PR

ブリの成長と呼び名の変遷:鰤が成長するにつれて変わる呼称について

出世魚 ブリ

ブリ(鰤)は、イナダやハマチと似た特徴を持つ魚ですが、成長に応じて名前が変わる、いわゆる出世魚です。

イナダやハマチはブリの成長過程での呼び方です。

この記事では特にブリの成長過程や、それに伴う呼称の変化、そして出世魚の概念に焦点を当てて説明します。

カンパチやヒラマサとの違いなども紹介します。

ブリの成長過程とそれに伴う呼び名の変化

ブリは、成長するごとに異なる名称で呼ばれる「出世魚」の一例です。

幼魚の頃は「モジャコ」と呼ばれます。

成長して若魚になると「イナダ」や「ハマチ」と呼ばれます。

そして、最終的に成魚になると「ブリ」として知られるようになります。

地域によるブリの呼称の違い

ブリは、成長段階によって地域により呼ばれ方が異なります。

例えば、関東地方では、成長段階によって順に「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」と呼ばれます。

関西地方では「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」と呼ばれます。

これらの名称は、地域によって魚のサイズが約10センチメートルごとに変わることもあり、非常に多様です。

地域ごとの呼び方は、のちほど詳しくご紹介しますね。

出世魚とは?その起源と意味

出世魚とは、幼魚から成魚への成長過程で名前が変わる魚を指します。

この用語は、江戸時代に武士や学者が成人し、出世する際に名前を改める習慣に由来しています。

ただし、名前が変わる魚はすべて出世魚とは限らず、出世魚ではない種も多く存在しています。

魚の呼び名が成長に応じて変化する理由

ブリは成長と共にその大きさが顕著に変わり、生態や肉質も変化します。

成長の各段階で味の違いが出るため、市場では幼魚、若魚、成魚と様々な状態のブリが流通します。

これらを一律に同じ名称で扱うと、サイズや風味の差異が料理の適用に影響を及ぼし、販売者や消費者に混乱をもたらすことがあります。

また、サイズが大きく変わることで、同じ種類の魚でも別の種類と誤認されることがあり、これを避けるために成長に応じて呼び名を変える習慣が生まれたと考えられます。

出世魚の名前の由来とその背景

出世魚とは、成長する過程で名前が変わる魚のことを指すことが一般的ですが、その背景にはより深い意味があります。

出世魚として知られる魚の中で、成魚になって大きく立派に成長した際に用いられる標準的な和名が、特に出世魚の名前として認識されるのです。

各地方によって異なる名称は、通常出世魚の名前としては採用されません。

出世魚は主に祝事や重要な式典で使用されることが多く、見た目が魅力的で美味しい魚が選ばれる傾向があります。

この概念は、奈良時代から明治維新にかけて行われた元服の儀式に起源を持ちます。

当時、冷蔵技術や輸送方法が発達していなかったため、日持ちし、見た目と味わいが良い魚が特に重宝されていました。

鮮度が落ちやすい赤身の魚や、鮮度の低下が早い魚は出世魚として選ばれることは少なかったです。

ブリは冬に脂がのり、味が良くなることから、冬の低温にも強く、見た目も立派な成長を遂げることで出世魚の代表例とされています。

出世魚の特徴として以下の条件があります。

  • 保存が利く魚
  • 見た目が美しく、味も優れている魚
  • 成長して大きく立派な姿になる魚
  • 成長段階によって名前が変わる魚
  • 成長することで味が向上する魚
  • 成長後も人気が続く魚

