PR

きゅうりが赤く変色する理由と食べられるかどうか

きゅうり

時々、きゅうりを切った時に中身が赤くなっていることに気付くことがあります。

これは食べても安全なのでしょうか?

この記事では、きゅうりが赤くなる原因、そしてその他の色への変色についても詳しく説明します。

きゅうりの中身が赤くなる原因は?

なぜきゅうりが赤く、または茶色や黄色に変色するのか、その理由を一つずつ見ていきましょう。

きゅうりの中身が赤い場合

料理の際にきゅうりを切ってみると、中身が赤いことがあります。

この赤いきゅうりは食べられますが、味はいつもと異なる可能性があります。

では、なぜこのように変色するのでしょうか? きゅうりは水分が95%以上を占める野菜です。

そのため、冷蔵庫など冷たい場所に長時間置いておくと、軽い凍傷を起こし、繊維の劣化によって赤く変色することがあります。

この変色は中心部から腐敗につながることがありますが、劣化が原因であれば食べても大きな問題はありません。

赤茶色に変色したきゅうり

新鮮なきゅうりを切ると、時には中が赤茶色をしていることがあります。

このような色のキュウリは、熟している可能性が高いです。

きゅうりは通常、25℃~30℃くらいで育てられますが、7℃以下の低温で育つと、外見はそれほど大きくならずに中の実だけが熟してしまうことがあるそうです。

そのため、中身が熟している場合は赤茶色になることがあります。

きゅうりの中が茶色に変色している場合

きゅうりの中が茶色に変色している場合は、過熟しているか、腐り始めている可能性があります。

過熟すると、苦味や渋みが強くなり、味が悪くなります。

腐り始めたきゅうりは、異臭がなくても茶色に変色することがあります。

腐ったきゅうりを食べると健康に害を及ぼす可能性があるため、食べるのは避けるべきです。

そもそもまずくて食べれないですけどね・・・

変色したきゅうりの食用可否について

きゅうりが赤、茶色、または黄色に変色した場合、それぞれ食べても大丈夫かどうかについて解説します。

赤くなったきゅうり

きゅうりの中身が赤くなっていた場合、食べること自体は可能です。

ただし、この変色は凍傷のような劣化が原因であり、味が落ちて美味しくなくなっている可能性があります。

生で食べるのは避け、加熱調理するなどして食べるのが適切です。

茶色く変わったきゅうり

きゅうりが全体的に茶色く変色している場合、これは熟れ過ぎのサインです。

そのため、強い苦味や渋みがあり、食べるのはおすすめできません。

また、長期間保管されたきゅうりは腐っている可能性が高く、腐敗した野菜には細菌やカビが繁殖しており、食中毒を引き起こす可能性があるため、食べずに処分すべきです。

黄色くなったきゅうり

黄色に変色したきゅうりは、熟しつつある状態を示しています。

この段階のきゅうりは食べることができますが、皮が硬くなっており、生食には向いていません。

完熟させた黄色のきゅうりは、皮を剥き、種を取り除いた後に炒め物に使用したり、ぬか床に漬けて柔らかくしたりして、おいしいぬか漬けを作るのに適しています。

腐ったきゅうりの見分け方

きゅうりが腐敗しているかどうかを判定する際には、触感や匂い、切断面の色などを確認することが大切です。

中が白っぽい場合

きゅうりの内部が白く見える場合、これは水分が失われて乾燥しているサインです。

時間が経過したきゅうりは、見た目に変化がなくても細菌や微生物が増えていることがありますので、注意が必要です。

白カビが付いている場合

きゅうりが冷蔵庫で保管されていて白カビが生えている場合は注意が必要です。

この白カビは健康被害のリスクがあります。

白カビが生えたきゅうりは食べずに捨てましょう。

白い液体が出ている場合

きゅうりから白い液体が出ている場合、これは腐敗している証拠です。

この液体は細菌や微生物によるもので、きゅうりが腐敗していることを示しています。

液体は粘りがあり、不快な臭いがすることもあります。

また、きゅうりが柔らかく弾力を失っている場合も腐敗の兆候です。

このような状態のきゅうりは食べないでください。

触って確認する

新鮮なきゅうりはツヤがあり、表面のトゲがしっかりしています。

しかし、腐敗が進むと触感が変わります。きゅうりは主に水分で構成されており、

繊維質が水分を保持しています。

腐敗すると、この繊維質が崩れ、特にヘタの部分が柔らかくふにゃふにゃになります。

ヘタの部分が柔らかくなっているきゅうりは怪しいと思ってください。

新鮮なきゅうりの見極め方

新鮮で美味しいきゅうりの選び方は、腐敗したきゅうりを見分けるのと同様に重要です。

以下に、新鮮なきゅうりを選ぶためのポイントを説明します。

持った感じでの選び方

新鮮なきゅうりは、パリッとした硬さと良いツヤが特徴的です。

これらは次の方法で確かめることができます。

・重さを比べてみる
・きゅうりのトゲの感触を確認する

