PR

食卓マナーにおける「肘をつくこと」のタブーについてわかりやすく解説

カフェ、レストランで食事中

日本の食卓マナーで、腕をつくことが良くないとされる理由について、疑問を持つ方は少なくありません。

ほとんどの人が、子どもの頃から「食事中に腕をつくのは行儀が悪い」と教えられてきたことでしょう。

では、なぜ腕をつくことがマナー違反とされているのでしょうか?

この記事では、食事中に腕をつく行為がなぜ適切ではないとされるのか、その理由を明確に解説します。

なぜ食卓で肘をつくとマナー違反なのか

食事中に腕をつくという行動がマナー違反とされる主な理由は、姿勢の悪化にあります。

美しい食事マナーとは、正しい姿勢で食べることが基本です。

腕や肘をテーブルにつけると、猫背になりやすく、姿勢が崩れがちになります。

また、自分では気づきにくいですが、他人が肘をついて食べるのを見た時、だらしないとか不格好に見えることが多いのです。

これは長年のしつけの影響もあるでしょうが、外から見れば、肘掛けは不格好な行為と捉えられやすいのです。

さらに、肘や腕をテーブルに乗せることにより、食事中に食べ物をこぼすリスクも増えます。

姿勢を正すことは、見た目の美しさだけでなく、実際の機能性においても、合理的なマナーと言えます。

食卓での手の正しい置き方

前に触れたように、食事中に腕をつくのは見た目が良くありません。

そこで、手がどのように動くべきか分からない場合は、手首をテーブルに置くのがスマートな方法です。

たとえばフランス料理やイタリア料理を食べる際、手首をテーブルに置いてフォークやナイフを使う様子は洗練されて見えます。

要するに、手持ち無沙汰な時には、肘をつく代わりに手首をテーブルに軽く置いて食べるのが良いでしょう。

食事中の腕組みは避けましょう

日常や仕事中に腕を組む人が多いですが、食事中にこれを行うと、特にレストランではマナー違反と見なされることがあります。

腕を組む行為自体があまり推奨されないのは事実ですが、これが普段の習慣となっていると、レストランでの食事でも無意識に行ってしまうことがあります。

腕を組むことが他人に圧迫感を与えることがあるため、食事中は特に避けるべきです。

日常的にも、この習慣は控えめにすることが推奨されます。

食器を持ちながらの身振り手振りは避けましょう

ナイフやフォークを使い、上品に食事をしている際にも、食器を持ったままでの身振りや手振りはマナーを損ないます。

これまでに上品に食事をしていたとしても、食器を持ちながらジェスチャーをすると、一気に印象が悪くなります。

これは洋食のナイフやフォークに限らず、和食の箸を使う際にも同様です。

和食での「手皿」の問題点

レストランでの食事マナーとして、腕をつくことは違反とされている一方で、和食においても注意が必要な行為があります。

それは「手皿」という行為です。

「手皿」とは、使用していない手を皿のように使い、食べ物を支えることを指します。

見た目は上品に見えるかもしれませんが、実際には和食の場においては不適切な行為とされています。

たとえば、手皿を使っていてソースが手にこぼれた場合、おしぼりやティッシュで拭くことになりますが、おしぼりは本来食事前に手を清潔にするためのものです。

食べ物で汚れた手を拭くことは、本来の目的から外れる上に、店側に迷惑をかけることもあります。

マナーの根底には、他人に不快感を与えないことがあります。

したがって、おしぼりの本来の使用目的を無視する行為は、マナー違反と見なされることがあります。

和食では手皿を使用する人がいることも事実ですが、たとえ上品に見えるとしても、この行為は控えるべきです。

まとめ

食事の際の腕の使い方について、マナーの観点から触れました。

一般的に、食事中に腕をテーブルにつけるのはマナー違反と考えられています。

この行動は、多くの場合、親からのしつけとして教えられます。

そして、それは見た目が悪いだけでなく、実際に食べるのも難しくなる問題があります。

たとえその場で肘をついて食べることが特に禁じられていない状況であっても、多くの人はそのような振る舞いを不快に感じる可能性が高いです。

そのため、食事中はこのような行為を控えることが望ましいでしょう。

細かなマナーを守ることにより、食事の時間がより快適なものになります。