PR

アレクサの予期せぬ音声・会話発生の理由と対応策をご紹介

スマートスピーカー 生活

アレクサのようなスマートスピーカーは、忙しいときに音楽を流したりタイマーをセットしたりするのに大変便利です。

しかし、時々思いがけず音を出したり話し始めたりすることがあります。

実は、わが家にあるアレクサも日常の中で突然音を出すことがあり、初めのうちは特に気に留めていませんでした。

でもこれが何度も起こると、だんだんと気になってきました。

そこで、アレクサが突然音を出す理由と、その音を止めるための設定方法を調べました。

加えて、アレクサが不意に話し始めたり、逆に反応しなくなる原因とその解決法についてもご紹介します。

アレクサが突然音を出す理由とその対策

アレクサによる突発的な音声発生は、適切な設定変更によって容易に解決可能なことが多いです。

多くの方が経験するであろう、アレクサによる予期せぬ音の発生。

私の家にもアレクサがあり、何も操作していないのにいきなり音が鳴ると、毎回驚いてしまいます。

この問題について調べてみたところ、音が鳴る時間帯や音のタイプによって原因が異なることが明らかになりましたが、多くの場合は設定の見直しで改善されます。

アレクサが突然音を出す代表的な状況は次の3つです。

  • Bluetoothの接続不安定
  • 通知を知らせるサウンド
  • 自動で音量の調整をしている(深夜)

アレクサが不意に音を発する原因と、それを防ぐための具体的な設定方法について、これらの3つの例に解説します。

ぜひ、自宅のアレクサで試してみてください。

Bluetoothの不安定な接続が引き起こすアレクサの音

まず考えられるのは、Bluetoothの接続が不安定であるためにアレクサが突然「ピポッ」や「パポッ」という音を発する場合です。

この問題は、Bluetoothの接続が不安定で、ONとOFFを繰り返すことが原因です。

Bluetoothの接続を切るのは非常に簡単で「アレクサ、接続を切って」と声をかけるだけで済みます。

これによりBluetoothの接続が切れ、音が鳴ることもなくなります。

アレクサアプリを開いて設定を変更する必要がなく、音声コマンドだけで操作できるため、便利です。

もちろん、アレクサの本体やアプリを使用してBluetooth接続を切る方法もありますので、自分に合った方法を試してみてください。

通知によって発生するアレクサのサウンド

次に、通知が原因でアレクサから音が鳴るケースです。

通知が届くと、デバイスが短いサウンドを出すよう設定されていることがあります。

このような場合、アレクサアプリを使って、デバイスごとに通知音の設定を「なし」にするとよいです。

通知音をOFFにしてサウンドを消す方法は以下の通りです。

  1. 「Echo・Alexa」セクションから、変更したいデバイス(例えば寝室のデバイス)を選択します
  2. 右上の歯車アイコンをクリックして、設定画面に移動します
  3. 下にスクロールして「サウンド」を選択します
  4. サウンド設定の中から「通知」を選び、「デフォルト」から「なし」に変更して設定を完了させます

自動で音量の調整をしている(深夜に鳴る場合)

