PR

友人にディズニーチケットを譲る方法:緊急時の対応について

チケット 生活

東京ディズニーランドやディズニーシーのチケットを友人に譲ることはできます。

ディズニーチケットの購入方法には大きく分けて二つあります。

ひとつはアプリを利用した電子チケットの購入、もうひとつはコンビニなどでの紙チケットの購入です。

この記事では、これらのチケットを譲る際の手順について解説します。

急に行けなくなって友達に譲ったり、購入した本人が行かない場合はどうなるのか?など疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてください。

友人にディズニーチケット譲る方法

購入したディズニーチケットを友人に譲ることはできますが、その方法はチケットの購入方法によって異なります。

アプリで購入したチケットの譲渡方法

この方法は、例えば親が子供のためにチケットを購入した場合も同じです。

チケットを購入した人のアカウントと、チケットを受け取る友人のディズニーアカウントが必要です。

アプリを利用して、購入したディズニーチケットを友人に譲る場合の手順は以下の通り。

  1. チケット購入者は、自分のアカウントで「グループ」を作成します
  2. このグループにチケットを譲りたい友人を招待します
  3. 友人はグループに参加することで、すでに購入されているチケットを利用できるようになります

ここで重要なのは、チケットを譲った後も、グループから自分の名前を削除しないことです。

コンビニで購入したチケットの譲渡方法

コンビニで購入した紙のチケットを譲る方法は、とても簡単です。

未使用の紙チケットを、そのまま友人に渡すだけです。

ディズニーランドやディズニーシーに入園した後、アプリを使って紙チケットのQRコードを読み取り、チケットを利用します。

ディズニーチケット譲渡の可能性と手順について

ディズニーチケットは、急用で行けなくなるなど、予定が変わった場合に他人へ譲渡することは可能です。

やり方は、先ほどの、友達に譲る方法と同じです。

紙チケットの場合は、紙のチケットを他人に渡すだけなので簡単ですが、アプリの場合は、先ほど紹介したようにグループ作成して招待する必要があります。

都合が悪くなって延期したい場合は、譲渡ではなく日付を変更をするという方法もあります。

アプリでのチケット購入では返金はできませんが、日付の変更は可能です。

紙チケットの場合は返金が可能ですが、返金期間の制限や手数料がかかることがあります。

SNSや転売サイトを通じたチケット譲渡には、トラブルのリスクが伴い、転売チケットでは入園できない可能性もあるため推奨されていません。

ディズニーランドに行く予定が決まったら、早めのチケット購入が適切です。

売り切れの場合でも、チケット在庫が回復することもあるので、公式の購入ルートを利用するのが安心です。

ディズニーチケットの購入者が入園しない場合の取り扱い

アプリを利用した電子チケットの購入の場合に気になることのひとつに、購入者が行かない場合はどうなるのか?という疑問があるかもしれません。

ディズニーチケットを購入した本人が入園しなくても、問題はありません。

チケットの購入者と、実際の入園者が異なる名前であっても、入園することが可能です。

アプリを通じて購入したチケットの場合は、これまでお伝えしたように、購入者と入園する人はアプリ内でグループを作成する必要があります。

この際、グループから購入者の名前を削除しないことが大切です。

グループの人数と実際に入園する人数が異なる場合があっても、これによる問題は発生しません。

まとめ

ディズニーチケットを友人に譲ることはできますが、アプリを利用した電子チケットの購入か、コンビニなどでの紙チケットの購入でやり方が異なります。

アプリを使って「グループ」機能を通じてチケットを共有する場合、そのグループ内でチケット購入者の名前を消さないようにしてくださいね。

他人に譲る方法も同じです。

購入者が入園しない場合はも、グループ機能を使えば問題ありません。

この場合も、チケット購入者の名前を消さないようにしてくださいね。