PR

コンビニで見つけよう!140円切手の販売状況と便利な組み合わせ方法

A4書類と封筒 生活

履歴書を郵送する際に必要な140円の切手、日曜日など郵便局が閉まっている時にどこで手に入れるか悩むこともあるでしょう。

実は、コンビニでも切手を購入できるのですが、140円切手を取り扱っているとは限らないのが現状です。

就職活動では、履歴書をオンラインで提出したり、面接に直接持参するケースが多いですね。

履歴書を送る際には、折り曲げずに入れることができる角形2号の封筒が最適です。

この封筒には140円の切手が必要になります。

転職者の場合は、履歴書に加えて職務経歴書やハローワークからの紹介状も入れることがあります。

もしコンビニで140円切手が見つからなかった場合の組み合わせ方法と、切手の貼り方について、わかりやすく説明していきます。

コンビニでの140円切手探し

コンビニで切手を買う際、「〇円切手を□枚ください」とレジで希望の金額と枚数を伝えるのが一般的です。

商品棚を見てしまうこともあるでしょうが、切手は実際にはレジで直接渡されます。

多くの人が切手は郵便局でしか買えないと考えていますが、実はコンビニでも気軽に手に入れることができます。

コンビニの便利な点は、いつでも切手を購入できることです。

切手には様々な種類があり、普通切手だけでも20種類以上が存在します。

それに加えて、記念切手やキャラクターとのコラボ切手など、その種類は非常に多岐にわたります。

ただし、コンビニで扱っているのは普通切手のみで、特に140円切手の取り扱いは店舗によって異なります。

私は近所のコンビニチェーン3社をそれぞれ3店舗ずつ、合計9店舗訪れて140円切手の有無を確認しました。

予想に反して、140円切手を扱っている店舗は少なかったのですが、63円、84円、94円の切手はどこでも購入可能でした。

ファミリーマート

ファミリーマートの3店舗を訪れたところ、最初の2店舗では140円切手を見つけることができませんでした。

そのため、ファミリーマートでは入手が難しいと思い始めていましたが、駅前の店舗で140円切手を含む1円、10円、200円切手など10種類程度を扱っていることが分かりました。

通勤や通学の帰りに手軽に購入できるのは、とても便利ですよね。

セブンイレブン

セブンイレブンの3店舗を訪れて140円切手の取り扱いを確認しましたが、どの店舗でも購入することはできませんでした。

ある店舗では「在庫切れ」という回答を受けたため、入荷するタイミングによっては手に入る可能性がありそうです。

ですが、必要な時にすぐに手に入らないという点から、さらなる調査は行わないことにしました。

ローソン

ローソンでは、店内に設置されている郵便ポストを利用して、購入した切手をその場で使うことができる便利さがあります。

調べた3店舗中、2店舗で140円切手が取り扱われていました。

この結果から、ローソンに行けば140円切手を見つける確率が高いと思われます。

ただし、これは私の地域での調査結果で、他の地域では異なる可能性があります。

履歴書の郵送についての考え方

通常、履歴書の郵送には角形2号の封筒と140円切手が使われます。

一方で、「履歴書を購入すると同封されている小さな封筒を使えば、郵送コストを抑えられるのでは?」と思う人もいるでしょう。

確かに、履歴書に付いてくる細長い封筒を使えば、定型郵便の料金で25gまでなら84円、50gまでなら94円で送ることが可能です。

しかし、ここで注意が必要です。三つ折りにした履歴書を細長い封筒から取り出すのは困難で、人事担当者にとっては扱いづらいものです。

大切な履歴書を送る際に、数十円を節約することはお勧めできません。

また、封筒や紙の重さによって切手の金額が不足すると、郵便が差し戻されるか、受取人に追加料金が請求されるリスクもあります。

140円分の切手を組み合わせて作る!コンビニでの賢い5つの方法

コンビニを訪れて気づいたのは、140円切手を取り扱っている店が意外に少ないということです。

もし近くのコンビニで140円切手が見つからない場合、異なる額面の切手を組み合わせて140円を作る方法があります。

店員さんに組み合わせを聞いてみると、親切に教えてくれることでしょう。

以下に、140円になる切手の組み合わせの便利な5つの方法をご紹介します。

  • 120円切手 1枚+10円切手 2枚
  • 100円切手 1枚+10円切手 4枚
  • 63円切手 2枚+10円切手 1枚+2円切手 2枚
  • 84円切手 1枚+63円切手 1枚
  • 94円切手 1枚+50円切手 1枚

