PR

ディズニーパークにおける飲み物の持参と携帯のコツ

水筒を下げている(ホームで電車を待っている親子) 生活

ディズニーパークでの飲み物の持ち方や、水筒やペットボトルの持ち込みに関するアドバイスをご紹介します。

ディズニーパークで飲み物を持ち歩くことは思ったより大変ですが、いくつかの工夫で楽にできます。

その方法をお伝えしましょう!

ディズニーパークでの飲み物の持ち歩き方

ディズニーパークでは、水筒を持って来たり、ペットボトル飲料を持って来る人が多いです。

訪問者の中には、荷物は少なくしてパークを楽しみたいという理由で「パーク内のカフェで購入するので持ち歩かない」という人もいます。

その場合は、パーク内のフードワゴンやレストラン、カフェで飲み物を買うことになりますが、特に週末は混雑していてすぐには購入できないことがあります。

カフェでの注文には、時には10分以上の待ち時間が発生することもあります。

これらの事情を考えると、健康的にも自分で飲み物を持ち歩くのが良いと考えています。

ディズニーパークで快適に飲み物を持ち歩くためのアドバイス

ディズニーパークでのお出かけに便利な飲み物の持ち運び方について、いくつかのアイデアをご紹介します。

飲み物を入れられるリュックやトートバッグは大変便利です。

しかし、これらに入らない場合や、お子様連れの際の工夫も大切です。

バッグに収まらない飲み物の持ち運び方法

バッグに入りきらない飲み物の場合、水筒専用のショルダーバッグがおすすめです。

これらはペットボトルや水筒にフィットするデザインがあり、子供から大人まで使える調整可能なショルダーストラップが付いています。

さらに、ぬいぐるみのバッジなどでカスタマイズすると、より楽しく持ち運びができます。

他にも、飲み物専用に折りたたみエコバッグを用意する方法もあります。

子連れでのディズニーパーク訪問時の飲み物の持ち方

お子様が自分で飲み物を持てるようになった場合、水筒用のショルダーバッグが役立ちます。

ショルダーパッドを使うと、肩への負担を和らげることができます。

大人が子供の飲み物を持つ際には、複数の飲み物を一つのバッグに入れるより、それぞれを分散して持つと重さが感じにくくなります。

この場合、折りたたみエコバッグがあると便利です。

赤ちゃん連れの場合、ディズニーランドやディズニーシーのベビールームではお湯を使うことができます。

使い捨て哺乳瓶の持参も考慮してみてはいかがでしょうか。

ディズニーパークでのおすすめ水筒選び

ディズニーパークに持ち込むのにぴったりな水筒のオプションをいくつかご案内します!

軽さを求める方にはプラスチック製の水筒が最適です。

これらはとても軽く、持ち運びが楽になります。

リバーズ(Rivers)の軽量ドリンクボトル

このドリンクボトルは、本体と蓋がストラップでつながっているので、蓋を紛失する心配が少ないのが特徴です。

夏は氷をたっぷり入れて、保冷機能付きのカバーを使えば、ステンレス製には及ばないものの、十分な冷たさを保持できます。

さらに、カットされたストローを入れることで、使用しやすくなります。

象印 ステンレスマグ シームレスせんモデル

冬は温かい飲み物、夏は冷たい飲み物を長く保温・保冷したい場合は、ステンレス製の水筒が適しています。

象印のステンレスマグ シームレスせんモデルは、軽量で洗いやすく、ディズニーパークでの携帯はもちろん、日常的にも使い勝手が良いです。

この水筒は約230グラムと、スマートフォンよりわずかに重い程度です。

多くの水筒ではスポーツドリンクが使用できない中、この水筒はスポーツドリンクにも対応しており、洗浄もパーツを分解する必要がなく、手軽にできます。

簡単なお手入れは、水筒のメンテナンスを面倒に感じる方にとっては大きな利点です。

デザインの落ち着いた色合いも魅力的です。

ディズニーパークへのペットボトル持ち込みガイド

ディズニーパークではペットボトルの持ち込みが可能です。

持ち込みに関する数量の制限や、ディズニーランド・ディズニーシーで販売されているペットボトル飲料に関する情報をご紹介します。

ディズニーパークで許可されているペットボトルの持ち込み本数

ディズニーパークへのペットボトル持ち込みには、本数に関する特別な制限はありません。

USJでは本数制限が設けられていますが、ディズニーランドやディズニーシーでは制限がなく、夏場には一人で500mlのペットボトルを2本持ち込む来園者も多くいます。

ただし、缶飲料、アルコール、瓶入り飲料の持ち込みは不可です。

ディズニーパーク内で販売されているペットボトルの情報

ディズニーランド・ディズニーシー内には自動販売機が設置されており、ペットボトル飲料が購入可能です。週末の昼間は3~4人が並んでいることが一般的です。

ディズニーランド・ディズニーシー及びリゾートラインの改札近くで販売されているペットボトル飲料は、すべて200円で販売されています。

必要に応じて自動販売機で購入することができますが、舞浜駅周辺のコンビニで事前に購入しておくと、少し節約になるでしょう。

舞浜駅近くのコンビニでは、ディズニーキャラクターがデザインされた可愛いペットボトルも販売されています。

まとめ

ディズニーパークに訪れる多くの人たちは、飲み物を携帯しています。

夏季はもちろん、冬季でも日が照っていると水分が必要になるため、手元に飲み物があれば安心できます。

ディズニーパークではペットボトルや水筒の持ち込みが可能です。

また、ディズニーランドやディズニーシーの園内でもペットボトル入りの飲み物が販売されており、それぞれ200円で購入できます。