PR

紙の本の重さを知ろう!雑誌、単行本、文庫本の目安

本 生活

デジタルが主流の今でも、紙の本を選ぶ人はたくさんいます。

手でページをめくる感触が、読書体験をより豊かにしてくれるのかもしれませんね。

ファッション関連の雑誌や、趣味に特化した実用書、さらにはマンガや小説など、様々な種類の単行本や文庫本が読まれています。

本を持ち歩くのが面倒だと感じることもあるでしょう。

しかし、実際には多くの人が本の重さについて詳しく知らないものです。

毎日の荷物に応じて本を選ぶ際、その重さの目安を把握しておくと、とても便利ですよ。

雑誌と実用書の重さ:種類別平均値

一般的なファッション雑誌の重さは、おおよそ650gだと言われています。

これは、A4サイズくらいで、1cmほどの厚さの雑誌の場合の話です。

市販されている雑誌の多くは、この650gを越えることはまれで、もし薄くて軽いと感じる雑誌があれば、それは650gよりも軽い可能性が高いです。

たとえば、スポーツ雑誌はページ数が比較的少ないため、平均重量はおよそ250gとされています。

また、実用書に関しても見てみましょう。

これには趣味関連(例えばパソコンやカメラ)、教育関連(妊娠や出産についての本)、家庭での医学的知識を提供する本などが含まれます。

これらは雑誌と同じ棚に置かれることが多いですが、実用書は一般の雑誌と比べて軽いことが多く、だいたい200~300gが平均重量です。

ただし、これらはページ数が少ない場合の目安です。

ページ数が多くなると、それに比例して重量も増加しますので、その点を考慮するとよいでしょう。

マンガ単行本と文庫本、それぞれの重さについて

マンガの単行本は、大体150gから200gの範囲が、標準的な重さです。

これは、主にB6サイズやA5サイズの単行本を指します。

B6サイズは150gから200g、A5サイズはそれよりやや重めの200gから250gが一般的です。

対して、文庫本は約200グラムの重さが平均値とされています。

これはマンガの単行本と比べると少し軽いことになります。

その理由は、文庫本がサイズが小さいためです。

実際に比較してみると、サイズの違いがはっきりとわかります。

荷物を少しでも軽くしたい場合、文庫本を選ぶと良いでしょう。

これは、マンガの単行本よりも重さが軽いためです。

雑誌の重さが1冊あたり650g程度なので、文庫本3冊分で雑誌1冊と同じくらいとなります。

ここで紹介した重さは、ソフトカバーの書籍に基づいています。

ハードカバー書籍のサイズと重さについて

小説や専門書などには、ハードカバーで製本されたものがよくあります。

これらのハードカバー版は、通常の文庫本よりもサイズが大きめで、ソフトカバーの本に比べると重量感があります。

一般的に、ハードカバー本の平均重量は約450グラムとされています。

ここで言う「標準的なハードカバー本」とは、普通の単行本サイズを想定しています。

ただし、ハードカバーの書籍はサイズやページ数によってバラつきがあるため、一つのサイズや重量で全てを表すのは難しいです。

そのため、本によって重さが異なることが多いです。

例えば、通常の単行本よりも大きなハードカバー本を選ぶ場合は、サイズが大きい分、重さもそれに比例して重くなることが予想されます。

まとめ

本の重さについての目安を紹介しましたが、これはあくまでも目安に過ぎません。

特にハードカバーの小説に関しては、特定のサイズで制作されるという決まりはありません。

本ごとにページ数や大きさが異なるため、重さもそれぞれ異なります。

もし正確な重さを把握したい場合は、家庭用のキッチンスケールで測ることができます。

自分の持っている本の実際の重さを測ってみるのも一つの方法です。