PR

賽銭で運気アップ!115円の不思議なパワーとその理由

賽銭箱にお賽銭を入れているところ 生活

賽銭には通常、5円玉を使うことが多いですが、最近ではより良い縁を引き寄せるために115円を奉納するという方法が注目されています。

実は、数字の組み合わせには特別な意味が込められているんです。

この記事では、なぜ賽銭として115円が適しているのか、また、運気を高める金額や硬貨、避けた方が良い金額や硬貨についてご紹介します。

なぜ賽銭に115円が良いのか

115円がなぜ5円よりも運気に良いとされるのか、その理由を見ていきましょう。

語呂合わせの魔法

115円を選ぶ際のキーポイントは、その語呂合わせにあります。

「1=い」「1=い」「5円=ご縁」という組み合わせで、「いいご縁」に恵まれると言われています。

通常の5円賽銭は「ご縁がありますように」と願いますが、115円を使うことで、さらに強い「いいご縁」を引き寄せることができるとされています。

恋愛や友達作り、仕事のつながりなど、新しいご縁を望む時に115円がおすすめです。

風水におけるプラスの効果

また、風水の面から見ても、115円は良い影響をもたらすとされています。

  • 大成功を手に入れる
  • 財運や運気を向上させる
  • 最強の開運数字

このように、115円にはさまざまな良い意味があると言われています。

普段から115円を小袋に入れてお財布に入れておくことも、運気アップのための一つの方法です。

縁起の良い賽銭の金額とその語呂合わせの秘密

賽銭を納める際には、さまざまな金額から選べますが、それぞれに縁起の良い意味が込められた語呂合わせが存在します。

115円だけでなく、以下のような金額も運気を呼び込むとされています。

  • 5円:「ご縁」を象徴
  • 10円(5円玉2枚):重ね重ねご縁
  • 11円:いい円(良い縁)
  • 15円:十分なご縁
  • 20円:二重にご縁
  • 25円:二重にご縁
  • 35円:再三ご縁
  • 50円:五重のご縁
  • 55円:いつでもご縁
  • 100円:百のご縁
  • 125円:十二分にご縁
  • 415円:よいご縁
  • 485円:四方八方からご縁
  • 2525円:ニコニコ
  • 2951円:福来い
  • 4129円:よい福
  • 9674円:苦労なし
  • 一万円:円満

賽銭には決まった金額のルールはありませんので、お願い事に応じて、心に響く語呂合わせの金額を選ぶのがおすすめです。

避けたいお賽銭の金額とその語呂合わせ

お賽銭で避けるべき金額には、以下のようなものがあります。

こちらも語呂合わせです。

  • 10円=遠縁になる
  • 33円=散々な目にあう
  • 65円=ろくなご縁がない
  • 69円=ろくなことがない
  • 75円=なんのご縁もない
  • 85円=やっぱりご縁がない
  • 95円=苦しいご縁にあう
  • 500円=これ以上効果(硬貨)がない

これらの金額は、語呂合わせから不吉な意味が読み取れるため、避けるのが良いでしょう。

参拝時には、これらを避けて良い縁を引き寄せるようにしましょう。

お賽銭に適した硬貨と避けるべき硬貨

お賽銭に適した硬貨と、避けたほうが良い硬貨を見ていきましょう。

良い縁を呼び込む硬貨

  • 5円玉
  • 50円玉

穴の開いた5円玉や50円玉は、未来が見通せる、運が流れるといった縁起の良い意味合いがあります。

一方、避けるべき硬貨も存在します。

避けるべき硬貨

  • 10円玉
  • 500円玉

先ほどもお伝えしたように、10円玉は縁が遠のく、500円玉はこれ以上の効果(硬貨)を期待できないとされています。

良い縁起の115円をお賽銭する際は、100円玉1枚と5円玉3枚の組み合わせがオススメです。

適切なお賽銭の金額とは

お賽銭の金額に決まりはありません。

高額なお賽銭が効果的だと思うかもしれませんが、本来の意味を考えると異なる考え方があるでしょう。

昔は、お賽銭は神様への感謝を表すためのものでした。

しかし、今日では願い事を叶えてもらう目的で奉納されることが多いようです。

「願い事を叶えるために多くのお金を奉納する」という考え方は、本来の意味から少し離れています。

神様は日々の努力を見守っており、それに応じて願いを叶えてくれるかもしれません。

お賽銭の金額は、無理なく感謝の気持ちを表せる範囲で決めるのが良いでしょう。

お札をお賽銭として奉納する際の作法

ここまで主に硬貨についてお伝えしました。

お賽銭として「お札」を奉納する際には、守るべきマナーがあります。

  • 新しい紙幣を用意する
  • 白い無地の封筒に入れる
  • 封筒に住所と氏名を記入する

新しい紙幣を用意するのは、神様への敬意を示すためです。

この新札を白い無地の封筒(賽銭袋)に入れ、封筒には「御初穂料」と書き、裏面に自分の住所と名前を記入します。

これにより、宮司さんがお賽銭を神様に奉納する際、奉納者を神様に知らせることができます。

まとめ

お賽銭には定められた金額がないため、縁起を担いで語呂合わせを使って金額を選ぶ方法も良いでしょう。

実は、語呂合わせで選ばれる縁起の良い金額は意外に多いものです。

しかし、一番大切なのは、神様に対する感謝の気持ちを伝えること。

金額にとらわれず、心からの感謝を持ってお参りすることが重要です。