PR

無塩バターの代用法:マーガリンや有塩バター、塩を加えるとどうなる?

バター

無塩バターの代わりとして使える食材は、実にさまざまです。

その中にはマーガリン、オリーブオイル、ココナッツオイル、サラダ油、ケーキ専用マーガリン、そして有塩バターが含まれています。

それぞれの用途に合わせて選ぶことで、無塩バターと同じように美味しく使用することが可能です。

また、無塩バターに塩を加えれば、有塩バターと同じように活用することもできます。

適切な塩分量は、無塩バター100gに対して小さじ1/4杯が目安です。

一方で、有塩バターを溶かしてから冷ますことで、塩分を分離し取り除くことも可能です。

この記事では、無塩バターの代替として何が使用できるのか、さらに無塩バターに塩を加えて有塩バターとして使用する方法について紹介します。

無塩バターの代替品には何がある?

無塩バターの代わりになる食材には、マーガリン、オリーブオイル、ココナッツオイル、サラダ油、ケーキ用マーガリン、有塩バターがあります。

代替品を選ぶ際のポイントは、使いたい目的に合ったものを選ぶことが重要です。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

マーガリンの選択肢

無塩バターが手元にない時、マーガリンは優れた代替品です。

特にパン好きの方々には、家に常備している方が多いかもしれません。

バター風味を持つマーガリンは、特にバターの代わりとして適しています。

無塩バターとの主な違いは、マーガリンが植物性でより柔らかいこと、そして少量の塩分を含んでいることです。

マーガリンを使う際には、レシピどおりにすると塩気が強くなることがあるため、分量を10%ほど減らすと良いでしょう。

室温で簡単に柔らかくなるので、お菓子作りには便利です。

クッキーやカップケーキにマーガリンを使うと、柔らかくて軽い食感になります。

しかし、バターの風味が重要なタルトやパイ、フィナンシェなどには不向きです。

オリーブオイルの活用

無塩バターの代わりとしてオリーブオイルを使う場合、ピュアオリーブオイルがおすすめです。

エキストラバージンのような強い香りのオリーブオイルは、お菓子作りには向きません。

オリーブオイルは、ケークサレや丸パンなどの料理に良く合います。

バターの代替としてオリーブオイルを使う際は、バターの1/3から半量が目安です。

溶かしバターの代わりに使う場合は、量を変えずにそのまま使っても大丈夫です。

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルを使用すれば、無塩バターの代わりに甘いお菓子を作ることができます。

温めると液状になり、冷めると固まる性質を持っています。

ココナッツオイルを使用すると、甘く香りのある仕上がりになります。

ただし、ココナッツの香りが合わないお菓子もあるため、選択には注意が必要です。

特にクッキーやスコーンには、ココナッツオイルが良く合い、風味豊かな味わいになります。

サラダ油を活用する際のポイント

無塩バターの代替としてサラダ油を用いる際は、レシピで指定された無塩バターの半分の量が適切な目安です。

もしレシピが元々溶かしバターを要求している場合は、サラダ油を同じ量で使用しても問題ありません。

多くの手作りお菓子にはサラダ油が使われており、特に風味が強くないため、代替品として最適です。

こめ油もまた、無塩バターの代わりに使えます。

こめ油は無臭でさらっとした質感があり、仕上がりがサラダ油よりも軽くなります。

サラダ油は、卵や砂糖とよく合い、バナナケーキやマフィン作りに適しています。

しかし、翌日もしっとりとした焼き菓子を望むなら、無塩バターを使うことをお勧めします。

また、サラダ油はパイの層を作るのには適していないため、パイ作りには無塩バターを使用する方が良いでしょう。

ケーキ用マーガリンの使い道

ケーキ用マーガリンは、お菓子作り専用に開発された植物油脂で、バターの代わりになります。

価格が手頃で扱いやすい柔らかさが特徴です。

ホットケーキミックスを使ったクッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子に最適です。

無塩なので、チョコレートが多く含まれるブラウニーやガトーショコラにも使えます。

有塩バターを使ったお菓子作り

有塩バターでお菓子を作る際は、小麦粉との混合を軽くすることが重要です。

強く混ぜすぎると、塩が小麦粉のグルテンを活性化させ、生地が粘り気を持ち重くなる可能性があります。

有塩バターの塩分量はブランドにより異なり、例えば雪印メグミルクの北海道バターは100gにつき1.4g、よつ葉乳業の北海道四つ葉バターは1.6gとなっています。

特にガトーショコラのような甘いお菓子を作る際は、有塩バターの使用による塩味が目立つことがあるため、無塩バターを使用する方が適しています。

無塩バターに塩を加えたら有塩バターになる?

無塩バターに適量の塩を加えれば、有塩バターのような味に変えることが可能です。

通常、無塩バターは塩を添加しない製品で、元々含まれる生乳にはごく微量の塩分が含まれています。

無塩バターを有塩バターに変える際の目安は以下の通りです。

  • 無塩バター 100g
  • 食塩 小さじ1/4杯(約1.5g)

無塩バターの賞味期限は、未開封の状態で大体4ヶ月程度ですが、有塩バターは約6ヶ月保つことが一般的です。

価格的には、無塩バターの方が若干高めです。

頻繁に使わない場合は、他の代替品を上手く利用すると良いでしょう。

有塩バターを無塩バターに変える方法は?

有塩バターを無塩バターに変える方法もあります。

この方法を行うと、塩分が取り除かれる過程でバターの量が少し減少する可能性があるため、使う量は通常よりも多めに準備することが推奨されます。

有塩バターから塩分を除去する手順は次のようになります。

  1. 有塩バターを湯煎で溶かします
  2. 室温に戻すまで待ちます
  3. 冷蔵庫でしっかりと冷やします
  4. 容器を逆さまにしてバターを取り出します
  5. 表面に付いた白い塩の結晶を慎重に取り除きます

有塩バターを電子レンジで溶かす場合は、約20秒(600W)が目安ですが、レンジ内で跳ねることがあるので注意が必要です。

また、塩分を簡単に減らすだけなら、有塩バターとサラダ油を半々で混ぜる方法もあります。

まとめ

この記事では、無塩バターの代替として活用できる食材と、無塩バターを有塩バター風に変える方法について解説しました。

無塩バターがない場合に代用可能な食材は、マーガリン、オリーブオイル、ココナッツオイル、サラダ油、ケーキ用マーガリン、有塩バターなどが挙げられます。

これらは無塩バターが手に入らない時の役立つ選択肢です。

無塩バター100グラムに対して、約1.5グラム(小さじ1/4杯)の塩を加えることで、有塩バターの代わりとして使用することができます。

また、有塩バターを溶かしてから冷やし固めることで、塩分を分離・除去する方法もあります。

無塩バターが手元になくても、これらの代替品を上手く利用すれば、料理を美味しく仕上げることが可能です。