PR

はじめての方向け!デフォルトに設定とはどんな意味?

デフォルト 生活

「デフォルトに設定」と聞いて、何を思い浮かべますか?

例えば、Google ChromeやWindows10などのブラウザを使っていると「デフォルトとして設定」や「デフォルトに設定」というメッセージを目にすることがあるでしょう。

これが何かのトラブルの兆しではないかと感じることもあるかもしれません。

しかし、実際には「デフォルト設定」という言葉は、日常的によく使われています。

特に、新品のWindowsパソコンを購入した際に、Google Chromeのようなブラウザアプリをインストールする時にこの用語に出会うことが多いです。

インストール中に「Chromeを既定のブラウザとして設定しますか?」というメッセージが表示されることがよくあります。

ここでの選択肢は「スキップ」や「デフォルトとして設定」があると思います。

この「デフォルトとして設定」という言葉は、要するに「今後、ブラウザを開く時はChromeを自動的に使用する」という意味を持っています。

「初期設定」として選ぶ、ということです。

Google Chromeだけでなく、他の様々なアプリでも「デフォルトとして設定」というフレーズを目にすることがあります。

この記事では、そういった「デフォルト設定」の意味について、初心者でもわかるように分かりやすく解説していきます。

デジタルデバイスにおけるデフォルト設定の意味

「デフォルト」という言葉、ニュースなどで耳にすることがありますよね。

しかし、この言葉の意味は、使用される場面によって大きく変わります。

ニュースで聞く「デフォルト」は、大体「債務不履行」という意味で使われていることが多いです。

これは、契約に基づく義務、例えばお金の返済などを果たせない状況を指します。

この場合の「デフォルト」は、ネガティブなニュアンスがあります。

しかし、スマホやPCの画面で「デフォルトとして設定」という言葉を見た時、この「デフォルト」はまったく違う意味を持っています。

デジタルデバイスの世界では、何らかのトラブルを意味する「債務不履行」ではなく、「初期設定」や「初期値」といった意味で使われています。

この違いを知っておけば、デバイスを使う際の不安が少し和らぐかもしれませんね。

パソコンやスマートフォンにおけるデフォルト設定とは何か

デフォルトという用語の基本的な意味についてはお話ししましたが、今度はパソコンやスマートフォンでよく見る「デフォルトとして設定」という言葉について、もう少し解説します。

例えば、Windowsのパソコンでは「Microsoft Edge」が最初からインストールされているのが一般的です。

しかし、もしユーザーが「Google Chrome」など他のブラウザをインストールした場合、パソコンには次のようなブラウザが存在することになります。

・Microsoft Edge
・Google Chrome

このように、複数のブラウザがインストールされている状態で、インターネットのサイトを開こうとすると、どのブラウザを使用するかパソコンが迷う可能性があります。

そんな時に役立つのが「デフォルトの設定」です。

デフォルト設定を適用すると、パソコンは特定のアプリケーションを優先的に選ぶようになります。

つまり、Windowsパソコンで特定のブラウザをデフォルトに設定すると、そのブラウザが主に使用されるようになるわけです。

「デフォルト」という言葉は、「初期設定」という意味を持ちます。

そのため、パソコンやスマートフォンで「デフォルト」とか「デフォルトの設定」という表示を見たら、それが初めから設定されている状態を指していると理解しておけば大丈夫です。

もちろん、デフォルト設定を後で変えたくなったら、変更することもできますよ。

まとめ

「デフォルトとして設定」という表現について不安を感じている方のために、その意味を簡単に説明しました。

「デフォルト」という言葉には、主に「債務不履行」と「初期設定」の2つの意味があります。

パソコンの設定などで使われる「デフォルト」という言葉は、ここでは「初期設定」という意味で使われています。

そのため、「デフォルトとして設定」という表現を見ても、心配する必要はありませんよ。