PR

リングゲージの購入先とおすすめ情報:100円ショップやドンキ、東急ハンズでの調査

リングサイズゲージ 生活

リングゲージは指輪のサイズを測るための便利なツールです。

しかし、100円ショップ(例えばダイソーやセリア)では入手できないことが分かりました。

代わりに、東急ハンズや手芸専門店、アクセサリーパーツを扱う店舗では購入することが可能です。

さらに、ドンキホーテの一部店舗では無料でリングゲージを借りることもできます。

リングゲージの精度は、指輪選びにおいて非常に重要です。

市場には様々な価格帯のリングゲージがありますが、日本製でない製品はサイズ不一致などの問題が報告されているため、信頼性の高い製品を選ぶことが大切です。

適切なリングサイズ測定器を選べば、自分にぴったりの指輪を見つけることができます。

中でも、「名工舎のリングゲージ」は日本製であり、信頼性が高く評価されています。

指のサイズは時間帯や日によって変わることがあり、正確なサイズを知るためには複数回の測定がおすすめです。

本記事では、リングゲージの選び方についても詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、リングゲージは指のサイズを測るための道具であり、指輪そのもののサイズを測る際には「リングゲージ棒」が使用されます。

リングサイズ測定器が購入できる店舗

100円ショップで見つからなかった場合、他にもリングサイズ測定器を扱っている店舗があります。

こちらではそうした店舗をご紹介します。

※この情報は調査時点のものですので、店舗によって取り扱いが変更されている可能性があります。訪問前に電話などで確認することをお勧めします。

東急ハンズでのリングサイズ測定器

東急ハンズでは、リングサイズを測るための専用器具が購入できます。

特に、メイコー製のリングサイズゲージが取り扱われています。

例えば、京都の東急ハンズ1階のアクセサリーパーツコーナーではこの商品が見つかります。

他の店舗でも同様の商品をアクセサリーパーツの売り場で探せる可能性があります。

もし見つからなければ、店員に尋ねてみると良いでしょう。

100円ショップでの取り扱い

ダイソーやセリアといった100円ショップでは、リングサイズ測定器を見つけることはできませんでした。

手芸店・アクセサリーパーツ専門店での入手可能性

ユザワヤやオカダヤ、パンドラハウスなどの手芸店やアクセサリーパーツ専門店では、リングサイズ測定器を見つけることができる可能性が高いです。

ドン・キホーテでのリングサイズ測定器

ドン・キホーテでの直接の購入は見つかりませんでしたが、インターネット上には「明工舎製のリングサイズゲージが売られていた」という情報があります。

また、ドン・キホーテではリングサイズ測定器の貸し出しサービスも提供しています。

一時的な使用であれば、借りることも選択肢の一つです。

しかし、より精確な測定を求めるなら、購入することをお勧めします。

購入が推奨される理由については後ほど詳しく説明します。

無料で使えるリングゲージのある店舗

ドンキホーテのようにリングゲージを無料で利用できる店舗があります。

アクセサリー店などでも、指のサイズ測定を行ってくれる場合があります。

ただし、自分の正確な指のサイズを把握したい場合は、リングゲージの購入がおすすめです。

リングゲージを購入する利点

指のサイズは、時間帯や季節によって変わることがよくあります。

例えば、むくみによってサイズが変わることもあります。

不適切なサイズの指輪は使いにくいので、リングゲージを購入して、異なる時間や日に測定し、「むくみがあるときでもフィットするサイズの指輪」を選ぶのが良いでしょう。

リングゲージがないときの指輪のサイズ測定法

リングゲージが手元にない場合でも、家にあるものを使って指輪のサイズを測る簡単な方法があります。

これはオンラインで指輪を購入する時や、サプライズプレゼントを計画する際に特に便利です。

ただし、最も正確なサイズは専門のジュエラーに測ってもらうことなので、できればプロの意見を参考にするのがお勧めです。

測定に必要な道具

この測定方法には、紙か薄い紐、定規、ペンが必要です。

紙を使った指輪サイズ測定の手順

指輪のサイズを紙で測る方法は以下のステップで行います。

  1. 幅約1センチメートルの紙の帯を用意します
  2. その紙の帯を指のもっとも太い部分に巻きつけます
  3. 紙が重なる箇所に印をつけます
  4. 定規を使って印と印の間の距離を測ります
  5. 測定した長さをリングサイズのチャートと比較して、サイズを割り出します

紐を利用した指輪サイズの測り方

紐を使用して指輪のサイズを測る手順は以下の通りです。

  1. 薄い紐を準備します
  2. その紐を指の一番太い部分に巻きつけます
  3. 紐が重なるところに印をつけます
  4. 定規を使用し、印から印までの長さを測ります
  5. 測った長さをリングサイズのチャートと照らし合わせて、サイズを確認します

測定する際のポイント

指輪のサイズ測定を行う際、指が通常の状態にあることが大切です。

気温の変化によって指のサイズが変わることがありますので、注意が必要です。

紙や紐は、締め付けすぎず、かといって緩すぎない適度な張りで巻くことが重要です。

一貫性のある結果を得るために、何度か測定を繰り返すことをお勧めします。

リングサイズチャートの活用方法

測定した長さをリングサイズのチャートと比較することで、正確なサイズを知ることができます。

インターネット上には様々なサイズチャートが公開されていますので、これらを参考にしてください。

リングゲージの選び方とポイント

リングゲージには、プラスチック、金属、紙などさまざまな材質が存在します。

中でも金属製がおすすめです。

金属製は耐久性が高く、精密なサイズ測定が可能です。

重さはありますが、測定精度が高い点が特徴です。

一方、プラスチック製は金属製に比べると耐久性は劣りますが、軽くて扱いやすい利点があります。

紙製は非常に軽く扱いやすいですが、耐久性に欠け、測定精度もやや低めです。

精度を重視したリングゲージの選択

リングゲージを選ぶ際は、精度が非常に重要です。

国際標準に準じた製品や、信頼性の高いジュエリーショップのリングゲージを選ぶことが推奨されます。

自分の指に適したサイズのリングゲージを選ぶ

指のサイズは個人差があります。

幅広いサイズを網羅したリングゲージセットを選ぶことで、自身に合うサイズを見つけやすくなります。

使用目的に応じたリングゲージを選択

結婚指輪やエンゲージリングなど長期間使う指輪のサイズを測る場合は、正確な測定が期待できる金属製のリングゲージが適しています。

一方で、ファッションリングなどでは、プラスチック製や紙製のリングゲージも十分です。

サイズ表示の読みやすさをチェック

リングゲージにはサイズが刻印されていますが、その読みやすさも重要なポイントです。

明瞭な刻印のあるリングゲージを選ぶことで、サイズ選びの誤りを減らせます。

装着感の快適さを確かめる

リングゲージを指にはめたときの感触も確認しましょう。

適度な締め付け感で、落ちにくいリングゲージを選ぶと、実際の指輪選びに役立ちます。

サイズ選びで不安なときは、専門家への相談も一つの方法です。

これらのポイントを押さえてリングゲージを選ぶことで、より正確で快適な指輪選びが実現します。

まとめ

100円ショップではリングゲージは売られていないため、精確なサイズを知りたい場合は専門店での購入が良いでしょう。

東急ハンズや手芸店などではリングゲージを購入でき、ドンキホーテでは無料で利用可能な場合もあります。

指のサイズは日々変わる可能性があるので、正しいサイズを確認するためには何度か測定することが重要です。

リングゲージの種類を選ぶ際には、耐久性と精度を優先するなら金属製が、軽さや扱いやすさを求める場合はプラスチック製が適しています。