、サイズが合っていない可能性が高いので、正しいサイズ選びを心掛けましょう。

インナーでの過剰な重ね着を避ける

コート以外にも、インナーの着こみ方にも注意が必要です。

特に腕や肩が動きにくいほどの重ね着は避けましょう。

過剰な重ね着は肩や腕の動きを制限し、肩の緊張を招きます。

機能性のあるインナーを選んで、適度な暖かさを保ちつつ、重ね着し過ぎない工夫をしましょう。

首に負担をかけるコートのデザインを選ばない

首に負担をかけるようなコートのデザインも避けることが肩こり予防に繋がります。

襟が大きいものや装飾の多いデザインは首への負担が増えるため、気に入っていても慎重に選ぶことが大切です。

ただし、これは一つの基準に過ぎないため、デザインが気に入っていれば、他の要素も考慮して選ぶのが良いでしょう。

まとめ

この記事では、冬のコートの重さの平均と、コートの重さが肩こりにどのように影響するかを紹介しました。

コートの素材によって、かなり重量に差があることがわかりますね。

肩こりはコートの重さだけが原因ではないものの、軽いコートを選択することは肩こりを和らげるのに有効です。

軽量性で知られるダウンコートは、特に肩こりに効果的な選択と言えます。

肩こりに悩んでいる方には、軽めのコートの選択をお勧めします。