120円切手 1枚+10円切手 2枚の組み合わせについて

セブンイレブンやローソンなどでは、120円切手 1枚と10円切手 2枚の組み合わせが一般的です。

通常の普通郵便は84円や94円が基本料金ですが、94円切手がない場合には84円切手と10円切手を組み合わせて使えます。

そのため、10円切手を在庫している店舗が多く、120円切手があればこの組み合わせが利用できます。

100円切手 1枚+10円切手 4枚の組み合わせについて

コンビニを巡る中で、100円以下の切手を取り扱っている店舗が多いことが判明しました。

120円切手がない場合でも、100円切手があれば対応可能です。

この組み合わせでは切手の枚数が多くなりますが、見た目の印象も悪くなく「100円切手 1枚+10円切手 4枚」は便利な選択肢となります。

84円切手と63円切手の組み合わせについて

一部のコンビニでは、切手の種類が限られており、そのため、料金がわずかに超過する組み合わせを提案されることがあります。

たとえば、ファミリーマートでは84円切手と63円切手を組み合わせる方法が提案されています。

切手の料金超過に関する質問

インターネット上で、切手の料金に関する疑問を持つ人が多くいます。

特に「切手を多く貼っても問題ないのか?」という質問が目立ちます。

郵便局の回答によると、切手を多く貼ること自体は問題ないこと、また、料金が超過していることを示すために「料金過納承認済」と赤字で書くとよいとのことでした。

私は、適切な額の切手がない時に、手元にある切手を組み合わせて少し多めにして送ることが今まで何度か、ありましたが「料金過納承認済」と書いたことはなかったです(知りませんでした)。

希望する金額の切手がない場合、複数の切手を組み合わせるのが一つの解決策です。

例えば、10円切手を14枚貼れば140円になりますが、これは受け取る側に子供っぽい印象を与えてしまう可能性があります。

また、必要以上の金額の切手を使用すると、雑だったり、適当だったりするという印象を与える可能性もあるようです。

採用担当者に「この人を信頼しても大丈夫かな?」と不安を抱かせないよう、できるだけ140円に近い金額で工夫するとよいでしょう。

コンビニで買った切手の正しい貼り方について

コンビニで切手を手に入れたら、次はその正しい貼り方に注意を向けましょう。

切手の貼り方は、相手に与える印象に影響を及ぼす可能性があります。

一般的に、切手は封筒を縦に持った際に左上に配置します。

これは郵便の処理機械が効率よく読み取るための重要なルールです。

郵便局のウェブサイトにも、「郵便物の表面の左上部(横長の場合は右上部)に切手を貼るように」との指示があります。

切手は「縦7.0cm×横3.5cm」の範囲内に収めるのが理想的です。

普通切手のサイズは、全て縦2.6cm×横2.1cmで統一されています。

コンビニで3枚以上の切手を購入した場合は、これらの範囲内に収まるように貼ることが肝心です。

インターネット上には切手の余白を切り取っても良いという情報もありますが、これによって切手が使用不可になるリスクもあるため、おすすめできません。

3枚の切手を使う場合は、横向きに貼ることで枠内にきちんと収めることができます。

縦長の角形2号封筒を使う場合は、宛名は縦書きが基本です。

また、封筒の裏面には必ず自分の住所と名前を記載しましょう。

横書きは書きやすいですが、親しい人宛や海外への郵送以外では避けるのが良いでしょう。

封筒の書き方や字の上手さが直接採用に結びつくわけではありませんが、封筒はあなたに対する第一印象を築く要素です。

履歴書と同じくらい丁寧に扱うこと、そしてマナーやルールを理解していることを示すチャンスになります。

まとめ

履歴書を郵送する時、通常は角形2号の封筒を使い、140円の切手を貼って投函します。

もし急に140円切手が必要になった場合、多くのコンビニで購入可能です。

ただし、切手の種類は店舗によって異なります。

63円、84円、94円の切手は、一般的にどのコンビニでも手に入りますが、140円切手は特にローソンで見つけやすい傾向にあります。

もし近くのコンビニに140円切手がない場合は、異なる額面の切手を組み合わせて140円を作るとよいでしょう。

一例として、120円切手1枚と10円切手2枚を組み合わせる方法がありますよ。

切手を貼る際にもマナーが存在します。

封筒を縦に持った場合、左上に切手を配置するのが一般的です。

最適な貼り方は、切手が縦7.0cm×横3.5cmの範囲内に収まるようにすることです。

また、予め使用する切手が分かっている場合、郵便局で購入しておくと安心です。

郵便局が閉まっている時でも、コンビニで切手を購入できるということを覚えておくと便利です。