PR

“ゆう”と”いう(言う)”の使い分け

いう と ゆう 生活

私たちの日々の会話の中で、似た表現や言葉によく出くわします。

これらの表現を間違えて使うと、時には公の場で恥をかくこともありますので、言葉の正しい意味や使い方を理解しておくことは大切です。

特に、”いう”と”ゆう”の違いはしばしば話題になります。

この記事では「ゆう」と「いう(言う)」の違いや、「そうゆう」と「そういう」との違い、また、使い方に間違いがあるのかなどを解説します。

言葉の違いとしての”いう”と”ゆう”

“いう”とは、一般的に「言葉を口に出す」という意味が辞書に記されています。

一方で、”ゆう”という言葉は辞書には載っていないことが多いです。

にもかかわらず、日常会話では”ゆう”という言葉をよく耳にします。

実際に発音してみると、”いう”よりも”ゆう”の方が発音しやすいことが明らかになります。

これは、”ゆう”が同じ母音で構成されているため、発音しやすいのです。

歴史的に見ると、江戸時代の頃から”いう”が”ゆう”と発音されるようになったと言われています。

口語では発音のしやすさから”いう”から”ゆう”へと変化が広がったようです。

しかし、文章での使用についてはどうでしょうか。

最近では、文章においても”ゆう”と表記されることがあります。

「いう」と「ゆう」の現代日本語での使い方について、日本政府による現代仮名遣いのルールでは、口頭では「ゆう」と発音しても、書き言葉では「いう」と表記するのが推奨されています。

これは、公式文書やフォーマルな文書では「ゆう」と書くことを避け、正式な試験などでは間違いとされる可能性があることを示しています。

しかし、近年では文書内でも「ゆう」という表現がよく用いられるようになっています。

この傾向は、SNSの普及が影響していると思われます。

SNSでは、友人や知人とのやりとりで日常会話のような口語表現を使用することが多く、それが文章にも反映されるようになったのでしょう。

SNSでは、話し言葉と同じような表現を用いることで親近感を表現することが一般的です。

「ゆう」という言葉が「頭が悪い」と見なされるかどうかは、その使用状況によります。

SNSでの友人や知人とのコミュニケーションでは、「ゆう」を使っても問題なく、親しみを感じることができます。

しかし、ビジネス関連やあまり親しくない人とのやりとり、公式の文書などでは、「いう」の使用が適切です。特に紙の文書では、正しい表記を心掛けることが大切です。

「そういう」と「そうゆう」の正しい使用法

「そういう」と「そうゆう」の使い方について見ていきましょう。

どちらかが間違っているのでしょうか?

書き言葉では、「そういう」が正しい表現とされています。

しかし、日常会話で「そうゆう」と発音することは間違いではないとされています。

特に、SNSで親しい人とのコミュニケーションでは「そうゆう」と書いても構わないでしょう。

ただし、公式の文章や正式な文書では「そういう」を使うのが日本語の規則に沿っています。

それでも、SNSでの「そうゆう」の使い方が広まっているため、SNS以外の文章でもこの表現を使う人が増えています。

この傾向は特に若者の間で顕著で、「そうゆう」と書くことが可愛らしいと受け取られることもあります。

しかし、社会人としては、このような表現を使うと知性が疑われる可能性があり、信用にも影響を与えかねないため、避けるのが賢明です。

まとめ

「いう」と「ゆう」、そして「そういう」と「そうゆう」の違いに関する説明をしました。

このような似ている言葉の意味や使い方を正しく理解するためには、一つずつ丁寧に学ぶことが重要です。

日常生活の中で、こうした似た表現をきちんと理解し、上手に使っていくことが大切だと思います。