PR

今日届くはずのAmazon商品が来なかった時の対応方法

玄関先の荷物(置き配) 生活

もしAmazonで注文した商品が本日中に届かなかった場合、まずはAmazonのサイトでその商品の配送状況をチェックすることが重要です。

配送状況は「配達済み」「発送済み」、または「未発送」といったステータスで表示されますので、これを確認してみましょう。

「配達済み」となっている場合、もしかすると家族が代わりに受け取っていたり、指定された場所に置かれていたりすることがあります。

また、住所の間違いや、盗難の可能性も考慮に入れる必要があります。

「発送済み」の表示であれば、商品は配送途中である可能性が高いです。

「未発送」のステータスが出ている場合、予定日にまだ発送されていないこと自体が問題となります。

この状況では、すぐにAmazonに連絡を取ることをお勧めします。

Amazonのカスタマーサポートは、迅速かつ丁寧な対応をしてくれることで知られています。

担当者が完璧な日本語を話さない場合でも、通常は問題なく意思疎通ができます。

この記事では、Amazonからの商品が予定日に届かない場合の具体的な対処方法と、そのような事態が発生する可能性のある原因について説明します。

商品が何らかの理由で届かない場合、配送遅延や発送ミスなどが原因の可能性があります。

これらのトラブルを解決するために、配送業者や出品者とどのようにやり取りをすればよいかもご案内します。

今日到着予定のAmazon商品が届かない場合の対処法

Amazonで注文した商品が今日中に到着しなかった場合の対応策についてお話しします。

まず、Amazonのウェブサイトにログインし、注文履歴からその商品の配送状態を確認することが大切です。

配送状態を確認する手順は以下の通りです。

  1. Amazonの公式サイトにアクセス
  2. アカウントページから注文履歴に進む
  3. 該当商品の配送状況をチェック

大まかに、配送状況は「配達完了」「発送済み」「未発送」の3つに分類されます。

それぞれの状況に対応する方法について説明します。

配達完了 の場合

「配達完了」と表示されている場合、考えられる状況は次の4つです。

  • 家族が商品を受け取っている
  • 商品が置き配されている
  • 誤った住所に配送されている
  • 置き配の商品が盗まれている可能性

1番から3番までの場合は、それぞれ状況を確認することが必要です。

住所の間違いがあった場合は、Amazonへの問い合わせが重要です。

地方にお住まいで、誤配送された近隣住所ならば、直接対応が可能かもしれません。

都市部で近隣住所への直接の連絡が難しい場合は「配送会社に電話して住所の間違いを問い合わせる」という方法が有効です。

それでも問題が解決しない場合は、Amazonに連絡を取るべきです。

商品が盗まれた可能性がある場合は、まず配送業者に連絡し、配送が正確に完了したか確認します。

配送時の写真がある場合は、それも確認してください。

その後、Amazonのチャットサポートで次の手順を踏んでください。

  1. チャットを開始
  2. 注文した商品を選択
  3. 盗難に関する選択肢をクリック
  4. 電話サポートを選択
  5. 電話番号を入力
  6. Amazonからの連絡を待つ

