PR

水を使って切手をきれいに貼る方法

切手と封筒 生活

封筒に切手を貼るとき、多くの人は舐める方法をとりますが、衛生的な観点から水を使った方が良いです。

ただし、正しい方法を知らないと上手くいかないことがあります。

そこで、水を使った簡単な切手の貼り方をご紹介します。

家庭でできる、お皿を使った切手の貼り方

切手の裏面には糊(のり)が塗られており、水を加えると糊の粘着力が活性化します。

重要なのは、裏面に均一に水を塗ることです。

この方法では、水を入れた浅い皿を使用します。

家にある浅皿を用意し、そこに適量の水を注ぎます。

次に、切手を裏面が下を向くように静かにその水の中に浸します。

その後、ティッシュペーパーで余計な水分を軽く拭き取り、切手を封筒に貼ります。

家庭で簡単にできる方法なのでお試しください。

湿らせたティッシュを使った切手の貼り方

皿と同様に、ティッシュペーパーやタオルも一般的な家庭用品です。

ティッシュやタオルをを適度に湿らせて、切手の裏面を優しく拭くことで、きれいに封筒に貼ることができます。

ティッシュを使用する場合、多くの水を含ませると裏面が濡れすぎてしまうので、軽く絞ることが重要です。

タオルを使用する場合も、ティッシュと同じように、軽く絞ってから切手につけましょう。

霧吹きや柔らかスポンジを活用した切手の貼り方

切手を貼る際には、霧吹きや柔らかいスポンジを使う方法もおすすめです。

霧吹きを使う場合、噴射の位置を調整して、切手に水を均等に吹きかけることができます。

これにより封筒に美しく貼り付けられます。

ただし、大きい霧吹きを使うと水が多く出過ぎる可能性があるため、小さめの霧吹きを使うことが好ましいです。

また、スポンジを使う方法もおすすめです。

柔らかいスポンジに水を含ませ、それを切手に軽く押し当てることで、適切な水分を与えることができます。

切手への優しい扱いが求められますので、硬いスポンジではなく、柔らかいものを選ぶと良いでしょう。

手順が難しいと感じる場合は、スポンジに含ませた水を指に付けて切手に塗るという方法も効果的です。

これなら手軽にスムーズに切手を貼ることができます。

まとめ

切手をきれいに貼るためには、水分を均等に広げることが重要です。

この目的に役立つアイテムはさまざまありますが、家にあるものを使うことで余計な買い物を避けられます。