PR

ダイソーの小さめマスク:在庫状況と代替案の案内

マスク 生活

ダイソーでは、小顔の方にも合う小さめサイズのマスクが売られています。

コストパフォーマンスに優れたダイソーのマスクが人気を集めている一方で、「ダイソーで小さめマスクが見つからない」「もしかしてもう販売していないの?」という噂がネットで広まっています。

この記事では、ダイソーの小さめマスクが見つからない理由と、現在の在庫状況や代替品について詳しくご紹介します。

ダイソーの小さめマスク:なぜ売り切れているのかと現在の状況

実は、ダイソーの小さめサイズのマスクは廃盤や販売終了にはなっていません(2023年11月現在)。

全国のダイソー店舗や公式オンラインショップで販売されています。

ダイソーで取り扱っている小さめサイズのマスクは以下の通りです。

  • 不織布マスク(小さめサイズ、20枚入り)
  • 不織布マスク(小さめサイズ、30枚入り)
  • 不織布マスク(ノーズワイヤー付き、小さめサイズ、30枚入り)
  • 立体マスク(小さめサイズ、10枚入り)
  • 至福の息かるマスク(小さめサイズ、5枚入り)
  • カラー不織布マスク(ブラック、小さめサイズ)

店舗にマスクがない場合、その店舗が一時的に売り切れているだけかもしれません。

マスク着用の規制緩和後も、マスクへの需要はまだ高く、ダイソーのマスクは品薄が続いています。

再入荷してもすぐに売り切れることが多いので、在庫があるときは早めに購入することをお勧めします。

ダイソーの不織布マスク:箱入りと袋入りの特徴

ダイソーでは、不織布マスクを2種類のパッケージで提供しています。

箱入りと袋入りです。

これらのマスクは厚さが異なります。

袋入りのマスクは箱入りよりも薄手で、透け感が少しあるようです。

パッケージに書かれている内容も違います。

箱入りには「花粉」「細菌」「ホコリ」との記載があるのに対し、袋入りでは「花粉」「飛沫ウイルス」「PM2.5」対応と記されています。

ただ、これらはただの表記上の違いで、マスクの実際の性能には箱入りと袋入りで大きな差はないようです。

ダイソーのマスク利用者の評価

ダイソーのマスクを使った人々のレビューを紹介します。

一般的に安いマスクは着け心地が悪いとか耳が痛くなりやすいとされがちですが、ダイソーのマスクは「快適」「耳に優しい」といった良い評価が割とあります。

特に、小顔効果があるとされるマスクは、見た目と快適さから女性に好評です。

さらに、メガネを掛けたままのマスク着用で問題となることが多い曇りに関しても、ダイソーの「メガネがくもりにくいマスク」は、メガネを掛けていても曇らないというコメントもありました。

ダイソーマスクの欠品時におすすめの代替マスク

ダイソーマスクが入手困難な時の代替として、以下のマスクを推奨します。

アイリスオーヤマ「ディスポーザブル プリーツ型マスク」

ダイソーのマスクが手に入らない時に良い選択肢となるのが、アイリスオーヤマの「ディスポーザブル プリーツ型マスク」です。

このマスクは、両サイドのVカット加工が顔に密着し、隙間を最小限に抑えるよう設計されています。

耳ひもも柔らかく、長時間着用しても耳が痛くなりにくいです。

アイリスオーヤマのマスクは、ドラッグストアやコンビニで購入できますが、オンラインショップで購入するとよりお得な場合が多いです。

ユニチャーム「超快適マスク 小さいサイズ」

コストパフォーマンスを重視する方にはアイリスオーヤマのマスクが適していますが、ユニチャームの「超快適マスク 小さいサイズ」もおすすめです。

有名なので知っている方も多いかと思いますが、マスクの質感や使い心地が非常に良いです。

特に、耳にかけるひものタイプが耳にやさしいのが魅力的です。

まとめ

今回、ダイソーの小さめマスクが見つからない理由、在庫情報、および代替品に関する情報を提供しました。

ダイソーの小さめマスクは販売を停止していなく、現在もダイソーの各店舗や公式オンラインショップで購入可能です。

コストパフォーマンスの高いダイソーのマスクは引き続き人気が高く、在庫がすぐに無くなることが多いため、店頭で見つけた際は速やかな購入をおすすめします。