PR

「おみあげ」と「おみやげ」正しいのはどっち?間違いがあるのかを調べました

手土産 生活

旅行の醍醐味のひとつは、やはりお土産選びではないでしょうか。

「○○のためにこれを買おう」と思っていても、いつの間にか自分のお土産が増えているなんてことが、よくあります。

その土地特有のものだから、ついつい手に取ってしまうんです。

そして、迷うときって結局買っちゃうことが多いです。

さて、気になる「お土産」という言葉。

なぜ「おみやげ」と読むのでしょうか。

「土」は「み」で、「産」は「やげ」?それとも「土」は「みや」で、「産」は「げ」?ちょっと考えさせられますね。

そんなわけで、この記事では「お土産」という言葉の由来に迫ってみました。

なぜ「お土産」を「おみやげ」と読むのか?その起源を探りました

「土産」という言葉は、もともとは「その土地の産物」という意味で、「とさん」や「どさん」と読まれていたんですね。

しかし、「みやげ」という読み方は、どこから来たのでしょうか?

実はこれ、「しっかり見て選び、人に贈るもの」という意味の「見上げ」が元になっているんです。

この「見上げ」が時間を経て「みやげ」に変わったんですね。

「お土産(みやげ)」は、「見上げ(みあげ)」という意味を込めて、「土産」という文字を使った表現なんです。

このことから、「おみやげ」も「おみあげ」も、どちらも間違いではないと考えられます。

このように「お土産」は、音と文字で異なる語源を持つため、一見しただけでは読めない漢字の読み方となっています。

「見上げ」と「土産」は本来別の意味を持つ言葉でしたが、室町時代にこれらが混ざり合い、「土産」が「みやげ」と読まれるようになったんです。

現在の辞書を見ると、「おみやげ」としか記載されていません。

「おみあげ」という表記は、辞書にはないようです。

「おみあげ」が語源だとされていることもありますが、今では「おみやげ」が一般的な表記となっています。

さらに、「みやげ」の語源には次のような別説もあります。

・屯倉(みやけ)
・都笥(みやけ)
・宮倉(みやけ)
・宮笥(みやけ)

お伊勢参りとお土産文化のはじまり

昔の日本では、一生に一度の夢としてお伊勢参りを願う人が多かったです。

しかし、お伊勢参りはかなりの費用がかかり、なかなか実現できないこともしばしばでした。

そんな中、共同でお金を貯めてお伊勢参りを実現させる「お伊勢講」という制度が生まれました。

メンバーが定期的に金銭を出し合い、たまった資金でくじで選ばれた代表者をお伊勢参りに送り出すというわけです。

「自分は行けなくても、代表者が祈願してくれる」という思いで、みんなで支え合っていたんです。

そして、お伊勢参りから帰ってきた代表者が持ち帰る「宮笥(みやけ)」が、お土産の起源とされています。

宮笥は、神社で受け取るお札を入れるための板です。

最初は宮笥だけがお土産でしたが、次第に伊勢神宮周辺で地元の特産品を扱う店が増え、様々なお土産が販売されるようになりました。

お伊勢参りのお土産と言えば、やはり「赤福」が有名ですね。

赤福は1700年頃、江戸時代に創業しました。

その当時、お伊勢参りに訪れた人たちは赤福を味わったり、お土産として購入したりしていたようですが、赤福は日持ちしないんです。

現代でも、お伊勢参りをした人たちは、現地ではなく、帰路の駅や空港で赤福を買うことが多いくらいですので。

このことから、江戸時代には赤福をお土産として持ち帰らなかったのではないでしょうか。

もしかしたら、創業当初の赤福と今の赤福には何かしらの違いがあったのかもしれませんね。

まとめ

「お土産」という言葉についてお伝えしました。

「お土産」と書いて「おみやげ」と読む、このユニークな読み方の理由は、漢字の「お土産」と読みの「おみやげ」が異なる語源に基づいているからです。

「土産」とは、「その土地の産物」という意味で、当て字で表されています。

お土産の習慣は、お伊勢参りが起源とされています。

旅行費用を出してくれた人々へのお礼として、旅先で商品を買って帰る風習がありました。

私自身、まだお伊勢参りには行ったことがないのですが、妹はよく行くので、赤福をお土産にいただくことが多いです。

そのうち、実際にお参りに行ってみたいと思っています。