PR

マクドナルドの朝限定!「マックマフィン」と「マックグリドル」の特徴

ハンバーガー(マフィン)

マクドナルドでは、朝の特定の時間にのみ「マックマフィン」と「マックグリドル」という二つの独特なメニューを提供しています。

「マックマフィン」は、イングリッシュマフィンをベースにしたサンドイッチ型のハンバーガーです。

「マックグリドル」は、メイプルシロップ風味のパンケーキで作られた独自のハンバーガーです。

朝マックの選択肢「マックマフィン」と「マックグリドル」の違いについて

「マックマフィン」と「マックグリドル」。

これらのユニークな朝食メニューは、日本のマクドナルドで朝5時から10時30分の「朝マック」の時間帯限定で提供されています。

マフィンとグリドルの大きな違いは、ハンバーガーで使われるバンズが「イングリッシュマフィン」か「パンケーキ」かということです。

味や食感、具材にも違いがあります。

マックマフィン

マクドナルドが提供する朝食メニュー、「マックマフィン」は、さまざまな具材を挟んだイングリッシュマフィンベースのサンドイッチスタイルのハンバーガーです。

このシリーズには、「ソーセージマフィン」「エッグマックマフィン」「ソーセージエッグマフィン」「チキンクリスプマフィン」「チキンエッグマフィン」「ベジタブルチキンマフィン」「メガマフィン」といった様々な種類があります。

マクドナルドでは「マフィン」と言うとイングリッシュマフィンを指しますが、一般的にはアメリカ原産のカップケーキ型の焼き菓子を意味することが多いです。

マックグリドル

「マックグリドル」は、メイプル風味のシロップを練り込んだパンケーキで様々な具材を挟んだハンバーガースタイルのメニューです。

このシリーズには、「マックグリドル ソーセージ」「マックグリドル ベーコンエッグ」「マックグリドル ソーセージエッグ」があります。

グリドル(griddle)という単語は英語で「調理用の鉄板」を意味し、アメリカではパンケーキを「グリドルケーキ(griddle cake)」とも呼ぶため、この名前が選ばれました。

なお、使用されているシロップは実際のメイプルシロップではなく、メイプル風味のシロップです。

まとめ

「マックマフィン」は、さまざまな具材をイングリッシュマフィンで挟んだタイプのハンバーガーです。

対して「マックグリドル」は、メイプル風味シロップ入りのパンケーキで具材をサンドしたハンバーガーとして人気があります。

これらは、マクドナルドで朝5時から10時30分までの限られた時間にのみ提供される、朝食向けの特別なアイテムとなっています。