深夜に限定された時間帯に、アレクサから突然音が出ることがあります。

この音は、アレクサが音量を調整する際に発する短い音と同じです。

実際には、アレクサが毎夜決まった時間に音量を自動調整しているためにこの音が発生しています。

特に「Echo Dot」をお使いの方は、午前2時から4時の間に「プッ」という小さな音でびっくりした経験があるかもしれません。

多くの場合、購入時の設定で「朝の音量」が有効になっており、指定された時間に音量を自動で調整するようになっています。

ただし、この機能は機種によって異なり、すべてのアレクサで起こるわけではありません。

この自動音量調整は便利な機能ですが、深夜に突然の音が鳴ると少し驚くこともあります。

特に、夜中に予期せぬ音に敏感な方には気味が悪いかもしれません。

深夜の不意な音に悩まされないように、以下の手順で「朝の音量」設定をOFFにし、安心して眠れるようにしましょう。

  1. アレクサアプリを開き、定型アクションメニューにアクセスします
  2. 「朝の音量」という設定を見つけ、それをOFFにします

アレクサが不意にしゃべる理由と対処法

アレクサが突如として話し出す現象の主な原因は、テレビやラジオの音、または日常会話がアレクサの呼びかけと間違えられることにあります。

多くの方が、アレクサが予期せずに会話を始めるという経験をしているかもしれません。

通常、アレクサに指示を出す時「アレクサ、電気を消して」といったフレーズを使用します。

しかし、会話中に「アレクサ」と似た音が出るとか、テレビCMで「アレクサ!」という呼びかけにアレクサが反応することもあります。

Amazonではこの種の誤反応を防ぐために技術の改良に努めていますが、まだ完全には解決していません。

アレクサが突然話し出した際の対処方法と、誤反応によって生成された音声履歴を削除する方法を紹介します。

ウェイクワード変更でアレクサの誤反応を減らす方法

アレクサの誤反応を減らすための最初のステップは、ウェイクワードの変更です。

ウェイクワードとは、例えば「アレクサ、〇〇して」と言う際の「アレクサ」という部分のことです。

選べるウェイクワードは以下の4つです。

  • アレクサ
  • アマゾン
  • エコー
  • コンピューター

「アマゾン」という言葉は日常生活でよく使われるため、ウェイクワードとしては少し使いにくいかもしれません。

また、「コンピューター」という呼びかけは長くて少し不便かもしれません。

現在は好きな名前をウェイクワードに設定することはできませんが、将来的にはそのような機能が追加される可能性もあります。

ウェイクワードを変更する方法は次のとおりです。

  1. アレクサアプリで「デバイス」セクションを開きます
  2. 変更を希望するデバイスを選択します
  3. 右上の歯車マークをタップして「ウェイクワード」を選びます
  4. 利用可能なリストから好きなワードを選択して変更します

各デバイスに異なるウェイクワードを設定することで、デバイスを個別に認識しやすくなります。

通常は「アレクサ」という名前が使用されていますが、他の名前に変更することで認識のしやすさが向上するかもしれません。

ぜひ一度試してみてください。

アレクサの音声注文機能をオフにする方法

アレクサでの音声注文を無効にする方法について解説します。

この話には、面白い実例があります。

2016年、アメリカで6歳の女の子がアレクサに「ドールハウスが欲しいの!」と話しかけ、親が気づかないうちにAmazonでドールハウスが注文されてしまったことがありました。

このようなことは笑い話になることもありますが、思いがけず商品が注文されるのは困りますよね。

そこで、アレクサを使った音声ショッピングをオフにする方法をご紹介します。

  1. アレクサアプリを開き「その他」を選択します
  2. 「設定」に進みます
  3. 「アカウントの設定」を開きます
  4. 「音声ショッピング」の設定を見つけ、オフにします

