PR

自転車用ヘルメット購入先ガイド

自転車ヘルメットをかぶっている女性 生活

自転車に乗る際の安全対策として、ヘルメットの着用が推奨されています。

そこで、どこで買うことができるのかが気になるところですね。

自転車用ヘルメットは、自転車専門店、アウトドア用品店、大型ホームセンター、オンラインショップなどで見つけることが可能です。

この記事では、ヘルメットを購入できる店舗のリストをお届けします。

自転車用ヘルメットを購入できる場所一覧

ここでは、自転車用ヘルメットを手に入れることができる店舗やオンラインショップについて紹介していきます。

サイクルショップでの自転車ヘルメットの取り扱い

自転車ヘルメットの購入を考える際、まず思い浮かぶのは地元の自転車店でしょう。

次のような店舗では、さまざまな種類の自転車ヘルメットが取り扱われています。

サイクルスポット、ワイズロード、イオンバイク、ダイワサイクル、サイクルベースあさひ、モンベル、ネオサイクリスタ、セオサイクルなどです。

例えば、サイクルベースあさひのような大手チェーン店では、独自のブランドヘルメットや子供用ヘルメット、そしてオージーケーカブトやレイザーといった有名ブランドのヘルメットも取り揃えています。

イオンバイクでは、子供や幼児向けのオージーケーカブト、バーン、アイデスのヘルメットが揃っています。

サイクルスポットには、アイデス、ブリヂストン、パナソニック、カナックの子供用ヘルメットも豊富です。

ワイズロードでは、ジロ、カスク、アブス、レーザー、バーン、エスエイチプラス、リンプロジェクト、オージーケーカブトといった多様なブランドのヘルメットが見つかります。

ダイワサイクルでは、スタージェニィのジュニアヘルメットやサギサカ、OGKカブトのヘルメットも販売されています。

スポーツ用品店での自転車ヘルメットの取り扱い

自転車ヘルメットを選ぶ際には、スポーツ用品店もおすすめです。

スポーツデポ、アルペンスポーツ、スポーツオーソリティなどが代表的です。

スポーツオーソリティでは、シマノ、ブリヂストン、サイドトラック、RECTなどのブランドからさまざまなヘルメットを取り揃えています。

モンベルでは、アルパイン、フォールラン、ウェーブ、ロガー、ラピッドといった多様なサイクルヘルメットを見つけることができます。

また、アルペンやスポーツデポでは、ウベックスのボスレースバイシクルヘルメットが特に充実している傾向にあります。

ホームセンターでの自転車ヘルメットの取り扱い

自転車用ヘルメットは、多くのホームセンターで見つけることができます。

取り扱い店舗には、カーマ、ケーヨー、ダイキ、カインズホーム、ビバホーム、ジョイフル本田、コーナン、ナフコ、ホーマック、コメリなどがあります。

ビバホームでは、サギサカブランドの子供用、ジュニア、一般サイクル用ヘルメットを提供しています。

DCMグループに属するホーマックやケーヨーでは、石野商会のキッズヘルメット、OGKのヘルメット、カナック企画の製品が取り揃えられています。

カインズホームには、サギサカの大人用バイシクルヘルメットやOGKの通学用ヘルメットがあります。

コーナンでは、サギサカのジュニアスタンダードモデルやテラオのCHIAROヘルメット(大人用、キッズ用)が取り扱われています。

コメリでは、サギサカのアメリカンイーグルジュニア、キッズ、サイクル用ヘルメットがあり、ナフコにはサギサカのジュニアヘルメット、OGKカブトのヘルメット、石野商会のキッズヘルメットがあります。

ジョイフル本田では、サギサカのSTDジュニア、バイシクルヘルメット、OGKのスクールメットが揃っています。

オンラインショップでの自転車ヘルメット購入

自転車ヘルメットは、実店舗のみならず、オンラインショップでも豊富に揃っています。

特にアマゾンのような大手オンラインショップでは、オージーケーカブト、レーザー、ウベックス、ブリヂストン、アルピナ、サギサカ、カスク、ジロの各ブランドの自転車用ヘルメットが見つかります。

まとめ

自転車ヘルメットを着用することは罰則を伴う義務ではなく、必須ではありません。

それでも、安全を考慮してヘルメットを着用することを考える方も多いでしょう。

自転車用ヘルメットを購入する場合は、カインズホームのようなホームセンター、スポーツオーソリティのようなスポーツ用品店、サイクルベースあさひのような自転車専門店、オンラインショップなどで手に入れることができます。