PR

「杜」という漢字の深掘り:読み方とその意味、そして「杜撰」「杜絶」の例

生活

漢字「杜」は、木の部首と土を組み合わせて作られています。

この漢字は「杜撰(ずさん)」や「杜氏(とうじ・とじ)」「杜絶(とぜつ)」などの単語に使われていますが、漢字として書く機会はそれほど多くありません。

そのため、この漢字を知っていると、ちょっとした知識として魅力的かもしれません。

漢字「杜」の読み方:音読みと訓読み

漢字「杜」の読み方を詳しく見てみましょう。

「杜」の音読みは「ト」と「ズ」です。

訓読みには、「やまなし」「ふさぐ」「とじる」「もり」といった読み方があります。

漢字「杜」の意味

「杜」の意味としては「閉じる」「ふさぐ」、バラ科ナシ属の落葉高木の「やまなし」、神社の周りにある「森」などがあります。

例えば、「ふさぐ」という意味では「杜絶(トゼツ)」のような言葉で使われます。

神社の周りにある森は通常「鎮守の森」と呼ばれますが、「鎮守の杜」という表現もあります。

映画『となりのトトロ』で、メイが迷い込んでトトロに出会う不思議な森も、この「鎮守の杜」の例です。

それでは、漢字「杜」を使った他の表現についても見ていきましょう。

ずさん(杜撰)の意味と適切な使い方

「ずさん」という言葉は、「杜撰」という漢字で表され、読み方は「ずさん」です。

この言葉は、仕事やその他の活動でのミスや手抜きが目立つ、不注意で雑な態度を示すことを意味します。

また、文章や書類に誤りが多いことを示す際にも「ずさん」と表現されることがあります。

例えば、「ずさんな作業」などという言い方をします。

「ずさん」と同じ意味合いを持つ「杜漏(ずろう)」という言葉もあります。

これは「ずさんだつろう(杜撰脱漏)」とも呼ばれ、同じくいい加減で手抜きが多い様子を指します。

とぜつ(杜絶)とは – 読み方と意味の解説

「とぜつ」とは、「杜絶」と書かれ、「とぜつ」と読みます。

この言葉は、「途切れること」や「完全に終わること」を意味し、状況が中断されたり、完全に停止したりする状態を表します。

一般的には「途絶」と書かれることが多いですが、実際には「途絶」が「杜絶」の代わりに用いられることがあります。