PR

1ccは何グラム?ccとグラムの違いと食材ごとの重さの違い

計量スプーンと計量カップ

料理をする際、しばしば1cc(シーシー)が1g(グラム)に相当するかどうか迷うことがあります。

レシピによっては、重さをgで表したり、容量をccやmlで表したりしており、計量単位が異なる場合があります。

この記事では、料理における「cc」と「g」の基礎知識と、それらの変換方法について紹介します。

最初に、cc(シーシー)とg(グラム)の基本的な定義を説明し、1ccが1gに等しいのかをはっきりさせます。

さらに、計量スプーンやカップを使用した際の、さまざまな食材の重さの違いについても解説します。

1ccは何グラムに相当するのか

「cc」とは液体の量を表す体積単位で、特に液体の計測によく用いられます。

しかし、最近ではccの使用が少なくなり、ml(ミリリットル)が広く使われています。

体積の「cc」と重さの「グラム」の違い

「cc」は体積を、一方「g」は質量(重さ)を表す単位として使われます。

cc(シーシー)は体積を計る単位で、1,000ccは1リットル、つまり1,000mlや1,000立方センチメートルに等しいです。

ccはcubic centimetre、立方センチメートルの略称です。

g(グラム)は質量を測る単位で、1,000gは1キログラムに相当します。

さまざまな物質で見る1ccのグラム換算

1ccの重さは、水の場合にはほぼ1グラムとされますが、他の物質では重さが異なります。

  • 水: 1cc = ほぼ1グラム
  • 牛乳: 1cc = 約1.05グラム
  • めんつゆ: 1cc = 約1.15グラム
  • しょうゆ: 1cc = 約1.15グラム
  • 小麦粉: 1cc = 約0.55グラム

水における「cc」と「グラム」の関係性

「cc」と「グラム」は、それぞれ体積と質量を表す異なる単位であり、通常はこれらは同じとは考えられません。

ただし、測定対象によっては、ccとグラムがほぼ等しい値を示す場合があります。

特に、水の場合は1ccが約1グラムに相当するとされています。

これは学校の理科の授業で扱われることもある知識です。

水の密度は4℃で最も高く、およそ999.972 kg/m³(0.999972 g/cm³)となります。

しかし、水の密度は温度によって変化するため、異なる温度で測定すると異なる値を得られます。

例えば、水温が25℃の場合、その密度は約997.0479 kg/m³(0.9970479 g/cm³)となります。

調理時の計量ツールで測る調味料のグラム数

料理でよく使用される計量ツール、小さじは5cc(ml)、大さじは15cc(ml)、カップは200cc(ml)で計量されます。

こちらでは、これらの計量スプーンやカップを使用して測った際の、各種調味料や食材の大まかな重さを紹介しています。

これを参考に、料理をより簡単に楽しんでください。

計量スプーンや計量カップがあれば、キッチンスケールがなくても必要な調味料の量を手軽に把握できます(参考:646食品成分表 東京法令出版)。

普段使う調味料の量と重さ

こちらには、小さじ1杯、大さじ1杯、カップ1杯で量った時の調味料の重さをリストアップしています。

それぞれ、小さじ1杯(5cc)、大さじ1杯(15cc)、カップ1杯(200cc)の順に重さを記載しています。

  • 水: 5g、15g、200g
  • 塩(精製塩): 6g、18g、240g
  • 砂糖(上白糖): 3g、9g、130g
  • 砂糖(グラニュー糖): 4g、12g、180g
  • しょうゆ: 6g、18g、230g
  • 酢: 5g、15g、200g
  • みそ: 6g、18g、230g

そのほかの食材の重さの目安

こちらでは、上記以外の食材や調味料をいくつかピックアップして、おおよその重さをまとめています。

それぞれ、小さじ1杯(5cc)、大さじ1杯(15cc)、カップ1杯(200cc)の順に重さを記載しています。

  • 小麦粉(薄力粉): 3g、9g、110g
  • パン粉: 1g、3g、40g
  • 牛乳: 5g、15g、210g
  • トマトケチャップ: 6g、18g、240g
  • めんつゆ(ストレートタイプ): 6g、18g、230g
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ): 7g、21g、240g