PR

サクサク復活!しなびたポテトチップスをよみがえらせるコツ

ポテトチップス

ポテトチップスは手軽なスナックとして人気ですが、開封後は翌日にはしなびてしまうこともありますよね。

そんなしなびたチップスは、食欲をそそらず、結果として捨てられがちです。

実は、しなびたチップスを元通りのサクサクに戻す方法があるんです!

この記事では、そんなポテトチップスを復活させるコツをいくつかご紹介します。

しなびたポテトチップスでも安心!カリカリに戻す方法

開封したポテトチップスを一度に全部食べきるのは難しいですよね。

翌日になると、しなびてしまってもう食べたくなくなることも。

でも、そんな時も心配無用です。

実は、しなびたチップスを元のカリカリな状態に戻す簡単な方法が存在するのです。

ポテトチップスがしなびる主な理由は、水分の影響です。

普段は密封されているため水分が入り込まず、カリカリの食感を保っています。

しかし、開封後は水分が入りやすくなり、しなびてしまいます。

特に湿気の多い時期は、湿気りやすいです。

しなびたチップスを再びカリカリにするには、レンジやトースターで温める方法と、冷蔵庫や冷凍庫に入れておく方法があります。

これらの復活テクニックを紹介し、実際に試した結果を共有します。

しなびたチップスを再びカリカリに!水分対策で復活させる方法

それでは、しなびたチップスを復活させる4つの方法をご紹介します!

実際に、しなびたポテチ(それぞれ10g)で試しました。

電子レンジで加熱する方法

しなびたポテトチップスは、電子レンジで元の状態に戻せます。

やり方は簡単です。

  1. チップスをお皿に広げます
  2. 500Wで30秒加熱(量によって加熱時間を調整)

これで、再びカリカリのポテトチップスが楽しめます。

できたては温かいです。

ちょっと時間が長いと焦げてしまうので、10秒くらいずつ様子を見ながらが良いと思います。

トースターで加熱する方法

しなびたポテトチップスを加熱する方法には、電子レンジ以外にも、トースターを使う方法があります。

こちらも簡単です。

  1. アルミホイルを敷いた天板にチップスを並べます
  2. 140度で2分加熱(量に応じて加熱時間を調整)

この方法なら、電子レンジを使うよりもさらにカリカリに仕上がります。

ただし、焦がさないよう注意が必要です。

ちょっと時間が長かったり、温度が高い(ワット数が高い)と焦げるので注意しましょう。

冷蔵でチップスを再びサクサクに

温める方法に続き、今回はチップスを冷やす方法をご紹介します。

まずは、ポテトチップスを冷蔵庫に入れておく方法です。

  1. ジップロック袋にチップスを入れ、空気をきちんと抜く
  2. 3時間以上冷蔵庫で冷やす(時間が長いほど良い)

この手順で、しなびたポテトチップスが見違えるほどにサクサクになります。

冷蔵庫に入れていてもそこまで冷たいと感じませんが、夏場に良いかもしれません。

冷凍庫でパリパリに復活させる方法

冷凍庫を使う方法もあります。

ポテトチップスを密閉袋に入れ、冷凍庫で1時間冷やすだけです。

これで、パリパリとした食感のチップスが完成します。

冷蔵庫で冷やすよりも、よりカリカリな食感を楽しむことができます。

ポテトチップスを復活させる4つの方法を紹介しました。

温めるか冷やすかによって食感に違いが出ますが、どの方法も効果的です。

まとめ

しなびてしまったポテトチップスにも対処法はありますので、心配は無用です。

今回は、簡単にできる4つのチップス復活方法を紹介しました。

特に私がおすすめするのは、トースターを使った温め方です。

電子レンジでも良いですが、トースターの方がよりカリカリとした食感が楽しめます。

時間が許せば、冷やして復活させる方法も試してみると良いでしょう。

ポテトチップスはおやつとして人気ですし、しなびてしまっても、再び美味しくすることができればさらに楽しめます。

ただし、ポテトチップスはカロリーが高いので、食べ過ぎには注意してくださいね。