例えばコノシロでは、成長途中のコハダの方が人気が高く、価格も高価になります。

幼魚や若魚時は美味しいものの、小さく華やかさに欠けるため、元服の席には適していないとされます。

大きく成長し、格式ある屋敷に相応しい姿になることが、「出世」に喩えられ、出世魚と呼ばれるようになったという説もあります。

元服の儀式は地域によって現代にも続いており、全国的には20歳の成人式として今日に至るまで受け継がれています。

なぜ出世魚は縁起が良いとされるのか

出世魚が縁起物として親しまれるようになった背景には、古来の慣習が関わっています。

元服や昇進などの出世の際に名前を変える風習を模して、成長に伴い名前が変わる魚は縁起が良いとみなされ、新しい門出を祝う席で頻繁に使用されるようになりました。

一方で、真鯛や鯉、海老なども縁起の良い魚として知られていますが、これらは出世魚とは異なります。

これらの魚は、外見や動き、色彩、模様、繁殖能力などの生態的特徴や、食べることによる健康上の利点、伝統的な故事や伝説、名前の語呂合わせ(「めでタイ」など)などにより、祝事の際に選ばれることがあります。

こうして、新しい始まりを祝う時に使われる「出世魚」と、幸運をもたらす「縁起魚」は区別されているのです。

日本全国で異なるブリの成長過程による呼び名

ブリは、その成長段階に応じて日本各地で異なる名前で呼ばれています。

以下に、地域ごとのブリの成長段階とそれぞれの呼び名を紹介します。

  • 三陸は、コズクラ(~20cm)→ フクラギ(~30cm)→ アオブリ(~40cm)→ ハナジロ(~50cm)→ ガンド(~60cm)→ ブリ(~80cm)
  • 関東は、ワカシ(~30cm)→イナダ(~40cm)→ ワラサ(~50cm)→ ワラサ(~70cm)→ ブリ(~80cm)
  • 北陸は、ツバス(~20cm)→ コズクラ(~30cm)→ ハマチ(~40cm)→ フクラギ(~50cm)→ ガンド(~60cm)→ ブリ(~80cm)
  • 和歌山は、ワカナゴ(~20cm)→ ツバス、イナダ、イナラ(~30cm)→ハマチ(~40cm)→ メジロ(~50cm)→ ブリ(~60cm)→ オオイオ(~70cm)→ ブリ(~80cm)
  • 関西は、ワカナ(~20cm)→ツバス、ワカナ(~30cm)→ツバス(~40cm) ハマチ(~50cm)→ メジロ(~70cm)→ ブリ(~80cm)
  • 島根は、モジャコ(~20cm)→ ショウジンゴ(~30cm)→ ハマチ(~40cm)→ メジ(~50cm)→ マルゴ(~60cm)→ ブリ(~80cm)
  • 香川は、モジャコ(~30cm)→ ツバス(~40cm)→ ハマチ(~50cm)→ メジロ(~60cm)→ ブリ(~80cm)
  • 高知は、モジャコ(~10cm)→ モジャコ、ワカナゴ(~30cm)→ ハマチ(~40cm)→ メジロ(~50cm)→ オオイオ(~60cm)→ スズイナ(~70cm)→ ブリ(~80cm)
  • 九州北部は、ワカナゴ、ヤズ(~30cm)→ハマチ(~40cm)→ メジロ(~60cm)→ ブリ(~80cm)

