PR

Amazonの置き配設定が手渡しで届けられる理由は?注意点と対象外商品について

玄関先の荷物(置き配) 生活

Amazonの「置き配」設定をしても、なぜ直接手渡しや再配達が必要なのか疑問に思うことがありますね。

これは、注文した商品が「置き配」に適していない可能性があるからです。

「置き配」が利用できるのは、Amazon自身の配送サービスによって届けられる商品のみです。

発送後に「Amazonでお届けいたします」というメールが届いたら「置き配」の利用が可能となります。

ただし、「Amazonでお届けいたします」と記載されていても、代金引換や着払いの場合は「置き配」が利用できないことがあります。

さらに、一部の地域では「置き配」サービスが提供されていない場合もあります。

では、なぜAmazonの「置き配」設定をしても、直接手渡しや再配達がされることがあるのか、その理由を詳しく見てみましょう。

置き配設定後に直接手渡しや再配達となる理由

Amazonでの購入時には、注文確定前の画面で「配送指示(置き配を含む)」を選ぶことができます。

「置き配」の場所は、初期設定では「玄関」となっていますが、他にも宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車のカゴ、車庫、建物内の受付など様々な場所から選択可能です。

設定した「置き配」の場所は次回の購入時にも引き継がれますので、同じ場所を利用する場合は再設定する必要はありません。

しかし、以下のような理由で「置き配」設定をしていても直接手渡しされたり、不在時に再配達されることがあります。

  • 対象地域で「置き配」サービスが提供されていない
  • 注文した商品が「置き配」オプションに適していない
  • 配送業者が「置き配」サービスに対応していない
  • 小さな商品は郵便ポストへの投函が行われることがある
  • 代金引換で注文した商品の場合
  • 配送業者の判断によるもの

これらの原因をひとつずつ詳しく見ていきましょう。

Amazon「置き配」サービス未対応の地域について

Amazonの便利な「置き配」サービスは、日本国内の広範囲で利用できますが、残念ながらまだ対応していない地域も存在します。

特に新潟県、山口県、佐賀県などがこのサービスを利用できない地域に含まれます。

さらに、一般的にはサービス対応地域であっても、特定のエリアでは利用できないこともあります。

「置き配」非対応の商品に関して

Amazonで取り扱っている商品の中には、「置き配」サービスを利用できないものがあります。

例えば、高額商品や特定のスーパーマーケットとの提携商品がこれに当たります。

これらの商品を注文した場合、在宅時には配送員から直接手渡しで受け取り、不在時には不在通知が残されます。

Amazon「置き配」サービスを実施しない配送業者

Amazonの「置き配」サービスは、主にAmazon自身の配送業者が行うものです。

配送に関する通知メールに「Amazonでお届けいたします」と記載されている場合は、「置き配」が可能です。しかし、ヤマト運輸や日本郵便などの他の配送業者が配送を担当する場合は、通常、「置き配」は行われません。

佐川急便は2013年にAmazonとの契約を終了しましたが、AmazonのウェブサイトにはAmazon.co.jpが発送し、ヤマト運輸または日本郵便が配送する一部のご注文で利用可能」と記載されています。

例えばヤマト運輸の場合、クロネコメンバーズを利用して、配達される荷物を「置き配」に指定することができます。

ポストに収まるサイズの商品とポストへの投函

ポストに入るほど小さな商品で、適切に梱包されている場合、置き配が指定されていてもポストへ直接投函されることがあります。

この方法なら、不在時でも商品を受け取ることができます。

しかし、もし置き配の指定場所に商品が見当たらない時は、ポストを確認してみると良いでしょう。

代金引換の場合の置き配

代金引換で注文した商品の場合、支払いが必要なため、置き配では受け取ることができません。このような時は、配送員に直接代金を支払う必要があります。

配送業者による置き配の判断

置き配の場所が明確でない、または安全でないと配送業者が判断する場合、荷物は持ち帰られることがあります。

特に、雨や雪などで荷物が損傷する恐れがある場合や、宅配ボックスなどの保護設備がないときは、荷物を持ち帰ることが一般的です。

置き配を利用する際には、配送業者が簡単に見つけられて、安全に置ける場所を指定することが大切です。

Amazonの置き配設定が実行されない場合の対策

Amazonで置き配を設定していても、実際にはそれが実施されないことがあります。

そのような場合にどう対処すれば良いかをお伝えします。

まず、Amazonのサイトで置き配の設定を確認し「置き配場所の目印、アクセス方法」に具体的な情報を入力することが大切です。

配送指示を設定する際「さらに指示を追加する」というリンクをクリックして「置き配場所の目印、アクセス方法」を詳しく記述しましょう。

例えば、「郵便受けの下に置いてください」や「門扉の内側に置いてください」といった明確な指示が有効です。

これにより、配送業者に対してあなたの置き配への希望がはっきり伝わります。

また、置き配を希望する場所に「配達の方、ありがとうございます。ここに置き配をお願いします」といったようなメモを書いて貼ることも効果的です。

この方法を用いることで、配送業者に対してさらに明確な指示を提供することが可能になります。

Amazonで置き配ができない商品カテゴリー

Amazonでのお買い物では、一部の商品では置き配を選択することができません。

これには次のような商品が含まれます。

  • Amazonが提携している特定のスーパー(例えばライフ、バロー、成城石井)の注文商品
  • 生鮮食品や冷凍食品など、クール便が必要な商品
  • 代金引換や着払いが必要な商品
  • 高額商品(一定の金額以上)
  • 一部の医薬品や高度管理が必要な医療機器
  • Amazon以外の業者によって配送される商品

クール便が必要な商品の場合は、商品の品質を維持するために迅速な対応が求められるため、置き配を選ぶことはできません。

また、代金引換や着払いの商品では、直接配送員に代金を支払う必要があるため、置き配オプションは利用できません。

Amazonが直接配送しない商品

Amazonで購入できる商品には、Amazon自身が販売・配送するもの、他の出品者が販売・配送するもの、そして他の出品者が販売しAmazonが配送するものがあります。

置き配サービスは、Amazonの配送業者によってのみ提供されるため、「Amazonでお届けいたします」と表示されている商品に限られます。

購入時には、商品ページでAmazonが直接出荷する商品かどうかを確認することが大切です。

Amazonの置き配指定が配送業者によって無視されるケース

Amazonでの置き配指定が、実際には守られないことがあるようです。

特に、アマゾンのシステム設定よりもクロネコヤマトなどの配送業者のオプションが優先される場合があり、このため、実際の配送業者の置き配設定を確認する必要があります。

置き配の指示が見落とされることも考えられます。

さらに、盗難などのリスクが関わるため、配送業者は商品の直接手渡しを好む傾向にあるかもしれません。これは責任問題としても重要です。

そのため、情報の正確な引き継ぎが必要です。

また、公式サイトを通じての書類申請などのプロセスが整備されれば、より良い状況が期待できます。

配送業者に置き配が完全に浸透するには、まだ時間がかかる可能性があります。

まとめ

Amazonで置き配設定をしていても、商品が手渡しで届けられることがあります。

これは、購入した商品が置き配に対応していない場合が原因です。

Amazonの置き配サービスは、Amazonの配送業者によって行われるため、発送通知メールに「Amazonでお届けいたします」と記載されている場合、通常は置き配設定が有効になります。

一方で、Amazon以外の配送業者が配送する場合は、たとえ置き配設定をしていても、その設定が適用されないことがあります。

また、配送業者が安全に荷物を置ける場所を置き配の場所として選ぶことも大切です。

これにより、配送業者が安心して荷物を置いていくことができます。