PR

キッチン冷蔵庫の裏側をおしゃれに隠す方法や掃除のコツ

冷蔵庫 生活

キッチンの間取りや使い勝手によって、冷蔵庫の裏側がむき出しになってしまうことがあります。

LDKで冷蔵庫を間仕切りとして使う場合、見た目を良くする工夫が必要ですね。

この記事では、冷蔵庫の裏面を上手に隠す方法、掃除のコツ、そして冷蔵庫と壁の間の適切なスペースの確保について紹介します。

冷蔵庫の裏面を隠すアイディア

キッチンの冷蔵庫の裏側が見えてしまうとき、どうすれば上手に隠せるかについてお伝えします。

パーティションや仕切りの設置

簡単に隠すには、仕切りを設置するのがおすすめです。

壁や天井に傷をつけない伸縮式パーティションは特に便利。

収納機能付きのパーティションを選べば、さらに使い勝手が良くなります。

移動が簡単なパーティションは、他の場所でも活用できて便利です。

DIYでオリジナル仕切りを作る

板やスノコを使って、簡単にオリジナルの仕切りを作ることができます。

ペイントを施せば、カントリー風、フレンチシャビー風、カフェ風など、お好みのインテリアスタイルに合わせることが可能です。

ヒノキのスノコを使うと、防虫効果と消臭効果を活かしつつ、ナチュラルな雰囲気も楽しめます。

布を活用した冷蔵庫裏の隠し方

最も手軽で効果的な冷蔵庫の裏側の隠し方は、布を使うことです。

冷蔵庫に布を直接かける場合、放熱を妨げないように長さや位置に注意が必要です。

天井から布を吊るしたり、突っ張り棒にカーテンを取り付けたりする方法もおすすめです。

壁に適した場所がなくても、床から天井に向けて設置できるタイプの突っ張り棒を使えば、簡単に設置できます。

これで部屋の見た目も簡単に変えることができます。

冷蔵庫裏の掃除の重要性

冷蔵庫の裏側の掃除はとても大切です。

なぜ冷蔵庫裏の清掃が必要なのか

冷蔵庫の裏側や側面には熱を排出する排気口があります。

この排気口から出る温かい空気がほこりを集め、汚れの原因となります。

この熱気に乗って上昇する細かいほこりやチリが、冷蔵庫だけでなく壁をも汚すことになります。

だから、冷蔵庫の裏だけでなく壁も一緒に、年に1~2回の掃除を心がけましょう。

冷蔵庫裏の清掃がなぜ重要か

冷蔵庫の裏側は熱を発散するため暖かく、食べ物のカスやほこりが集まりやすい場所です。

これにより、カビや害虫が繁殖しやすい環境が形成されます。

特にアレルギーや皮膚の問題を引き起こすカビやダニには注意が必要です。

これは、特に小さな子供やペットがいる家庭で重要です。

掃除をするときには、水漏れや他の異常も同時にチェックすることができます。

冷蔵庫裏のコンセント周辺も注意が必要です。

コンセントがある場合、プラグの状態やほこりの蓄積を確認しましょう。

ほこりがプラグの隙間に溜まると火災の危険があります。

冷蔵庫の裏を掃除することでの節電効果

冷蔵庫の裏にある排気口をきれいに保つことで、熱の排出が効率的に行われます。

排気口がほこりで詰まると、冷蔵庫が余計な電力を消費します。

そのため、定期的な掃除は節電にも繋がります。

冷蔵庫の寿命を伸ばすための清掃

冷蔵庫の一般的な故障はコンプレッサーやファンからの異常音です。

部品交換で解決することもありますが、冷蔵庫の寿命はおおよそ10年とされています。

定期的な清掃により熱放出を効率よくし、冷蔵庫への負荷を減らすことで、より長く使用できるようになります。

冷蔵庫の裏のお手入れ方法

冷蔵庫の裏側を掃除すると、気分もリフレッシュしますね!

自分で掃除をするコツ

冷蔵庫の下部分のパーツを外せば、移動がずっと楽になります。

リフターを利用して冷蔵庫を動かす手段もありますよ。

冷蔵庫の側面や背面には通気口が設けられており、ここにはほこりが溜まりやすくなっています。

ほこりが多くなると、冷蔵庫の放熱効果が低下し、過熱する恐れもあります。

定期的に掃除することは、節電にも役立ちます。

掃除機でほこりを吸い取ったり、綿棒や筆で細かいところを丁寧に掃除しましょう。

ただし、水分を使うとほこりが固まってしまう可能性があるので、注意が必要です。

プロに依頼する場合

プロの業者に依頼する場合、提供されるサービスは業者によって異なります。

一部の業者では、内部や冷蔵庫の上下部の清掃のみを行うところもあります。

冷蔵庫の裏側も含めてしっかりと清掃してもらえるかどうかは、依頼する際に確認が大切です。

料金は一般的に7,000円から8,000円くらいが相場のようです。

冷蔵庫と壁との適切な隙間の重要性

冷蔵庫の背面と壁の間には、適切な放熱のために一定の隙間を設けることが大切です。

効果的な放熱のためのスペース

冷蔵庫を設置する際は、冷蔵庫が熱を効率よく放出できるように、特定のスペースを空けることが必要です。

一般に、冷蔵庫の上部と側面には次のような空間が推奨されます。

  • 上部:少なくとも5cm
  • 側面:少なくとも1cm
  • 背面:特に規定なし

最新の冷蔵庫モデルでは背面のスペースが不要なものも多いですが、メーカーによっては特定の条件下で背面の空間を推奨しています。

例としては以下のような場合です。

  • Panasonic:コンセントが背面にある時や、結露や汚れが気になる場合は30mm以上
  • 日立:湿気による結露や壁の変色を防ぐために最低2cm
  • 東芝・三菱:通常は壁に設置できるが、振動音や壁の変色が気になる場合はスペースを確保
  • SHARP:最低でも1cm程度

冷蔵庫の効率的な運転と節電のためにも、適切な風通しを確保することが望ましいです。

また、地震などの際の安全を考え、転倒防止ベルトの使用も考慮すると良いでしょう。

冷蔵庫の大きさに関わらず、適切な放熱スペースは必要です。

しかし、小型の冷蔵庫の場合、特にこのスペースが重要になることがあります。

冷蔵庫と壁の間に隙間を設ける理由は以下の通りです。

  • 冷却効率を高める
  • 電力消費を減らす
  • 外装の変色や錆を防ぐ
  • 湿気による結露を防ぐ

その他にも、冷蔵庫はコンロや直射日光が当たる場所、他の電化製品の近くに設置しないようにしましょう。

設置場所を選ぶ際には、あらかじめ必要なスペースを測定し、最適な位置を確認しておくことが重要です。

まとめ

冷蔵庫の裏側が目立つ場合、視覚的な問題を解消するために幾つかの手段があります。

例えば、間仕切りを設置する、DIYで外見をアレンジする、布で覆うなどの方法が手軽で効果的です。

さらに、冷蔵庫の裏面は年に1〜2回の清掃が推奨されており、その際には壁の掃除も一緒に行うと良いでしょう。

これらの掃除には多くの利点があります。

また、冷蔵庫の説明書を見返して排気口の位置を確認することも大切です。

愛用している冷蔵庫を長く使い続けるために、これらのポイントに注意してみてください。