イナダやハマチは、ブリの成長過程で地域によって異なる呼び名の一部です。

特に関東や三陸地方ではハマチという呼称は使われず、ハマチは主に養殖されたブリの中型サイズを指します。

香川県から関東に出荷される養殖ブリは、関西の呼称であるハマチとして販売され、関東ではハマチは養殖ブリ、イナダは天然ブリと区別されることが多いです。

カンパチとヒラマサの特性及びブリとの違い

ブリの成長段階とそれぞれの呼び名に、カンパチやヒラマサが含まれていないのは、ブリとは違うためです。

カンパチ

カンパチは、ブリと同じ属に分類されますが、ブリに比べてより大きく成長する特徴があります。

カンパチは、正面から見ると「八」の字のような模様が見えることから「間八」とも呼ばれ、赤褐色の頭が特徴的で「赤頭」という別名も持っています。

成長に伴い名前が変わる魚であるものの、通常の出世魚のグループには含まれません。

しかし、東京や千葉県の外房地域、相模湾など一部地域では出世魚として認識されています。

ブリが冬の旬であるため、カンパチは秋から冬にかけてブリの代わりに使用されることもあります。

また、カンパチは成魚時の漢字表記を持っていないのも一つの特徴です。

ヒラマサ

ヒラマサはカンパチと比べてブリにより似ており、やや平たい体形が特徴です。

ブリやカンパチと比べると漁獲量は少ないですが、旬の期間が春から夏にかけてと長く、この期間は味が良いとされています。

このため、ヒラマサはブリの冬の旬とカンパチの秋から冬の旬を繋ぐ役割を持ちます。

ヒラマサも成長によって名前が変わる魚ですが、出世魚には含まれず、その旬の役割から出世魚としての認定を受けていないようです。

ヒラマサにも成魚の際の漢字表記はありません。

ブリの特徴とその生態環境

ブリは通常、体長が約1メートル、体重が約8キログラムの大きさですが、最大で1.5メートル、40キログラムに達することもあります。

その体型は紡錘形、つまり潜水艦のような形状をしており、側面には丸みがあります。

ブリの成熟期間はおおよそ3年から4年とされ、4年目にはほとんどのブリが成熟すると言われています。

産卵期は冬から初夏(1月から7月)にかけてで、特に東シナ海陸棚の端、九州沿岸、日本海側の能登半島以西、太平洋側の伊豆諸島以西が産卵地として知られています。

夏から秋にかけてはエサを求めて九州沿岸から北海道沿岸までの東シナ海や太平洋、日本海を渡って回遊します。

ブリの稚魚は、主に流れ藻に付着しており、3月から4月にかけては薩南海域、4月から5月には九州西岸から長崎県五島列島近海、日向灘から熊野灘にかけて、6月には島根県隠岐の周辺海域で見られます。

ブリと呼ばれる基準

関東地方や関西地方では、体長が80センチメートル以上、または体重が8キログラム以上の場合にブリと呼ばれることが一般的です。

また、養殖されたブリの場合、ハマチという名前で呼ばれることもあります。

ブリの広範囲な生息地

ブリは東シナ海の南部から北はカムチャッカ半島、東はハワイに至る北西太平洋に広く分布しています。

日本近海では、日本海南部から北海道南部にかけて、九州の太平洋沿岸にも生息し、群れを成して沖合いの水深100メートル付近の中層から低層で遊泳します。

季節によって生息地域を変える回遊魚で、春から夏にかけては沿岸部を北上し、初冬から春には沖合いを南下する傾向があります。

ブリの食物の変化

ブリは成長に伴って食べるものが変化します。

仔稚魚の時期には主に動物性プランクトンを食べ、成長するにつれてイワシやアジなどの小魚類、海面近くを群れで回遊する浮魚類、そして海底付近に生息する底魚類が主な食料となります。

また、稚魚の段階では、時に共食いが行われることもあると言われています。

ブリ以外に出世魚はあるのか?

ブリだけでなく、スズキやボラも出世魚として知られています。

スズキ

スズキ(鱸)は、成長に伴って名前が変わります。

最初の段階では「セイゴ」と呼ばれ、その後「フッコ」に名前が変わり、最終的に成熟したステージで「スズキ」と呼ばれるようになります。

ボラ

ボラ(鯔)も、成長の過程で複数の段階を経ます。

最初は「オボコ」と呼ばれ、成長すると「イナッコ」、「イナ」と名前が変わり、最終的に「ボラ」になります。

さらに成長すると「トド」と呼ばれることもあります。

マグロ

マグロ(鮪)の場合、成長に応じて「ヨコワ」、「メジ」、「ヒッサゲ」、「大メジ」を経て、「クロマグロ」や「クロシビ」と呼ばれるようになります。

ただし、マグロは赤身が変色しやすく脂が多いため、冷蔵や輸送技術の未発達だった時代には下位の魚として見られ、「クロシビ」の名前が「死日」と関連付けられるため、出世魚としての扱いを受けていないようです。

