PR

「ベッド」と「ベット」:英語とドイツ語の簡単な違い

ベッドと枕 生活

寝台や寝床を表す「ベッド」。

ベッドではなく「ベット」と言うこともありますよね。

ふと、どっちが正しいんだろう?二つの違いは?と思うことも。

この二つの違いを調べると、由来が英語(bed)かドイツ語(bett)の違いでした。

  • ベッド(英語で bed)
  • ベット(ドイツ語で bett)

家具や旅行業界では、英語の「ベッド」を使うことが多いです。

ちなみに、英語で「bet(ベット)」は「賭ける」を意味します。

そのため、どちらを使うべきか迷った時は、「ベッド」を選ぶのが無難です。

詳しく解説します。

ベッド(bed)と「ベット(bett)の違い

「ベッド」と「ベット」の違いについて、見ていきましょう。

意味は共通

「ベッド」と「ベット」は、どちらも「寝るための台」を意味する言葉です。

言葉の起源による違い

この二つの言葉の違いは、英語の「bed」とドイツ語の「bett」がそれぞれの起源であることにあります。

日本人が「ベット」と言う理由

日本で普通に使われるのは「ベッド」という表記ですが、話す際には「ベット」と発音されることが多いです。

これは、日本語の音韻の特性に関連しています。

日本語では、「ッ」の後に濁音を付けるのが難しいため、外来語でもこのような傾向が見られます。

例えば、以下の外来語では、日本人が発音しにくい傾向があります。

  • Dog(犬): 本来は「ドッグ」だが、「ドック」と言われがち
  • Bag(カバン): 本来は「バッグ」だが、「バック」と言われがち
  • Big(大きい): 本来は「ビッグ」だが、「ビック」と言われがち

「ベッド」と「ベット」:その起源と日本での展開

日本に初めて「ベット」という言葉が導入されたのは、ドイツ語に由来します。

医療分野で特にドイツ語の影響が強かったため、「ベットbett」という単語が「寝台」として使われ始めました。

しかし、時代が進むにつれて英語の影響が強まり、「ベッドbed」という言葉がより一般的になっていきました。

英語圏での正しいベッド(bed)とベット(bet)の使い方

英語では、「bed(ベッド)」は「寝台」を意味しますが、「bet(ベット)」は「賭ける」を意味します。

そのため、英語圏で「寝台」のことを間違えて「ベット」と発音すると、意図しない誤解を生じさせる可能性があるので注意が必要です。

  • 英語での「bed(ベッド)」は「寝台」
  • 英語での「bet(ベット)」は「賭ける」

日本における「ベッド」文化の広がり

日本でベッドを使う生活スタイルが普及し始めたのは、明治時代末期のことです。

宇佐見竹治氏が帝国ホテルでの勤務を経てイギリスに渡り、西洋文化に触れたことがきっかけで、「ベッドで眠る」文化を日本に広めることを志しました。

彼の努力が日本におけるベッド文化の始まりとなります。

初めは主に裕福な層に限られていたベッドですが、1950年代に入るとソファーベッドが登場し、一般の家庭にも普及し始めました。

そして、日本の高度経済成長期には、多くのメーカーが高品質のベッドを製造し始め、現在のようなベッド文化が定着していきました。

まとめ

「ベッド」と「ベット」の違いは、それぞれがどの言語の言葉かということに関係しています。

  • 英語ではbed(カタカナにするとベッド)
  • ドイツ語ではbett(カタカナにするとベット)
  • 英語でベット(bet)は「賭ける」を意味します

日本国内では、家具製造業界や旅行業界をはじめとするさまざまな分野で、英語由来の「ベッド」の方が一般的に使われています。

どちらを使うべきか迷った際には、英語の「ベッド」を選ぶと良いでしょう。