PR

AirPodsケースをなくした時の解決策

AirPods(ワイヤレスイヤホン) 生活

AirPodsのケースをなくしてしまった時、どのように対応すればいいのでしょうか?

ケースの再購入は避けられないのでしょうか?

iOSデバイス用のワイヤレスイヤホンとして人気の「AirPods」は、2022年9月にその最新モデル(第三世代)を発表しました。

このモデルには「空間オーディオ」や「感圧センサー」などの新しい機能が加わり、注目を集めています。

これまで高級モデルに限られていた空間オーディオの搭載は、多くの人にとって意外なニュースでした。

AirPodsは非常に便利ですが、紛失しやすいというのが唯一のデメリットです。

ワイヤレスの特性上、ケースやイヤホンをなくすことは避けられない現実です。

ケースも小さく、気づかないうちにどこかに置き忘れてしまうことも珍しくありません。

この記事では、AirPodsのケースを紛失した際にどのような手順で対応すればよいかを紹介します。

失くした時のためのステップバイステップのガイドを提供するので、ぜひ参考にしてください。

また、AirPodsを紛失しないための便利なアクセサリーAirTagについても紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

AirPodsケースの紛失に困っている方には特におすすめです。

AirPodsケース紛失時の第一対応は探すアプリでの検索

もしAirPodsのケースを無くしてしまったら、まずはiPhoneの「探す」アプリを利用しましょう。

このアプリを使えば、Apple IDでログインしたiPhoneとペアリングしているAirPodsの位置を、追加設定なしで確認できます。

このアプリでは、ケースや各イヤホンを別々に探すことができます。

アプリを開けば、使用していたAirPodsがリストに表示されるはずです。

ただし、この位置情報は「最後に接続された場所」を示しているだけで、必ずしも現在地とは限りません。

まずは、アプリ上で表示された最後の接続場所に向かいましょう。

到着したら、アプリからケースに音を鳴らしてみてください。

AirPodsを選んで「サウンドを再生」をタップすると、接続が確立され次第、音が鳴ります。

ただし、すぐに音が鳴らない場合もあるので、少しの間待つことが重要です。

もし音が鳴らなければ、AirPodsがその場所にないか、もしくはバッテリーが尽きている可能性があります。

AirPodsは、Bluetoothの通信範囲内にある必要があるので、場所を移動してみたり、障害物を避けたりしながら探してみてください。

これらは自分で試せる基本的な探索方法ですが、それでも見つからない場合は、他の人に拾われている可能性もあります。

AirPodsのケースを見つけられなかった時は新規ケースを購入

もしAirPodsのケースを見つけられなかった場合、新しいケースを購入することが必要になります

ケースはAppleストア以外でも手に入れることができますが、複数のモデルが存在するため、正規の販売店での購入が推奨されます。

Appleストアで購入を考えるなら、まずはAppleのサポートに問い合わせて指示を受けるのが良いでしょう。

購入した後は、店舗で直接受け取るか、郵送での受け取りを選べます。

Appleストアならば、製品の動作確認や最新のファームウェアへのアップデートなど、サポートが充実しています。

受け取り方法にかかわらず、価格は同じです。

また、Appleの有償保証サービス「Apple Care+」に加入している場合、保証期間内であれば通常価格の約1/3、約3,700円で新しいケースを購入でき、大きな節約が見込めます。

この2つが、AirPodsケースを紛失した際の基本的な対応策です。

取り得る手段は限られていますが、高価なアイテムを扱っているため、諦めずに対処することが大切です。

続いて、AirPodsの紛失防止に役立つアクセサリーについてもお伝えします。

AirPodsの紛失を防ぐための便利ガジェット

AirPodsのような高価なアイテムを紛失すると、大きなストレスを感じますよね。

Apple Care+に入っていても、紛失時の全額補償は受けられませんので、自分で予防措置を取ることが肝心です。

そこで、私が実際に使っているAirPodsの紛失を防ぐアクセサリーを紹介します。

便利なAirTagの活用法

紛失を防ぐのに効果的なのが「AirTag」の使用です。

紛失防止タグとも呼ばれています。

AirTagを取り付ければ、AirPodsのバッテリーが切れていても、近くにiPhoneがある限り、その場所を追跡することができます。

また、探すアプリを使えば、より精密な位置情報を確認することが可能です。

私自身もAirPodsだけでなく、財布やiPhone、バッグなどの大切なアイテムに、AirTagを取り付けています。

これにより、忘れ物や紛失のリスクを効果的に減らすことができます。

次に、AirTagを取り付けるための専用ケースについてです。

AirTag対応ケースはオンラインで簡単に手に入り、価格も通常のケースとそれほど変わりません。

ただし、AirPodsのモデルによってケースの形状が異なるので、購入の際は注意が必要です。

シリコン製の白いケースなら、AirPodsの見た目を損なわずにAirTagを取り付けることができます。

ケースにはさまざまな色やデザインがあるので、AirTagと合わせて自分好みのものを選んでみるのもおすすめです。

まとめ

AirPodsのケースをなくしてしまった時の具体的な対処法についてご紹介しました。

まずiPhoneの「探す」アプリを使って探してみましょう。

探しても見つからない場合は、新しくケースを買うことを検討してください。

AirPods紛失しないための対策としては、AirTagがおすすめです。