PR

秋以外のもみじ:緑葉から紅葉への変化と種類の豊富さ

緑のもみじ 生活

「もみじ」と聞けば、ほとんどの人が豊かな秋の景色や、目を引く赤い葉を思い浮かべるでしょう。

しかし、もみじの葉が一年中赤いわけではありません。

実は、赤以外の色に変わる時期もあるのです。

秋になると紅葉で注目されるもみじですが、その他の季節にはどのような姿をしているか知らない人も多いかもしれません。

この記事では、秋以外の季節に見られるもみじの色や、紅葉がどのようにして発生するのか、そしてもみじの種類の多様性について詳しく解説していきます。

もみじの葉が緑色になることもあるの?

実は、もみじの葉は特定の時期に緑色を呈します。

「もみじ=赤い葉」という固定観念を持つ方にとっては意外かもしれません。

それでは、いつもみじの葉は緑色になるのでしょうか。

その答えは、春の4月から夏にかけての期間です。

この時期にもみじを観察すると、緑色の葉が見られることが分かります。

紅葉の不思議:なぜもみじは色を変えるのか

皆さんもご存知の通り、もみじはある時期に緑から赤に色を変えますが、その理由は何でしょうか。

この現象は「紅葉」と呼ばれ、秋が近づくと始まります。

秋になると、もみじの葉は鮮やかな赤色に染まります。

この色変わりの背後には、葉の中の色素が大きく関わっています。

春から夏にかけての強い日差しのもとで、葉は葉緑素(クロロフィル)という緑色の色素を多く含んでいます。

この葉緑素が、葉の緑色を作り出しているのです。

しかし、秋になり日照時間が減ると、葉緑素は分解されてしまいます。

その結果、赤色の色素であるアントシアンが現れ、葉を赤く染め上げるのです。

これが紅葉の過程です。

もみじの紅葉は赤だけではない?

もみじの葉が紅葉すると、通常は赤くなると考えられがちですが、実はそうではありません。

実際には、もみじは黄色にも紅葉することがあります。

この黄色い紅葉も、色素が関係しています。

以前に赤い紅葉がアントシアン色素の増加で起こることを説明しましたが、葉緑素が減少すると、カロテノイドという黄色の色素が増え、それがもみじの葉を黄色く変えるのです。

もみじの種類による紅葉の色の違い

もみじにはさまざまな種類があり、それぞれ紅葉の際の葉の色が異なります。

たとえば、アントシアンを多く含むもみじは赤く色づき、カロテノイドが豊富なものは黄色い紅葉を見せます。

今回は、日本で特によく見かける3種類のもみじの特徴と、それぞれの紅葉の色について解説します。

イロハモミジ

イロハモミジは、日本で非常に親しまれているもみじの一種です。

特徴的なのは、その小さくてギザギザした葉です。この葉の形状が「いろはにほへと」の数え歌に由来することから、イロハモミジと名付けられました。

紅葉すると、このもみじは通常、美しい赤色に変わります。

オオモミジ

オオモミジは、他のもみじに比べて葉が大きいのが特徴です。

イロハモミジの亜種とされるこのもみじは、細かなギザギザがあり、スッキリとした外見をしています。

紅葉の時期には、イロハモミジとは異なり、黄色や紫色に変わることがあります。

ヤマモミジ

ヤマモミジは、特に日本海側でよく見られるもみじの種類です。

大きなギザギザを持つ葉が特徴で、イロハモミジの亜種とされています。

緑の葉を持つ時期はイロハモミジに似ていますが、紅葉すると黄色や赤色に色づくのが特徴です。

青楓(あおかえで)の意味とは

青楓とは、もみじの中でも特に緑色の葉を持つ種類を指します。

この言葉は俳句や短歌など日本の伝統的な詩で使われる造語であり、若葉が成熟した青葉へと変わる初夏、大体6月頃の季節を象徴する言葉です。

東福寺とその美しい青もみじ

京都の東福寺は、紅葉の名所として広く知られています。

紅葉の季節にはその美しさが頻繁にポスターや写真に取り上げられますが、初夏の青もみじも見逃せない美しさがあります。

東福寺は約2000本の青もみじに囲まれ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

この時期は紅葉シーズンよりも人出が少ないため、のんびりとした環境で景色を堪能できるのが魅力です。

モミジとカエデの違いは?

最後に、モミジとカエデの違いについて説明しましょう。

一般に、これらの言葉は同じ植物を指す場合が多いですが、正確にはモミジはカエデ科カエデ属に属しています。

つまり、カエデという広範な分類の中にモミジが含まれているという関係です。

従って、モミジとカエデを同一視しても問題ありません。

まとめ

もみじのさまざまな種類や、紅葉のしくみについての説明を進めてきました。

通常、「もみじ」と聞けば、多くの人が「紅葉」や「秋の季節」、そして「赤く色づく葉」を思い浮かべることでしょう。

しかし、紅葉する前のもみじが見せる、緑色の葉の美しさにも注目していただけたらと思います。

そのようなもみじの緑の美しさを肌で感じるには、初夏の京都・東福寺がおすすめです。

ぜひ訪れて、その美しい景色を直接目にしてみてください。