きゅうりのほとんどが水分で構成されているため、同じ大きさでも新鮮で育ちが良いものは重みがある傾向にあります。

同じサイズの中で重いものを選ぶことが望ましいです。

トゲのある品種の場合、新鮮なものはトゲが鋭く感じられます。

手で触れたときにわずかな痛みがあるものが新鮮な証拠です。

さらに、ブルームきゅうりという種類では、トゲの周りに白い粉状の蝋質が付着しています。

この蝋質がしっかりと付いているきゅうりは特に新鮮で、選ぶ際の良い指標になります。

外見から新鮮なきゅうりを選ぶ方法

新鮮なきゅうりは触感だけでなく、見た目での判断も可能です。

外観をチェックすることで、触らずとも新鮮なきゅうりを見極めることができます。

・均等な太さ
・全体にみずみずしいハリ
・ヘタの切り口の状態を確認

均等な太さ

通常のきゅうりはヘタの部分が太く、反対側へ行くにつれ細くなることが多いですが、全体的に均等な太さをしているきゅうりは、水分や栄養が均一に分布しており、健康的に育っている証です。

片方が極端に細いきゅうりは避けた方が良いでしょう。

全体にみずみずしいハリ

新鮮なきゅうりには水分が豊富に含まれており、全体にハリがあり、健康的に成長したものは濃い緑色をしており、折れにくいほどの硬さがあります。

そのため、光沢がありみずみずしい様子のきゅうりを選ぶのがおすすめです。

ヘタの切り口の状態

店頭ではきゅうりを切って中身を確認することはできませんが、ヘタの切り口を見ることで新鮮さがわかります。

収穫後に時間が経過したきゅうりは、ヘタの切り口から水分が失われ、しなびた様子になります。

切り口がまだみずみずしいきゅうりは、収穫してから日が浅く新鮮な証拠です。

このように、ヘタの部分をチェックすることで、新鮮度を見極めることができます。

きゅうりの保存方法と色の変化を避けるポイント

きゅうりは、初夏から夏が旬で、理想的な成長温度は25度から30度の範囲です。

この温度範囲を逸脱すると育ちにくい野菜です。

きゅうりは水分が豊富なので、保存時に水滴が付いていると傷む原因になります。

そのため、保存する前に水分を拭き取ることが大切です。

適切な保存方法を採用することで、きゅうりの美味しさを長期間保つことができます。

きゅうりの保存期間の目安

一般的にきゅうりは冷蔵庫で保存されますが、具体的な保存方法によって賞味期限が異なります。

寝かせて保存する場合

冷蔵庫で寝かせて保存すると、約5度の温度で保存期間は約3日間です。

立てて保存する場合

きゅうりは縦方向に成長する性質を持つため、牛乳パックや大きめのマグカップなどを使って縦に立てて保存すると、賞味期限を最大1日延ばすことができます。

野菜室での保存について

冷蔵室と野菜室が分かれている冷蔵庫の場合、これらの部分の温度差が1度から3度程度あります。

そのため、通常の冷蔵庫の部分と野菜室での保存では、きゅうりの保存期間に差が出ることがあります。

袋のまま寝かせて保存する場合

購入後すぐのきゅうりを袋のまま寝かせて保存すると、通常は3日から4日間の保存期間となります。

袋から取り出して立てて保存する場合

袋から取り出し、立てて保存する場合、一般的な保存期間よりも長く、新鮮なきゅうりであれば約10日間保存が可能です。

ただし、きゅうりが赤くなったり茶色く変色している場合は、食べるのを避けた方が良いでしょう。

冷凍庫での保存法

冷凍することで、きゅうりは約1ヶ月間保存可能です。

新鮮なきゅうりを使用することが重要ですが、冷凍によって水分が凍結するため、解凍後は食感が柔らかくなり、風味が損なわれることがあります。

漬物としての保存

浅漬けやぬか漬けなどの漬物として保存すると、通常2日程度が賞味期限となります。

塩分濃度を高めることで1ヶ月以上の保存が可能になりますが、塩分が多いため、食べる前にはよく洗い流す必要があります。

天日干しによる保存法

きゅうりを天日干しにすると、水分が減少し、旨味成分が凝縮され、独特の甘みが引き出されます。

この干しきゅうりは冷凍庫で1週間から1ヶ月程度保存が可能です。

常温での保存の注意点

きゅうりは常温保存にはあまり適していませんが、20度以下の環境ならば約3日間保存が可能です。

風通しの良い場所に置くことが大切です。しかし、高温多湿な環境では傷みやすいので、特に夏場の保存には注意が必要です。

まとめ

きゅうりの中身の変色がどのような意味を持ち、それに応じて食べることができるか、また、適切な保存方法について解説しました。

赤く変色したきゅうりは傷んでいる状態を示していますが、食べること自体は可能です。

ただし、生で食べるには向いていないため、他の調理方法をお勧めします。

茶色に変色したきゅうりは腐っていることを意味し、食べるべきではありません。

黄色に変色したきゅうりは熟しており、食べられますが、皮が硬くなっているため、炒め物やぬか漬けなどの加熱処理が適しています。

変色したきゅうりを見つけたら、これらのポイントを参考に判断してください。