Amazonは通常、同じ商品を再発送するか、在庫がなければ返金対応を行います。

ただし、置き配の場合は、盗難リスクを理解していることが前提です。

法的には置き配の盗難に対する補償義務はありませんが、Amazonは顧客対応を心がけています。

発送済み の場合

商品が「発送済み」と表示されている場合、その商品は現在配送途中である可能性が高いです。

Amazonのサイトには、通常、その商品の配送に関する詳細、特に配送業者の伝票番号が掲載されています。

この伝票番号を用いて、配送業者のウェブサイトで荷物の追跡をするか、もしくは配送業者に直接連絡を取って、現在の荷物の位置を確認してみましょう。

未発送 の場合

もし商品が本日到着予定でありながら「未発送」と表示されている場合は、何らかの問題が生じている可能性があります。

このような状況においては、すぐにAmazonへの問い合わせが必要です。

Amazonで問い合わせを行う際、商品の販売元によって異なる問い合わせ先があることに注意が必要です。

商品がAmazon自体によって販売されているか、それともマーケットプレイスの別の出品者からのものかによって、問い合わせ先が変わります。

問い合わせる前に、商品ページに記載されている販売元を確認し、適切な問い合わせ先を選んでください。

時には、荷物が紛失するという珍しいケースも発生します。

これは、商品がAmazonの倉庫から出発し、配送業者に引き渡される過程で起こることがあります。

商品がAmazonの倉庫を出た記録はあるものの、配送業者に到着していないという状況が生じることがあります。

この場合、Amazonの専用配送業者が商品を集積場に運ぶ途中で何らかのトラブルが発生し、商品がそこに届かない可能性が考えられます。

このような場合、Amazon側の責任として通常は返金などの対処が行われます。

Amazonで注文した商品が届かない場合の考えられる理由

Amazonでの注文品が予定日に届かないという事態は、様々な原因によるものです。

以下にその理由をいくつか挙げてみましょう。

  • 配送業者が何かしらのトラブルに遭遇している場合
  • 再配達の手続きが適切に進んでいない状況
  • 商品が破損し、Amazonへ返送されている場合
  • Amazon独自の配送業者による配送遅延

これらは、商品が届かない主な原因として考えられます。

Amazonでは、商品の到着日を「予定日」として設定しています。

これは、到着日が確定したわけではなく、あくまでも予定であるということを意味しています。

通常は予定通りに商品が届くことが多いですが、何らかの問題が生じていなければ、到着しないことは稀です。

特に配送に関するトラブルが発生している場合は、直接配送業者に問い合わせをすることが効果的です。

例えばクロネコヤマトや佐川急便などの大手配送業者が関与している場合は、それぞれに連絡することをお勧めします。

商品が破損してAmazonに返品されている場合は、Amazon自身に問い合わせるのが最善の方法です。

近年、Amazon専用の配送業者の遅延問題が注目されています。

これらの「デリバリープロバイダ」というシステムでは、地域の配送業者が配送を担当することがあり、これにより荷物の遅延や紛失の事例が増えています。

デリバリープロバイダに関する不満の声はSNSなどで頻繁に見受けられ、これには不在票を置かない、夜間や早朝に配達する、荷物にタバコの臭いがする、荷物が盗まれるといった様々な声が含まれています。

Amazonでの配送遅延時の対応と配送方法の変更、出品者とのトラブル対処法

Amazonでの配送遅延に遭遇した際の配送方法の変更や、出品者とのトラブルに対応する方法についてご説明します。

配送日時の設定や変更

Amazonで商品を注文し、配送遅延が発生した場合の配送日時の設定や変更の流れは以下のようになります。

  1. 注文する商品を選び、配送オプションのページへ移動する
  2. 「お届け日時指定便」オプションを選択
  3. 「配達時間変更」をクリックし、希望の日時を指定

配送業者による日時指定の方法

クロネコヤマトや佐川急便などの主要な配送業者の場合、公式サイトやアプリを通じて荷物番号を入力し、配送日時の変更を行うことができます。

出品者とのトラブル対応

出品者とのトラブルが発生した際の主な対処方法は、以下の二つです。

  • 出品者に直接連絡を取り、問題を解決する試みをする
  • Amazonカスタマーサービスに連絡し、対応策を相談する

これらの方法により、通常は多くのトラブルが解決できるでしょう。

まとめ

Amazonで注文した商品が予定日に届かない場合、まず行うべきことはAmazonウェブサイトでの配送状況の確認です。

通常、配送状況は「配達完了」「発送済み」または「未発送」といったステータスで表示されます。それぞれの状態に応じて適切な対応を検討しましょう。

もし「配達完了」と表示されている場合は、家族が代わりに受け取ったか、置き配されたか、あるいは住所の入力間違いや置き配による盗難があるかもしれません。

「発送済み」のステータスが出ている場合は、商品が現在途中で配送されている可能性が高いです。

「未発送」と表示されている場合、予定日であるにも関わらず商品がまだ発送されていないことを意味しているので、Amazonに問い合わせてみましょう。

配送中の商品の場合は、Amazonのマイページにアクセスし「注文履歴」を開いて、対象の商品の配送業者とトラッキングIDを確認します。

この情報を元に、配送業者のウェブサイトで荷物の追跡が行えます。

また、配送業者へ直接問い合わせるのも一つの方法です。

Amazonが配送を担当している場合、配送担当者に直接連絡することはできませんが、Amazonカスタマーサービスで問い合わせできます。

連絡手段にはメール、チャット、電話があり、Amazonアプリのメニューアイコンから「カスタマーサービス」を選び、「注文内容について」をタップして問い合わせることができます。

私自身の経験によると、Amazonのカスタマーサービスは迅速かつ丁寧に対応してくれます。

担当者の日本語のレベルには差があるものの、通常は問題なく意思疎通ができます。