PR

甥っ子と姪っ子の違いについてわかりやすく説明

三世代 生活

自分のきょうだいの子供のことを、おい(男の子の場合)、めい(女の子の場合)と呼びます。

親しみを込めて「甥っ子」「姪っ子」と呼ぶことが多いでしょう。

この記事では、日常でよく耳にする「甥っ子」と「姪っ子」という言葉の違いについて、明瞭に説明します。

甥っ子とは?

甥(おい)とは、あなたの兄弟姉妹が親である男の子、つまり兄弟姉妹の息子を指す言葉です。

「甥っ子(おいっこ)」は、普段、親しみを込めて、自分の兄弟姉妹の息子を指すときに使われます。

甥っ子を自分の兄弟姉妹の孫、つまり甥の子供と誤解する人もいるようですが、これは誤りです。

甥は法律上、3親等の親族に分類され、血縁がない場合を除いて、結婚することは認められていません。

配偶者の兄弟姉妹に子供が生まれた場合、その子供は「義理の甥」や「義甥(ぎせい)」と呼ばれます。

この場合でも、親しみを込めて「甥っ子」と呼ぶことがあります。

例えばあなたが男性なら、この甥から見た「おじさん」になりますし、女性なら「おばさん」に当たります。

この場合の「おじさん」「おばさん」は「伯父」「叔父」、「伯母」「叔母」といった漢字で表記されることがあります。

漢字表記のしかたは、自分の親の兄弟が、親より年上か年下かによって異なります。

親の兄には「伯父」という表記が使われ、弟には「叔父」という表記が用いられます。

「伯母」「叔母」も同様です。

一方で、「甥」については、どのような場合でも同じ漢字で表されます。

「姪っ子」とは何か

「姪っ子(めいっこ)」は、自分の兄弟姉妹の娘、言い換えれば、姉や兄の娘を指す愛情あふれる言葉です。

これは「姪(めい)」という単語をもっと身近で親しみやすい形で表現したものです。

姪っ子は、甥っ子と性別が異なる以外、基本的には同じような関係性を指します。

姪から見た「おじさん」「おばさん」についても、甥から見た「伯父」「叔父」、「伯母」「叔母」と同じです。

甥っ子と姪っ子の違いについて

甥っ子は、自分の兄弟姉妹の息子、つまり男の子を指します。

一方で、姪っ子は兄弟姉妹の娘、すなわち女の子を指す言葉です。

つまり、兄弟姉妹に子供がいる場合、その子供が男の子であれば甥っ子、女の子であれば姪っ子と呼ばれます。

この違いは主に子供の性別に基づいていると言えます。

まとめ

「甥」とは、あなたの兄弟姉妹が親である男の子、すなわち兄弟姉妹の息子を指す用語です。

より親しみやすい言葉として「甥」を指す際には「甥っ子」という表現がよく使われます。

反対に「姪っ子」という言葉は、あなたの兄弟姉妹の娘(姪)に対して、親しみを込めて使われる言葉です。

これらの言葉の主な違いは、あなたの兄弟姉妹の子供が、男の子か女の子かによって「甥っ子」と「姪っ子」と呼ばれる点にあります。

さらに、あなたの配偶者の兄弟姉妹の子供に関しては「義理の甥」「義理の姪」という言葉が使われることがあり、これらの場合でも「甥っ子」「姪っ子」と呼ぶことがあります。

法律上、甥っ子や姪っ子は3親等の親族に分類されるため、結婚は許されていません。

また、甥っ子や姪っ子から見れば、あなたはおじやおばにあたります。

この場合の漢字表記は、親の兄は「伯父」、弟は「叔父」と呼ばれ、おばの場合は「伯母」「叔母」となります。

「甥」や「姪」は、おじ・おばと違って漢字表記はひとつです。