アユ

アユ(鮎)は、成長段階によって「アイナゴ」、「ハイカラ」、「氷魚」といった地方名がつけられます。

特に琵琶湖では「ひうお」として知られ、成長すると「アユ」、産卵期には「サビアユ」と呼ばれます。

サビアユの名前は、産卵期に出現する鉄の錆のような斑点に由来しますが、落ち鮎のイメージから縁起が良いとは言えません。

鮎は一年で生涯を終えることもあり、出世魚としての扱いはされていないようです。

鮭は成長段階ではなく、漁獲される時期や状態に応じてさまざまな名前で呼ばれます。

メジカ(目近)は日本海側の河川で遡上中の鮭を指し、トキシラズ(時知らず)は春から夏に海で捕獲される鮭のことを言います。

また、ケイジ(鮭児)は夏から秋に海岸近くに現れ、翌年に産卵を控える鮭を指します。

その他、アキザケ(秋鮭)、アキアジ(秋味)などもあります。

これらの呼び名は鮭の若魚期には使われず、鮭は出世魚としては分類されていません。

ウナギ

ウナギ(鰻)も成長に伴い名前が変わります。

最初はシラスウナギとして知られ、次にソメ、クロコ、キウナギと呼ばれ、最終的にギンウナギになります。

ギンウナギは産卵のため河川を下るウナギを指しますが、成長して下ることから縁起が良いとは一般的には考えられていません。

ウナギは古来から食用として利用されていましたが、その起源や生態は長らく謎に包まれていました。

伝承によれば「山芋が変化してウナギになる」とも言われ、その出自や生まれる場所、卵を持つ雌ウナギの存在が確認されていなかったため、かつては謎に満ちた魚とされていました。

そのため、不思議な存在のウナギを門出の席で使う習慣はありませんでした。

ブリと他の出世魚に関するよくある質問

ブリの成魚時の呼称について

ブリは成長の終盤で「ブリ」と称されます。地域によってブリの呼ばれ方には違いがあり、次のように変わります。

関東地方では、小さい頃は「ワカシ」と呼ばれ、その後「イナダ」、「ワラサ」を経て最終的に「ブリ」となります。

関西地方では、「ツバス」から始まり、「ハマチ」、「メジロ」と名前が変わり、最終的に「ブリ」と呼ばれます。

カンパチとブリの違いは何ですか?

カンパチとブリは似た外見を持ちますが、実は異なる魚です。

カンパチの特徴は以下の通りです。

体型は平たく、比較的平らな胴体を持っています。

色合いは赤紫色がかっています。

また、カンパチは頭部の筋が漢字の「八」に似ていることが特徴的です。

まとめ

ブリは、成長することで異なる名前を持つ出世魚です。

その出世魚としての評価は、日持ちの良さや味、見た目の品質の高さによるものです。

名前が変わる理由は、市場で幼魚から成魚までが同時に出回るため、さまざまな名前を使用することで混乱を防ぐためです。

ブリだけでなく、スズキやボラも出世魚として知られています。

ブリと呼ばれるのは、体長が80センチメートルを超えるか、または体重が8キログラム以上の個体です。

ブリは日本全国に分布しており、出世魚は成長に伴い名称が変わることから、新しい門出を祝う席で好まれて使われます。

また、カンパチやヒラマサとブリとの関係において、同じブリ属であるカンパチは秋から冬にかけてブリの代わりとして使われることがあります。

ブリに似ているヒラマサは、ブリの旬の期間とカンパチの旬をつなぐ重要な役割を担っています。

ブリはただ名前が変わるだけの魚ではなく、立派に成長し、美味しい味わいを提供することから出世魚としての地位を確立しています。