また、購入時に認証コードの入力が必要となるよう設定することもできます。

これらの設定を行うことで、家庭内で小さな子どもがいても、アレクサを安心して使用できるようになります。

アレクサが突如関西弁で話す理由

アレクサが急に関西弁で話し出すことがありますが、これにはある理由があるようです。

現時点で明確な原因は特定されていませんが、アレクサが利用者の現在地や会話内容を分析し、それに基づいて関西弁に適応している可能性があるとされています。

アレクサには学習機能が備わっており、利用者の環境や過去の関西地方に関連する情報を基に関西弁を話すようになった可能性があります。

日々進化するアレクサが、ちょっとした情報から関西弁を話し始めるのは興味深い現象ですが、長く続くと不便に感じることもあります。

アレクサを標準語に戻す方法としては、まずアレクサの電源を抜いて再起動し「アレクサ、標準語に戻して」と繰り返し話しかけるという方法があります。

これで改善されない場合は、Amazonのカスタマーサポートに問い合わせてみるのが良いでしょう。

アレクサが反応しない際の主な原因と対応策

アレクサが突然反応しなくなった場合、主な原因は2つあります。

Wi-Fi接続に問題がある場合と、サービス障害が起きている場合です。

簡単に試せる対処法も紹介するので、落ち着いて一つずつ確認してください。

反応しない2つの主な原因

アレクサが反応しなくなる主な理由は2つあります。

それぞれの原因を見ていきましょう。

Wi-Fi接続に問題がある場合

アレクサが応答しない場合、Wi-Fi接続に問題がある可能性が高いです。

アレクサのライトリングがオレンジ色に点滅している場合は、接続が不安定である可能性があります。

他のデバイスがWi-Fiに接続できているか確認し、できていない場合はルーターの再起動を試してみましょう。

サービス障害が起きている場合

アレクサが「すみません、ちょっとうまくいきませんでした」と言う場合は、サービス障害が起きている可能性があります。

この場合、ユーザー側でできる対処法は限られています。

再起動や初期化を試しても効果がないことが多いため、サービスの復旧を待ってから再度トライすることをおすすめします。

アレクサが反応しない際の対処法

アレクサが応答しなくなった時に試すべき対処法を7つ紹介します。

冷静に一つずつ試してみましょう。

コンセントの接続状態を確認

最初に行うべきことは、コンセントの接続状態を確認することです。

時々、コンセントが緩んでいたり、完全に挿入されていなかったりすることがあります。

また、電源コードを変更した場合、問題が発生する可能性もありますので、元のコードに戻して試してみてください。

アレクサの再起動

一時的なエラーの可能性もあるため、アレクサを再起動することをおすすめします。

これは簡単に行えます。

アレクサの電源アダプタをコンセントから抜いて少し待った後、再度接続します。

ランプの変化が再起動が完了したことを示します。

設定をリセット

再起動しても問題が解決しない場合は、アレクサを工場出荷時の状態にリセットしてみましょう。

リセットの方法はEcho端末の種類によって異なりますが、一般的にはアクションボタンの長押しやリセットボタンの長押しで行えます。

画面付きのデバイスでは、画面上の操作でリセットが可能です。

マイクのミュート状態の確認

アレクサのマイクがミュートになっている場合、応答しないことがあります。

アレクサ端末のライトが赤く点滅しているかを確認し、ミュートされていれば解除してください。

ミュートボタンを押すだけで簡単に解除できます。

赤いライトが点滅している場合は、アレクサにエラーが発生している可能性があります。

その際は、他の対処法を試してみてください。

アクションボタンを利用する

アレクサが応答しない時には、アクションボタンの使用を試してみてください。

このボタンを利用すると「アレクサ」と声をかけることなく直接指示を出すことが可能です。

ただし、アクションボタンを押した後は速やかに話しかけることが重要です。

時間が限られているので、ボタンを押した直後にすぐに指示を与えましょう。

設置場所を見直す

アレクサの設置場所や環境が、Wi-Fiの接続品質や音声認識に影響を与えることがあります。

反応が鈍い場合は、設置場所の変更が効果的です。

特に、Wi-Fiルーターの近くに設置することで、より安定した接続を得られる可能性があります。

また、アレクサが声をクリアに拾えるよう、テレビや他の音源から離れた静かな場所に移動するのが良いでしょう。

ライトの色で問題を判別する

アレクサのライトの色を確認することにより、起きている問題の種類や原因を推測することができます。

例えば、ライトが赤色に光っている場合、マイクがオフになっている可能性があります。

紫色のライトが点灯している時は、おやすみモードがオンになっているか、Wi-Fi接続に問題が発生していることを示しています。

ライトの色をチェックし、それに応じた適切な対処を試してみましょう。

まとめ

アレクサが突然音を発したり、話し出したり、反応しなくなる原因とそれらの問題に対処する方法について解説しました。

アレクサが突然音を発する場合、主に3つの原因が考えられます。

Bluetoothの不安定な接続が原因の場合は「アレクサ、接続を切って」と声をかければOK。

通知音が鳴っているときは、設定メニューから通知音をOFFにすることで対応できます。

また、深夜に音が発生するのは、自動で音量が調整されているためで「朝の音量」設定をOFFにすることで防げます。

アレクサが突然話し出すのは、テレビやラジオの音、日常会話を呼びかけと誤解しているためです。

これを防ぐには、ウェイクワードを変更する方法が有効です。

また、誤反応によるネット注文を防ぐには、音声注文機能を無効にする設定が効果的です。

アレクサが突然関西弁で話し出すのは、現在地や会話の内容に基づいて自動的に関西弁に対応しているためです。

そして、アレクサが反応しない原因は、主にWi-Fiの接続問題かサービス障害の2つです。

これらの問題に対する対処法は、どれも簡単に試すことができます。

それでも問題が解決しない場合は、Amazonのカスタマーサポートに連絡してみましょう。